Search

検索したいワードを入力してください

個人経営のバイトの探し方・単発バイトの探し方|高校生/大学生

更新日:2020年08月28日

バイトの上手な探し方がご存じしょうか?バイトは探し方次第で好条件で働ける場合もありますし、漠然と探すのではなく、探し方を工夫しておくことが大切です。バイトの上手な探し方を知って、自分に合ったバイトで好条件で働きましょう。

短期バイトの探し方は?

バイトの種類としては単発のバイトと長期のバイト以外には、短期のバイトというものも挙げられます。短期のバイトの場合は単発のように一日単位で終わるのではなく、長期のように数ヶ月、数年働くというものでもありません。基本的には一週間程度、長い場合でも1ヶ月程度であることが主流です。

短期集中で働きたい人には短期のバイトがであり、しっかりと集中して働けば短期間でまとまったお金を手にすることも可能です。短期のバイトはそれほど多く求人情報が出されていない場合も多いので、探し方が重要になります。上手な探し方を知って、好条件な短期バイトを見つけていきましょう。

情報誌など

短期バイトの探し方としては、情報誌などを参考にしてみるのがです。短期バイトは募集期間も募集人数も限られていますし、早い者勝ちで募集が終わってしまうことも多いです。探し方次第では募集することすらできないという場合もありますので、短期バイトの求人だけを扱った情報誌などを参考にしてみるのがです。

情報誌を参考にすることで仕事の内容なども掴みやすいですし、探し方としては度は高いです。

イベントの時期が

短期バイトはいつの時期でも募集がかけられているわけではなく、短期間で人材が必要になった場合のみ募集がかけられます。そのため常に条件のいいバイトがあるとは限らず、探し方を間違えれば悪い条件で働かなければならない場合もあります。短期バイトな上手な探し方としては、イベントの時期を狙うのがです。

イベントの時期であれば短期的に人材の募集がかけられることも多いですし、好条件で働ける場合も多いです。ハロウィンやクリスマス、バレンタインなどの大型のイベントの際には販売員などの短期バイトの募集が多いので、それらを狙って自分に合ったものを探してみましょう。

年代別バイトの探し方は?

バイトの探し方は年代別にも違っており、それぞれの年代に合わせた探し方をすることが大切です。探し方を間違えれば条件の悪い仕事をしなければならないだけではなく、そもそもバイトが見つからないということもありますので注意が必要です。年代別のバイトの探し方を知り、それぞれの年代に合わせて上手にバイトを探していきましょう。

高校生

高校生の場合はバイトの時間帯に注意が必要です。日中の時間帯は学校がありますので働くことはできませんので、基本的には夕方から夜以降になりますが、高校生では22時以降は働けないなどの制限もあります。そのため居酒屋など営業時間が長い飲食店ではシフトが制限されてしまい、採用に至らないことも多いです。

基本的には22時閉店で探すのがであり、夕方からの時間で募集している店を探しましょう。またバイトに入る時間も重要であり、学校が終わってそのままいける時間であることが大切です。学校は長引く場合もありますので、余裕を持ってシフトを入れるようにしなければなりませんが、できるだけ時間のロスが少なく働ける条件でバイトを探していきましょう。

大学生

大学生のバイトの探し方としては、自身の授業に合わせて探していくことが大切です。午前中に授業が多いのであれば、できるだけ早い時間に終わるバイトを探した方がいいですし、授業が午後に固まっているのであれば、終わるのが多少遅くなっても問題はありません。授業に支障が出ない範囲でシフトを組まなければなりませんが、人によっては午前と午後の授業が日によってバラバラという場合もあります。

この場合になのがコンビニなど24時間で営業している店です。24時間営業であれば午前や午後に入ることもできますし、深夜帯などに働くこともできます。時間の管理が難しいのであれば、融通の利きやすい24時間営業の店を選びましょう。

日雇いのバイトの探し方は?

バイトによっては日雇いでその日に給料が支給されるものもあります。日雇いのバイトはすぐにまとまったお金が必要な場合にですし、すぐにお金を手にすることができるためメリットは大きいです。日雇いのバイトにも探し方にはポイントがありますので、どのように探せば良いのかを知って、自分に合ったバイトを見つけていきましょう。

ネットで登録する

日雇いのバイトに参加するためには、まずはネットで求人情報サイトなどに登録しておくのがです。サイトによっては日雇いのバイトに特化したものもあり、登録しておくことですぐに参加が決められるものもあります。場合によっては当日にエントリーしてそのまま働ける場合もありますので、まずは求人情報サイトなどに登録しておくようにしましょう。

飛び込み参加など

日雇いのバイトの場合は事前にバイトを探しておかなくても、当日その場で参加を決められるものもあります。バイトの集合場所などを知っておけば、その場で飛び込み参加ができる場合もありますし、当日に飛び込みで参加してみるのもです。

飛び込み参加ではどんな仕事をするのか、仕事量はどれくらいなのかがわからない場合も多いですが、毎回新鮮な気持ちで働くことができますし、スリルを味わいたい人などにもです。

バイトの探し方でNGなのは?

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests