Search

検索したいワードを入力してください

アルバイトの社会保険は義務なのか・加入条件・メリット

更新日:2020年08月28日

アルバイトをする時、「社会保険ってどうなるんだろう」と思ったことはないでしょうか。今回は、身近なようで意外と知られていないアルバイトの社会保険について、紹介・解説していきます。これからアルバイトを始めようと考えている人も必見です。

アルバイトの社会保障のメリットとデメリットは

アルバイトが社会保険に入る事のメリットは失業の際や次の仕事を見つける際、また歳をとった時に社会保険のメリットが如実に現れるでしょう。さまざまな事が保障されるので本人にとっては損になる事はないです。

デメリットとしては時給で支払われる給与で毎月の社会保険を支払っていく事です。正社員の人でも社会保険を払っていくのが難しくなっているので、アルバイトの人が時給の給与で社会保険を払っていく事は厳しい状況になっています。

アルバイトで社会保険を払う場合は正社員や契約社員といった雇用形態で働く事を前提に仕事をする場合もあるので、諦めないで仕事をしていればアルバイトよりもよい待遇で働く事ができます。

アルバイトの有給の消化でメリットがどうかを考える

アルバイトでも有給はもらえます。半年に一度有給が発生するのでなるべく有給を消化しないと有給を使う事なく、失くしてしまいます。有給を消化しやすい職場ならばアルバイトの有給はメリットでしょう。

アルバイトでも有給を支給しない企業もあるので、有給が発生した場合はアルバイトならば、責任ある仕事をしていないこともあり、有給をとりやすくメリットになることもあります。

社会保険に入れれば入っておこう!

一日8時間の勤務がなければ加入が難しい社会保険ですが、6時間や4時間勤務でも社会保険に加入できるようになるでしょう。その場合は時給で仕事をしているので社会保険に加入した場合の保険料の支払いは難しくなるので、自然と時給も上げないといけません。

不安定な雇用形態が問題視されていますが、その問題をなくそうとしているのも確かなことなので社会保険そのものよりも雇用形態が安定したものにならなくてはいけません。

アルバイトでも社会保険に加入できるので加入出来ればしておこう!

雇用形態の多様化や価値観の多様化、さまざま家族構成などにより、アルバイトや非正規雇用で働く事を望んで働く人が増えています。そのため社会保険のサービスは重要になってきていて、歳をとった時や失業、生活そのものに密着してくるサービスとなっています。

アルバイトでも一日8時間の勤務を満たしていれば社会保険に加入する事は可能です。事業主が社会保険への加入を勧めている場合は加入しやいでしょう。できるだけ社会保険に加入してその後の生活を安定したものにしておきましょう。

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests