Search

検索したいワードを入力してください

高校生のバイトの辞め方・電話・メールでのいい方|すぐ

更新日:2020年08月28日

バイトの辞め方はご存じでしょうか?バイトは自由な契約ですので、辞めると言えばすぐに辞めることはできますが、辞め方にもさまざまなマナーがあります。相手に迷惑をかけないためにも、上手なバイトの辞め方を知り、円満に辞めることを心がけましょう。

バイトの辞め方は?

生活をするためにはお金が必要ですし、遊んだり物を買ったりする場合でもお金は必要です。お金を得るためには働かなければなりませんが、学生などの場合は就職ではなくバイトで働くことが多いです。バイトであればシフト制で働くことができますし、自身の都合に合わせて働き、給料を得ることができます。

バイトはお金を稼ぐ方法としては手軽なものですが、いつまでも続けられるとは限らず、辞めることを考える場合もあります。バイトは辞めるのは簡単ではありますが、辞め方によっては相手に迷惑がかかる場合もあります。迷惑をかけずに辞めることが大切ですので、バイトの上手な辞め方を知っておきましょう。

高校生

高校生の場合は、バイトの辞め方はそれほどこだわる必要はありません。勉強が理由だったり、進学が理由などであれば辞めても仕方ありませんし、それらの理由さえ伝えておけば、基本的には円満に辞めることができます。

また高校生の場合は学校でバイトが禁止されていることも多いですし、隠れてバイトをしている場合は、辞めると言われても引き止められないことが多いです。バイトであっても、よく働いてくれている場合は、辞めてほしくないと感じ引き止められる場合もありますが、高校生であればその心配もありません。

バイトを辞めることをはっきり伝えることが上手な辞め方のポイントですので、言葉を濁さずストレートに伝えるようにしましょう。

早めに言う

上手なバイトの辞め方としては、早めに言うことも挙げられます。バイトはシフト制で働きますので、早めに辞めることを言っておかなければ、シフトを一から作成しなおさなければならなくなってしまいます。

すでに作成したシフトで辞められてしまうと迷惑もかかりますし、印象も悪くなります。シフトが作成される時期などは店舗によって違いますが、基本的には1ヶ月前くらいには辞めると伝えておくようにしましょう。

早めに伝えることで店舗でもバイトの募集をかけることができますし、迷惑もかかりづらくなります。上手な辞め方としては早めに伝えることは欠かせませんので、バイトを辞めると決めれば、早めに言うようにしましょう。

店長か社員

バイトの辞め方としては、辞める旨を伝える必要がありますが、店長や社員にその旨を伝えなければなりません。他のバイト仲間に辞めると伝え、勝手に辞めてしまうのは当然ですがNGです。社員や店長に伝えておかなければ迷惑もかかりますし、きちんと伝えて辞めることを了承してもらいましょう。

また先にバイト仲間などに辞めると伝え、それが噂で広まってしまうのもよくありません。社員や店長が先に噂で知ってしまうと印象が悪くなりますし、上手な辞め方とは言えません。噂が広まる前に、最初に社員か店長に伝えるようにして、バイトを辞めるまでのスケジュールなどを明確に話し合っておきましょう。

バイトの電話での辞め方は?

正社員として退職する場合は、基本的には直接退職する旨を申し出、退職願などを提出しなければなりませんが、バイトの辞め方としてはそこまで大げさに考える必要はありません。バイトの辞め方としては、直接伝えるだけではなく、電話で連絡をすることも可能です。

電話であっても辞める旨をきちんと伝えることができれば辞めることはできますし、上手に連絡することで円満に話を進めることができます。電話で辞める場合には気をつけなければならないことがありますし、それが守れていなければ上手な辞め方とは言えません。電話で連絡する場合の上手な辞め方を知っておき、電話で上手に連絡していきましょう。

暇な時間

バイトの電話での辞め方としては、電話をする時間帯に注意が必要であり、基本的には暇な時間を狙って電話をするようにしましょう。忙しい時間帯だと電話で話している余裕はありませんし、相手にも迷惑がかかり、印象が悪くなってしまいます。

暇な時間帯であれば電話でもじっくり話を進めることができますし、辞めるまでのスケジュール決めなどもスムーズに行く場合も多いです。また基本的には営業時間内で暇な時間を狙うことが大切ですが、場合によっては閉店間際の時間などに電話をしても構いません。

閉店間際であれば暇なことも多いですし、集中して電話ができる場合もありますので、業務が比較的落ち着いている時間を狙って電話をしていきましょう。

すぐのバイトの辞め方は?

バイトは始めれば長く続けることが大切ですが、実際にやってみれば合わないと感じ、すぐに辞めてしまう場合もあります。バイトは入れ替わりも早いですし、すぐに辞めたとしても問題はありません。

もともと辞めることを前提に募集をかけている場合も多く、すぐに辞めたからといって、迷惑がかかるものでもありません。しかしいくらすぐに辞めても構わないからといって、何のマナーも守れらずに辞めようとするのはよくありません。

すぐ辞める場合は、辞め方にも工夫が必要ですので、正しい辞め方のマナーを知っておき、すぐに辞める場合でも相手に迷惑をかけないようにしましょう。

1ヶ月

すぐにバイトを辞める場合で、1ヶ月で辞める場合は、次のシフトが出るまでに連絡をしておくことが大切です。1ヶ月単位でシフトを出している場合も多いですし、シフトを組んでしまってから辞めると言い出せば迷惑になります。

1ヶ月で辞めること自体はそれほど問題ではありませんが、シフトを組んでいるところに穴を開けてしまうのはよくありません。シフトを組む前であれば、1ヶ月で辞めたとしても、問題はありません。バイトをしてみて合わないなと感じれば、次のシフトが組まれる前に、素早く辞めることを伝えていきましょう。

1日

バイトはすぐに辞めてしまう人も多く、場合によっては1日で辞めてしまう場合もあります。1日で辞める場合は、当日に辞めることを伝えるようにしましょう。辞めるからといってその日の仕事を疎かにするのはよくありませんので、仕事には真剣に取り組むことが大切です。バイトを始めてすぐであれば、一人で作業をすることはできませんし、基本的には誰かがサポートについている場合も多いです。

そのため一人でシフトが組まれていることはほとんどなく、辞めたからといって、迷惑がかかることもありません。辞め方としてはとにかくスピードが大切ですので、当日中には必ず辞めることを伝えておきましょう。

バイトの辞め方の理由は?

初回公開日:2018年01月31日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests