Search

検索したいワードを入力してください

初めての人にバイト・怖い・不安な場合の対処法

更新日:2020年08月28日

初めての人にバイトとはどんなものなのでしょうか。今回は初めてのバイトとしてなバイトを紹介し、初めてバイトする人の不安や怖い思いをどのように対処するのかについてもポイントを踏まえて丁寧に解説していきます。

初めてのバイトは覚えることも多く気がずっと張っているので余裕がありません。そのため一緒に働いている人の考えや気持ちにまで気が回らないことがあります。初めてのバイトで不安感や恐怖感が生まれてしまったときは、一緒に働いている人の立場や気持ちを想像し自分がどう動いたら相手は嬉しく思うかを考えてみましょう。

例えば社員さんだったら、社員さんは新人のあなたをきちんと仕事ができるようにする責任があります。そんな社員さんはきっとあなたの教育に熱心になるでしょう。あなたがミスをしてからでは遅いので、あなたがミスを起こしそうなときに事前に厳しく注意する必要があります。

あなたが「自分はバイトは初めてなのに、そんなに厳しくしなくても」と感じていることでも相手の立場に立ってみるとそれが当たり前に思えてきます。

そうすることで自分の不安感や恐怖感を消すこともできるでしょう。

初めてのバイトの面接のコツ

初めてのバイトの面接。とても緊張するでしょう。ここではそんな緊張を少しでも和らげるために、初めてのバイトの面接でのコツをご紹介します。

できることとできないことをハッキリと

初めてのバイトの面接では、面接官によく思われようとして嘘をいってしまいがち。例えば「どんなジャンルの料理が得意ですか」と聞かれ「なんでも得意です。(本当はパスタしか作ったことないけど)」という嘘は採用されればいつか必ずバレます。

初めてのバイトなのですからできないことがあるのは当たり前。できないことはハッキリとできないと言い、できないけれどこれから一生懸命覚えていきたいと熱意を表しましょう。

例えば先ほどの料理の質問なら「実はパスタしか作ったことがないのですが、こちらのお店のカレーは大好きなので作り方を勉強して料理の幅をこれから広げていきたいです」と素直に答えるのが良いでしょう。

シフトに関してもやる気があると思われたくて実際に入りたい日数より多めの日数を言うのはよくありません。週2なら週2しか働けません、とハッキリ伝えましょう。

清潔な身なりと笑顔

初めてのバイトでもあなたがバイト初日からできることがあります。それは清潔な身なりと笑顔です。

特に接客業では笑顔は必須。面接官はその笑顔のできよりも緊張している初めての面接の中でも笑顔を心がけているか、その意気込みがあるかを見ています。緊張状態で笑顔を作れるというのは自分のマインドを自分でコントロールできている証拠。嫌なお客さんがきてもカッとならずに冷静に対処できる力と同じです。

飲食店でも販売業でも塾講師でも身なりの清潔さは大切です。初めてのバイトで緊張し仕事もままならないあなたが身なりまで不衛生だったら、どうでしょうか。ここでの清潔とはきちんとお風呂に入ったということでなく「相手に清潔な印象を与える」ということ。

髪の色は黒くなくても良いところもありますし、ピアスOKな職場もありますがやはり色やデザインは清潔感を意識した方がベターです。

初めてのバイトに単発バイト

初めてのバイトは1箇所で長期間働くものだけではありません。ここでは初めてのバイトに単発バイトをご紹介します。

皿洗い

ホテルのレストランやイベントを行う飲食店では、単発の洗い場のスタッフを雇うことがあります。そのようなバイトはホールスタッフから運ばれる食器をひたすら洗っていくバイトなので初めての人でも安心してできます。

多くの皿洗いのバイト先では食器洗浄器が設置されています。しかし食器洗浄器で食器を洗っている間に運ばれていた食器の予洗いをしたり洗い終わった食器を拭いたりと効率よく動くことが大切です。それさえできれば洗い場でのバイトは初めての人にもこなせます。

ホールに出ずに調理場の洗い場にこもっているので接客が苦手な人にです。単発なので基本的に1日の勤務ですが、何度か同じ場所にいくこともあります。慣れてくると顔見知りの人ができたり、その飲食店の全体的な流れが分かったりと働きやすくなります。

淡々と作業するのが好きな人には初めての単発バイトです。

ティッシュ配り

ティッシュ配りのバイトは初めての人でも簡単です。1日中立ちっぱなしの仕事ですので学生などの体力のある若者に向いている仕事だと言えるでしょう。

勤務はだいたい8時間です。配布前に配りながら言うキャンペーンのセリフや、その日の目標の確認などがあり、あとは1人または数人で街頭に出てティッシュを配ります。

チラシなどは貰ってもらえない場合も多くありますが、ティッシュは必ずいつか使えるものなので多くの人が受け取ってくれます。初めてバイトをする人にとっては渡しやすいティッシュ配りはです。

募集先によっては午前のみ、午後のみ、夜のみ、といった時間限定の募集もありますので時間を有効活用してお金を稼ぐことも可能です。時給は東京でだいたい1000円ほど。外で行うので暑さ対策・寒さ対策をきちんとしていれば初めての人でもやりやすい仕事です。

初めてのバイトの履歴書の書き方

初めてのバイトの面接に欠かせないのが履歴書です。ここでは初めてのバイトの際の履歴書の書き方について説明します。

黒いペンで丁寧に書く

例えアルバイトの面接でも履歴書は非常に大切です。あなたのことを知らない面接官は、まず履歴書であなたの印象を決めると言っても過言ではありません。

履歴書は黒いペンではっきりと丁寧に書きましょう。修正テープを使うのは厳禁です。字はなるべく綺麗な方が印象は良いですが、丁寧に書くことが大切。担当者の読みづらい癖字はなるべく直した方が良いでしょう。

自分の長所・短所、志望動機の欄はなるべく埋めるようにしてください。「初めてのアルバイトなので一生懸命勉強させていただきたい」「一生懸命御社の役に立てるように頑張りたい」ということをアピールすると良いでしょう。

嘘を書くのもいけません。嘘は必ずいつかバレてしまいます。正直に誠実な気持ちを持って書くようにしましょう。

略すことなく細部までこだわる

履歴書では基本的に略式は使わないようにしましょう。年号も「H30」と書くのではなく「平成30年」ときちんと書きます。「(株)」も略すことなく「株式会社」と書きましょう。略さず正式名称を明記するのは初めてバイトをするあなたと面接官の認識の違いを生まないようにするための工夫です。

また細かいところにも気を配るように心がけましょう。例えば履歴書に貼る写真の裏にはフルネームで名前を書いておきます。これなら万が一写真の糊が剥がれてしまった時でもどの履歴書のものか担当者がすぐに探せます。

趣味の欄でもただ趣味を書くのではなく、面接官にその趣味について聞かれたらどんな話をしようかその小話の内容まで考えておきましょう。趣味に「読書」と書いたならば最近読んだ面白い本や人生に影響を与えた本など自分の経験をまとめておくと良いです。

初めてのバイトに接客業はか

初回公開日:2018年02月16日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests