Search

検索したいワードを入力してください

個人経営のバイトの探し方・単発バイトの探し方|高校生/大学生

更新日:2020年08月28日

バイトの上手な探し方がご存じしょうか?バイトは探し方次第で好条件で働ける場合もありますし、漠然と探すのではなく、探し方を工夫しておくことが大切です。バイトの上手な探し方を知って、自分に合ったバイトで好条件で働きましょう。

個人経営のバイトの探し方は?

生活をしていればお金が必要になりますし、お金を稼ぐためには働かなければなりません。働き方も人によってさまざまであり、正社員としてフルタイムで働く場合もあれば、バイトなどで自分の都合に合わせて働いている人もいます。正社員として働くためには、就活を行わなければならず、事前の準備や仕事の探し方などが重要です。

しかしバイトであっても仕事の探し方は重要であり、探し方を間違えてしまうといい仕事に巡り合えない場合も多いです。バイトの上手な探し方を実現するためには、まずはどの形態の店で働きたいかを決めることが大切です。なのは個人経営の店であり、風通しの良さなどがの秘密です。個人経営のバイトの探し方としては、どのようなものが挙げられるのかを知っておきましょう。

カフェ

個人経営のカフェのバイトの探し方としては、まずは実際に店に訪れてみることが大切です。個人経営の場合は大々的にバイトの募集をしていない場合も多く、店に行ってみなければバイトを募集しているかどうかわからない場合も多いです。店に行けばアルバイト募集などの張り紙が出ている場合もありますし、まずはそれを見つけることが大切です。

店にアルバイト募集の張り紙が出ていないからといって、必ずしもバイトを募集していないわけではありません。張り紙が出していないだけで実際には募集を受け付けている場合もありますので、直接聞いてみるのがです。実際に店に訪れることで店の雰囲気を知ることもできますし、個人経営のカフェのバイトの探し方としては直接店に行ってみるのがです。

居酒屋

個人経営の居酒屋のバイトの探し方としても、まずは実際に店に行ってみることが大切です。店に行くのは雰囲気を掴むためでもありますが、そもそもバイトの募集はあるのかを確認するためであり、個人経営であれば頼み込めばバイトができる場合も多いからです。特に居酒屋の場合は忙しくて人手が足りていない場合も多いですし、働き手を求めているお店は多いです。

個人経営の居酒屋のバイトの探し方としては、バイト募集の張り紙がなくても諦めずに聞いてみることが大切です。張り紙を出すのが面倒などの理由で募集を出していない場合もありますし、実際に聞いてみることでバイトとして働ける場合も多いですので、必ず直接尋ねるようにしましょう。

単発のバイトの探し方は?

バイトの種類は非常にさまざまであり、長期間続けるものもあれば、一回で終わってしまう単発のバイトもあります。長期のバイトであれば毎月スケジュールの調整をしなければなりませんし、ある程度継続して行う必要がありますが、単発の場合は違います。単発のバイトの場合は自分の都合次第でいつでも始めることができますし、スケジュール調整は非常に簡単です。

また一度やってみて自分に合わないと感じればそれっきりにしても構いませんし、気に入ったのであればそのまま継続してできる場合も多いです。単発のバイトはさまざまなメリットがありますのでですが、探し方にはポイントがあります。探し方のポイントを正しく理解して、上手にバイトを見つけていきましょう。

求人情報サイトを利用

単発のバイトの探し方としては、求人情報サイトを閲覧してみるのがです。求人情報サイトにはさまざまな種類がありますし、多くの求人情報を一括で掲載しているサイトも多いです。バイトについての求人も数多く掲載されていますし、連絡先も記載されていますので、気になればその場ですぐに応募することもできます。

また求人情報に条件を付けて絞り込むこともできますし、単発のバイトのみを抽出して検索することもできます。サイトによっては単発のバイトに焦点を絞って紹介しているものもありますし、さまざまなサイトを使い分けるのが上手なバイトの探し方だと言えます。

イベントなど

単発のバイトはイベントの際に募集されていることも多く、イベントの方からバイトを探すという探し方もあります。大規模なイベントになれば多くのスタッフの動員が必要になりますし、大量募集が出されている場合も少なくありません。イベントの情報誌などを参考にすることでもバイトを見つけられる場合も多いですが、どうせイベントのバイトをするのであれば、自分の興味のあるものから選ぶのがです。

自分の興味のあるイベントを検索し、その開催日を確認すればイベントもとに電話をかけてみるのもいいでしょう。求人情報がネットに挙げられている場合などはそこから応募を求められる場合もありますが、上手くいけばその場でバイトへの参加を決めることができます。

長期バイトの探し方は?

単発のバイトはスケジュール管理がしやすいなどのメリットがありますが、長期のバイトであってもさまざまなメリットがあります。長期のバイトであれば安定して収入を得ることができますし、仕事に慣れてくればスキルなどが身に付く場合も多いです。また職場で良好な人間関係を築くことができれば働きやすくなりますし、バイトが楽しくなることも多いです。

単発のバイトの場合は自分ひとりで作業をするものであったり、他人と関わる場合でもそれっきりになってしまうことも多いです。長期のバイトであれば人脈を広げることもできますし、お金をもらう以上のメリットを得ることができます。長期バイトの上手な探し方を知り、自分担ったバイトを探していきましょう。

ハローワーク

長期バイトの探し方としてなのはハローワークに行ってみることです。ハローワークではパソコンを使って求人情報を探すことができますし、フルタイム以外でも求人情報をチェックすることができます。ハローワークにはさまざまな求人情報が出されていますし、中には長期歓迎などの文言が記されている場合もあります。

長期のバイトを雇っているかどうかは店舗によって違いますし、前提として長期バイトを求めている店を探すのが上手な探し方です。ハローワークであれ無料で利用できますし、近くにあれば、利用してみるのがです。

直接店舗に行く

長期バイトの探し方としては、気になる店舗に直接足を運んでみることが大切です。長期で働く場合は職場の雰囲気が人間関係などが重要になりますし、それらを確認するためにも一度は店舗を訪れておく必要があります。事前に下見をしておくことで、自分に合いそうか判断できますし、バイト選びに失敗してしまう可能性も低くなります。

もちろん下見をしなかった場合でも、自分に合ったバイトを見つけられる場合もありますし、長く続けられる場合もあります。しかしそれは一種の賭けであって、確実なものではありません。自分にに合ったバイトの探し方としては、確実性を高めるためにも一度は店に行って下見をしておくようにしましょう。

続ける意思の強さが重要

長期バイトの探し方としては、自分に合っているかどうか、雰囲気は良いか、働く条件は問題ないかなどを確認することが大切ですが、それだけではなくきちんと続ける意思があるかを確認しておくことが大切です。どれだけ自分に合った好条件のバイトを見つけることができても、自分の中で続ける意志がなければ、長期で働くことはできません。

長期のバイトをする際に最も重要になるのは継続力や継続させようとする意志です。上手な探し方でバイトを探したとしても、続ける意志がなければ長期のバイトを継続させることはできませんので、本当に長期で働けるかどうかを自分の中で再確認しておくようにしましょう。

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests