Search

検索したいワードを入力してください

ニートにアルバイト・受かるのか・怖い場合の対処法

更新日:2020年08月28日

ニートを長期間続けていると、外で働くのが億劫になってしまい、次第に恐怖すら感じるようになると言われています。今回はそんな、ニートにアルバイト、そもそもニートはアルバイトに受かるのかどうか、アルバイトが怖い時の対処法などをご紹介します。

初めから上手くできないのは当たり前

「ちゃんと仕事を覚えられるかな」といった不安を持つニートには多いと言われています。誰でもそうですが、始めてやることは上手くできなくて当然です。そこをしっかり頭に入れておきましょう。初めから上手くやろうと焦り過ぎることが多くの失敗を生みます。

ニートには「実力が伴っていない状態で、完璧を求める人」が目立つと、多くの人事担当者は言います。新人が仕事を完璧にこなすとは誰も考えていませんし、求めてもいません。まずは、仕事を覚えようとしている姿勢を見せることが重要です。言われたことはメモを取り、わからないことは聞き、与えられた仕事を一生懸命こなしましょう。

面接は「ニートだから」落ちるわけではない

「どうせ面接に落ちるだろう」と決めつけて動けないニートも多いです。面接を受けなければ落ちることはありませんが、受かることもありませんので、当然、働くことはできません。

面接は、元々働いている従業員とのシフトの兼ね合いなどの先方側の都合によって、落ちることは誰にでもありますので、万が一不合格だった場合でも、「ニートだから落ちた」とは一概に言えませんので、自信喪失せずに縁がなかったと割り切って次に繋げましょう。

ニートのバイトの志望動機

アルバイトだからといって志望動機を書かない人がいますが、必ず書いてください。その方が間違いなく好印象に繋がります。同じような職種の経験や使えそうな資格などを持っているなら、それを押し出しましょう。資格を持ってから全く使っていなかったり、同じような内容のアルバイトをすぐに辞めてしまった場合でも「挑戦したい」と動機に使うことができます。

本来は、受けたいバイト先のことをきちんと調べて理解し、志望動機をひねり出すのがベストですが、どうしても思い浮かばない人は、やる気をアピールしましょう。

ニートが書いてしまいがちな志望動機の一つに「家が近い」というのがありますが、少し言葉を変えて「自宅が近所なので、通勤時間を気にせずに長時間働けると思い、志望しました」のように、少し前向きさ、やる気をプラスするだけでも随分印象が変わります。

ニートのバイトの履歴書の書き方

職歴の空白が気になると感じているニートは多いでしょうし、実際に、職歴に空白が目立つ履歴書は、どうしても好印象とは言えないですが、嘘偽りを書くことはできません。それによって合格したとしても、辻褄をあわせることに苦労したり、バレたらクビを切られても文句は言えません。

アルバイトの面接担当者は、ニートであっても、職場の雰囲気に合っていたり「きちんと働いてくれそう」と感じれば、採用します。正々堂々と本当の職歴を書き「職歴はないけど、頑張ります」と、自分のやる気、前向きな気持ちを伝えましょう。

ニートから前に進むために

不景気の煽りを受けて、日本のニート人口は増加の一途を辿っています。ニートになってしまった理由は人それぞれですが、一度ニートになってしまうと、そこから抜け出すのは容易なことではないと言います。

今はニートだとしても、「アルバイトしたい」「働きたい」という方向に少しでも気持ちが傾いているなら、その思いを実現するために、少しずつでも前に進んでみましょう。途中で立ち止まってもいいので、ゆっくりでも着実に歩みを前に進めることが大切です。進んで行ったその先は、あなたの明るい未来へと繋がっています。

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests