Search

検索したいワードを入力してください

バイトに落ちる人の理由・原因とフラグ|顔/高校生/単発

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アルバイトに落ちる原因や理由をご紹介します。今現在あなたがアルバイトに落ちていて悩んでいるなら必見です。アルバイトに落ちる原因はあなたの言動にあるかもしれません。アルバイトの面接に受からないという方は是非参考にしてみてください。

バイトに落ちる人の理由・原因

バイトに落ちる人の理由や原因をご紹介します。もし今まで落ち続けているのなら解決法を見つける参考にしてください。

高校生

バイトに落ちる人の理由・原因とフラグ|顔/高校生/単発
※画像はイメージです

高校生がアルバイトの面接に落ちる原因をご紹介します。

高校生がなぜアルバイトの面接に落ちるかというと理由は3つあります。では、詳しくご説明いたします。

高校生はシフトに組むのが難しい

高校生はアルバイトがメインではなく学問がメインです。

学問がメインだと、フリーターの方とは違いお店側が入ってほしい時に入れないということが多くあり、仕事をしっかりこなして真面目に働いていてもアルバイトに入る日数や時間が短いとお店側としては使い物になりませんので、高校生は採用されず落ちるという理由があります。

また、高校生は学校側がアルバイトを認めておらず、学校にアルバイトをしているとバレたときに、やめられるのが困りますので、最初から採用しないということがあります。高校生は未成年ですので稼働時間が夜の22時までと決められているため、夜でも忙しい飲食店は高校生を採用せず落とすということがあります。

高校生は仕事に対する責任感が弱い

高校生は、仕事に対しての責任に対する意識の弱い方が多くいますので、高校生を採用せずに落とす可能性があります。アルバイトの面接に落ちる原因が無いかをしっかりと確認してから面接に挑むようにしましょう。

アルバイトだと舐めて面接を受けると、落ちる結果となりますので、しっかりとアルバイト先の方に真面目に休むことなく働くという意思を伝えることで、アルバイトの面接を落ちることが無くなります。

アルバイト求人に高校生を募集していない

アルバイトの求人誌や求人サイトに高校生応募となっていない場合は、ほとんどの確率で落ちるます。稀に、そういったアルバイト先でも高校生を採用しているところがあります。

もし、働きたいアルバイト先の求人誌やサイトを確認してからにしましょう。高校生を募集していなくても高校生が働いていたら採用される可能性がありますが、落ちる可能性の方が高いです。

フリーター

バイトに落ちる人の理由・原因とフラグ|顔/高校生/単発
※画像はイメージです

フリーターがアルバイトの面接に落ちる理由をご紹介します。

フリーターがアルバイトの面接でなぜ落ちるかというのは5つ理由があります。ではご説明していきます。

フリーターは採用していない

アルバイト先によりますが、アルバイトの求人雑誌や求人サイトなどには、「フリーター歓迎」という文字があっても、実際は取っていないところも多くあります。では、なぜフリーターを取らないのに求人雑誌や求人サイトに書いているかといいますと2つ理由が挙げられます。

1つ目は記載ミスや消し忘れが原因です。アルバイト側も細かい事を確認している暇がなく間違って記載してしまったり、過去にフリーターを採用していたが、今はフリーターの採用をやめたが、記載情報の修正忘れなどが理由です。

もう一つの理由が、フリーターをあまり採用候補には入れてないが、フリーターでもいい人材が来てくれたら採用しますというのが理由です。

どちらの理由にしても、あなた自身がアルバイト側にかなり良い印象を与えますと、アルバイト側は記載情報関係なく採用する場合が多くありますが、落ちる前提で面接を受けてください。

条件に満たしていない

アルバイトにも条件が色々とあります。例えば「経験3年以上」「資格必須」などというのがアルバイト求人にもあり、良い時給や良い待遇を受けれるアルバイト先には多く条件があります。

その条件に満たしていない場合は、アルバイトの面接官に良い反応をされても落ちることが多くあります。

稀に、面接官に強い意志を伝えることによって採用してもらえる場合がありますが、やはり条件を満たしていないので、求人雑誌や求人サイトに記載されている時給より下がることがあります。意欲や頑張りをアルバイト側に認めてもらうと、求人雑誌や求人サイトに記載されている時給になることもあります。

履歴書に不備がある

アルバイトでも履歴書が必須ですが、就職ではなくアルバイトだからしっかり書かなくてもいいだろうという甘い考えで、履歴書の空欄が多かったり誤字脱字がある場合は落ちる原因です。

アルバイトでもしっかりと履歴書を書き、空欄や誤字脱字無く書くようにしましょう。しっかりと履歴書を書かないとあなたの見た目が良くても、落ちる原因となります。

社会人としてのマナーがなっていない

アルバイトに落ちる理由は、あなた自身が社会人としてのマナーがなっていないという理由があります。アルバイトの面接は電話を掛けたところから始まっています。

電話を掛けたときに、あなたの電話対応で第一印象が決まります。そして、アルバイト側としては電話だけで判断するのがダメなので、面接まで行ってくれます。そこで、電話対応が悪かった場合は面接で挽回するしかありませんが、電話対応が良くても面接時のマナーが悪いと落ちることがあります。

面接時にしてはいけないことは、タメ口、脚組、姿勢の悪さ、声が小さい、暗い雰囲気などです。面接官にはどれも悪印象を与えてしまいます。アルバイトの面接に受かりたいのなら、社会人としてのマナーを身に付けましょう。

Latests