Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月14日

大学生の夏休みの期間・おすすめのバイトと過ごし方|旅行/留学

大学生の夏休みは、自分の経験になることをするといいです。バイトでも旅行でも何でもいいです。ポイントは夏休みに入る前に計画を立てることです。大学生の夏休みは長いですが、何もしないとあっという間に終わってしまいます。大学生らしい有意義な夏休みを過ごしましょう。

大学生の夏休みの期間はどのくらい

大学生になって楽しみなのが夏休みです。大学生の夏休みは長いと言われますが、一体どのくらい夏休みがあるのでしょう。これは、大学や学部学科によって違いが出てきます。また、同じ学部学科でも、個人によってかなり変わります。夏休みに、サークル活動や集中講義を履修する大学生もいるからです。

夏休みでもいつもと変わらず大学に行く大学生もいます。卒業研究が始まって研究に追われる大学生もいます。大学生が思いっきり夏休みを楽しむなら、一年次二年次までにしておいたほうがいいです。三年次になると就活や進学を意識し出すからです。

大学生の夏休みはいつからいつまで

一般的な大学の夏休みは、8月上旬から9月中旬くらいまでか8月中旬から9月下旬までが夏休みになると考えて大丈夫です。夏休みが始まるのは、春学期の期末テストが終わったっら夏休みになるのが一般的です。つまり、自分が履修している講義のカリキュラムによります。ですので、履修の仕方によっては一週間くらい夏休みが短くなることもあります。

大学の講義は基本15回で組まれることが多いのですが、15回目の講義に期末テストを行う講義もあれば、15回目の講義が終わって別途期末テストを行う講義もあります。また、テストに合格できなかった学生に補講・追試・再試を行うこともあります。

大学生は夏休みでも大学は稼働している

大学生の夏休みの期間・おすすめのバイトと過ごし方|旅行/留学

当然と言っては当然なのですが、大学生が夏休みに入っても大学はいつも通り稼働しています。大学の事務も開いてますし、大学の教員(教授など)も普段通り大学に来てます。大学自体が夏休みになるのはお盆くらいです。その年のカレンダーにもよりますが、大学が夏休みになる期間は5日間前後です。

この5日間も、大学の事務が閉まるだけで大学は稼働しています。研究室には基本お休みはありません。お盆に研究するのも自由です。

大学院生になれば、夏休みはあまり関係ないです。講義がなくなった分、夏休みは研究漬けになる院生も多いです。

しっかりテスト勉強しないと夏休みは短くなる

大学生の夏休みは、基本的に期末テストが終わってからです。期末テストの結果が悪ければ単位を落とすことがあります。講義によっては期末テストの点数が芳しくない場合、補講や追試・再試を行います。つまり、みんなが夏休みに入ったあと大学に行くことになります。行かなければ単位を諦めるしかないので、補講や追試・再試などになってしまった大学生は大学に行きます。

補講や追試・再試がいつ行われるかは、教員次第なので大学生はそれに合わせないといけません。補講や追試・再試を受けても単位をもらえるかはわからないので、夏休みを満喫したければ期末テスト前にしっかりとテスト勉強しましょう。

大学生は夏休みをずっとお休みできるのか

大学生は、夏休みに入るとずっとお休みできるのでしょうか。これは本人次第です。活発なサークルに所属していれば、夏休みは合宿やサークル活動で忙しいです。また、大学生の夏休み期間中にも講義はあります。よく集中講義などと言われます。通常の講義期間では開講できない場合(空きコマがないとか教員の都合など)や教職関連の講義が多いです。

教育学部でない大学生が教職を目指す場合、夏休みに教職の単位を取得することが多いです。通常半期で取得する単位を夏休み期間中だけで取得するので結構忙しいです。普通の大学生であれば夏休みに講義を履修することはないでしょう。

三年次以降は夏休みに大学へ行く機会が増える

一年次二年次ではあまり関係ないですが、三年次になると就活を意識し出すので大学へ行く機会は増えてきます。大学によっては、夏休みに就活セミナーなどを開講するところもあるので、就活をする大学生は参加することになります。また、インターンシップを考えるのも三年次になってからが多いです。

三年次になっても夏休みを有意義に過ごすことは可能ですが、何も考えずに旅行へ行ったりバイトしたりしたければ、三年次になる前に行ったほうが余裕が出ます。

大学生の夏休みにおすすめのバイトは

夏休みに大学に行く学生もいますが、ほとんどの大学生は夏休みに大学に行くことはないです。夏休み期間の長さは、大学によって多少の違いはありますが約1ヶ月半あります。なかなかバイトをする時間がなかった学生やがっつり稼ぎたい学生は、この夏休み期間中バイトしてお金を貯めます。

旅館や海の家など、泊まり込みでバイトできるのも夏休みならではです。大学が始まれば泊まり込みのバイトはできないので、興味がある大学生はチャレンジしてみるといいです。そこでしか得られない貴重な経験ができます。

大学生が夏休みにするバイトはなに

夏休みのバイトで一番多いのは、普段と変わらないバイトです。多くの大学生は、大学に通いながらバイトもしています。大学の場合、休講補講などが結構多いのでシフト制のバイトをしている大学生が多いです。夏休みに入ったら、同じバイトを夏休みシフトにしてもらってバイトします。時間や勤務日数を増やしてもらいます。

大学生がよくしているバイトは、飲食店・コンビニ・物流センターなどがメジャーです。夏休みとはほとんど関係ないです。大学がある時期は週に3日バイトしてるのを、夏休み期間は週に5日にしてもらって一日8時間とかバイトします。バイト先も大学生の夏休み期間などを当てにしていたりするので、簡単にシフトを増やしてもらうことができます。

大学生も普段のバイトの延長で仕事ができるので効率はいいです。夏休みに新しいバイトを探すと、探している時間や面接などで一週間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

大学生の夏休みの過ごし方

大学生の夏休みの過ごし方は自由です。一日中寝ていてもいいし遊んでいてもいいです。大学生は、学年によって夏休みの過ごし方も変わってきます。三年次の夏休みからは就活も意識し出すので「やりたいこと」「挑戦したいこと」があるなら二年次の夏休みまでにしておいたほうがいいです。

大学生になれば勉強は自己責任です。夏休みでも毎日コツコツ勉強するのもいいし、秋学期が始まる二週間くらい前から予習復習してもいいです。まったく勉強しないのは、あとで単位が足りなくなったりして後悔します。勉強も忘れずしましょう。

一年次二年次の夏休みの過ごし方

上にも書きましたが、大学生なので勉強は自己責任です。でも、勉強ばかりしていては面白くありません。どうせだったら楽しい夏休みにしたいです。一年次二年次は、就活や研究で忙しいということはないので「やりたいこと」「挑戦したいこと」をしてみるといいです。

社会に出ると1ヶ月以上休めるということはまずないので、長期の旅行やセミナー・イベント参加などをしてみるといいです。一年次の夏休みはバイトしてお金を貯めて、二年次の夏休みに長期の旅行をするなど二年間で計画を立ててみるのもいいです。

普段できない体験などもいいです。農業・林業を体験するとかボランティアに参加するなどをしていると、社会に出たあと話すネタに困らないです。

三年次四年次の夏休みの過ごし方

三年次になると就活や大学院への進学を意識するようになります。二年次までは自分のやりたいことをしてていいのですが、三年次になると卒業後のことも考えるようになります。四年次になれば卒業研究もあります。何かと忙しくなる三年次ですが、計画的に予定を組めば夏休みを有意義に過ごせます。

バイトもできるし旅行にも行けます。余裕をもって夏休みを過ごすには、ちゃんと卒業できるだけの単位を取得できている状態にしておくことです。まだ半分しか単位を取得できてないとかだと焦ります。

大学生の夏休みは遊んでいても大丈夫なのか

大学生の夏休みは、遊んだほうがいいです。できれば、普段の生活ではできないことをやったほうがいいです。遊びと言うとイメージが悪いですが、経験ができるような遊びがいいです。例えば、海外を旅するなどはとてもいい経験になります。また、短期留学でホームステイするなどもいいです。

このような経験は、社会に出てからだと難しいので大学生の夏休みを使って、自分の五感で体験することは自分の財産になります。短期留学は自分の大学に聞いてみるといいです。ただ、費用は高い場合が多いです。多少の語学力があれば、個人で海外に行ってみるのもいい経験になります。

大学生の夏休みは忙しいほうがいい

大学によって多少の違いはありますが、大学生の夏休みは約1か月半あります。社会人からみればとても長い夏休みですが、何もしないでいるとあっという間に終わります。夏休みに入ってから「何しよう」と考えていると夏休みがもったいないです。夏休みに入る前にある程度計画を立てておいたほうがいいです。

夏休みに入る直前は一般的に期末テストがあるので、中間テストが終わったあたりから夏休みの計画を立てるといいでしょう。細かいところは決めなくても、週5でバイトするとかキャンプや旅行に行くとか考えておくといいです。やりたいことの数は「一回の夏休みじゃ消化できないよ」くらいがいいです。

大学生の夏休みにおすすめの旅行は

大学生は、旅行に行っておいて損はないです。旅行は自分の知らないことを知るいい機会になりますし、新しい価値観を得ることもできます。

どこへ旅行に行くかは、お財布と相談しないといけませんが、ツアーよりも個人旅行をおススメします。すべて自分で考えて計画を立てることに意味があります。失敗することも大学生としての経験になります。

大学生で海外旅行に行く場合は、個人旅行がいいです。それも、あまり日本人がいないところがいいです。別にマイナーな観光地に行かなくても大丈夫です。

メジャーな観光地でも、日本人が集まっているところには行かないということです。自分の英語力と行動力で乗り切ります。

語学が堪能な大学生は問題ないですが、ほとんどの大学生は英語でいい点数を取っていても現地では四苦八苦するはずです。自分の語学力を知ることと同時に、他国の文化に触れることは自分の財産になります。

大学生の夏休みのバイト代の平均金額は

大学生が夏休みにバイトでいくら稼ぐかは、本人次第というところがあります。一般的には10万円から15万円くらいになります。時給1000円で一日6時間で20日働くと12万円です。もちろん、もっと少ない大学生もいれば多い大学生もいます。

この辺りは、夏休みのどこまでをバイトに費やすかです。来年海外旅行に行くために、今年の夏休みはバイトしてお金貯めると決めたらたくさん働けばいいし、夏休みの半分はバイトで残りはレジャーに使うでもいいでしょう。自分で計画を立ててみるのが大事です。

夏休みに稼いだバイト代は自己投資に

大学生の夏休みの期間・おすすめのバイトと過ごし方|旅行/留学

バイト代を何に使うかは個人の自由です。でも、大学生は自分磨きの絶好の時期です。一生懸命働いたバイト代を娯楽だけに使ってもいいのですが、少しは自己投資に使うことをおススメします。語学学習に使うとか美術館や博物館に行く費用に使うとかです。

自己投資は、知識を得る目的のためでなくてもいいでしょう。スポーツ観戦でもいいし、実際に体験するものでもいいです。例えば、泳ぐのが苦手だったら水泳教室に通ってみるとかスキューバダイビングのライセンスと取得するなどです。

大学生の時期に体験できることはとても貴重です。社会に出るとなかなか時間が作れません。バイト代のいくらかは、自分の経験になるものに使うと社会に出たあと役に立ったりします。

大学生の夏休みにおすすめの留学先はどこ

大学生が夏休みを使って短期留学する場合、まず自分の通っている大学の留学先や留学方法を調べることです。一般的な大学であれば、留学を扱っている部署(国際交流センターや留学センターなど)が必ずあります。大学は普通、海外の大学と協定大学として締結しています。留学したい場合、留学を扱っている部署に聞いてみるのが手っ取り早いです。

ただ、大学が窓口となる留学とは通常長期留学になることが多いです。では、短期留学は行っていないかというとそうではないです。多くの大学で、大学生向けに夏休み(春休み)を使った語学研修(文化交流など)というものを行っています。どのようなコースがあるかは大学によっても変わりますし、研修先によっても変わってきます(寮であったりホームステイであったりなど)。

研修という位置づけですが、やることは短期の語学留学と大して変わりません。

大学の短期留学(語学研修)の費用はいくらかかるか

夏休みに短期留学を考えている大学生は、一度留学を扱っている部署に相談に行くといいです。語学研修にかかる費用は、研究先や滞在期間によってかなり変わります。欧米の大学(またはそれに準じる語学学校など)で、21日間から28日間くらい語学研修に行くと安くても50万円以上(高いところは100万円くらい)はみとかないといけません。

研修先もアジアの大学なら安くはなりますが、英語でない場合もあるので注意です。大学で扱っている語学研修だから安いのではないかということはありません。

多少語学力があるならば、個人で海外に行ってみるのもいいです。海外行って「何言ってるか分からない」で終わってしまっても、今後の英語の勉強の仕方が変わりまし、実際に一人(友達がいてもいい)で行ったということが自信につながります。

ワーキングホリデーするにはそれなりの語学力も必要

留学は決して安くはないです。そこで、ワーキングホリデーなら現地で働けるし、短期留学できるのではないかと考える大学生は多いのではないでしょうか。確かに理屈の上では、働いた分のお金が入ってくるので、そのお金を短期留学の費用に充てることは可能です。

しかし、現地働くにはそれなりの語学力が必要です。もし、働けるだけの語学力があるのならば、短期留学が自分に必要なのかどうか一度考えてみるといいです。

短期留学やワーキングホリデーでなく、個人で海外に行ってもいいです。現地についてから泊まるとこや飲食店などで悪戦苦闘しても、なんとか通じるのであればあとは経験だけです。不安を感じるなら、大学で英語の教員捕まえて語学力をみてもらうといいでしょう。教員に聞くのは大学生の特権です。

大学生の夏休みにやっておいたほうがいいこと

大学生の夏休みの期間・おすすめのバイトと過ごし方|旅行/留学

大学生が夏休みに何をするかは本人の自由です。遊んでもいいし勉強してもいいです。でも、大学生の夏休みは貴重な経験をするチャンスでもあります。社会に出てからだとやりにくいことは大学生のうちにやっておいたほうがいいです。社会に出たあと、大学生の夏休みは「あんな経験したな」「こんな事したな」と思えれば、それは自分の財産です。

Latests