Search

検索したいワードを入力してください

スーパーのレジのバイトの内容・コツ・あるある・志望動機

初回公開日:2018年02月11日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スーパーマーケットのレジ打ちのアルバイトをしようと思っている人たちも多いのではないでしょうか。なんで、そのようなバイトを求めているのでしょうか。レジ打ちのお仕事はみなさんにとって簡単そうに見えてしまうでしょう。実際にはどうなのかご紹介していきます。

スーパーのレジのバイトの内容

スーパーのレジのバイトの内容・コツ・あるある・志望動機
※画像はイメージです

いろいろなアルバイトがありますが、スーパーマーケットのレジ打ちは、かなり身近と感じている人たちも多いでしょう。 スーパーマーケットのレジ打ちなら、若い人たちだけでなく、年配の人たちもしています。

しかし一方では、機械を扱うのが恐いとか、お金を扱うことに抵抗があると感じている人たちもいるでしょう。そのような問題は簡単にクリアすることができるのでしょうか。

レジ打ち

スーパーマーケットのアルバイトでも、いろいろなお仕事のジャンルがありますが、見た目一番忙しそうにしているのがレジ打ちです。みなさんも、清算をしてもらうために並ぶ時間が存在しているから、ついついお姉さんたちがレジ打ちをしている光景をなんとなく追ってしまっているのではないでしょうか。

どの人も、慣れた感じでレジ打ちをしています。混んでいるスーパーマーケットだから、レジ打ちによって行列が停滞してしまうことはあってはならないことです。スーパーマーケットで働く側からすれば、そこに相当な苦悩が存在しているのでしょうか。

スーパーのレジのコツ

スーパーマーケットで、レジ打ちのアルバイトをしようと思えば、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。スーパーマーケットのレジ打ちは、ある意味接客業です。

しかし、お客様といちいち長い会話をしていては業務が停滞してしまうことになります。笑顔は必要というものの、それほどいつもニコニコしているレジ打ちの店員もほとんどいないでしょう。もちろん、お客様がいない時には笑顔でいる必要はありません。

しかし実際にお客様はスーパーマーケットのレジ打ちの人たちにも笑顔は求めています。ツンとしてレジ打ちをしている店員さんよりも、最初、笑顔で迎えてくれる店員さんにどれだけ好感を持っているでしょう。

いつもニコニコしていなさいというつもりはありませんが、スーパーマーケットのレジ打ちは、最初の笑顔が肝心です。

最初の印象

スーパーのレジのバイトの内容・コツ・あるある・志望動機
※画像はイメージです

スーパーマーケットのレジ打ちは、いつもいつも無口でお仕事をしている訳ではありません。価格がわからないとき、「ちょっとお待ちください」という必要がありますし、セルフの惣菜などを確認する時に、 コロッケが三個、ちくわ天が二個という感じで声に出してチェックしてもらう方が、レジ打ちの店員さんに対して好感を持つことができるでしょう。

やはり、スーパーマーケットのレジ打ちの人たちも最初の印象が大事ということになります。声ははっきりと爽やかに、そしてレジ打ちはスムーズにおこなわれていかなければなりません。

商品のスキャンの仕方

レジ打ちのお仕事は、商品のスキャンと、会計に分類することができます。まずは、商品のスキャンです。スーパーマーケットのレジ打ちの人たちの中には、商品をどのような方法で、違うカゴの方へ移し替えればいいか悩んでいる人たちもいます。

ここでもレジ打ちの人たちは、気をつけるポイントをしっかり理解しておく必要があります。まず、飲料は基本的に横にしないということです。お客様が購入したペットボトルは、横にすれば、レジ打ちがスムーズに進行して行くでしょう。

しかし、炭酸の飲料水など、勝手に立っているものを横にされればお客様は嫌な顔をしています。このような些細なことがお客様のクレームになってしまうことがありますので、注意をしてください。

たまごの扱い方

スーパーのレジのバイトの内容・コツ・あるある・志望動機
※画像はイメージです

いろいろ扱い方が難しい商品があります。たまごの扱い方もそうではないでしょうか。たまごはもちろん丁寧に扱うようにして、スキャンして、カゴにはすぐに移動させず避けておくことです。

他の商品をスキャンして、一番最後にカゴに移す感じがいいでしょう。まだまだ、スーパーマーケットのレジ打ちの人たちは、注意しなければならない商品があります。

豆腐、パン、刺身や肉・惣菜のパックものなどは、すぐにカゴへ移さない方がいいです。できるスーパーマーケットのレジ打ちの人たちは、必ずそれをしています。怠惰なレジ打ちのお姉さんほど、全部他方のカゴへ流れて行ってしまうでしょう。

出来る限り商品が水平に

スーパーのレジのバイトの内容・コツ・あるある・志望動機
※画像はイメージです

そしてできるレジ打ちの人たちは、最後は、できる限り商品が水平になることを気にしてお仕事をしています。意識するかしないかの問題であり、それはできない問題ではありません。

このような方法によって、汁漏れの問題などのリスクを最小限に留めることができます。

子供さんのお菓子

スーパーマーケットでは、子供さんがお菓子を買うシーンも頻繁に見かけます。子供さんがお菓子をバラバラにもってきた場合、そのお菓子を特別にひとまとめにしてあげるのがいいでしょう。

それは、レジ打ちの人たちにもメリットはあり、バラバラだとレジ打ちを見落としてしまう可能性があります。レジ打ちの人たちは、お菓子をひとつの袋にまとめ、子供さんに「はいどうぞ」と声をかけて渡してあげると、かなりいい印象を与えることができます。

わからない商品

スーパーのレジのバイトの内容・コツ・あるある・志望動機
※画像はイメージです

全部スムーズにレジ打ちをすることができるかといえば、そうではありません。野菜や果物・惣菜のバラものなどバーコードがついていない商品もあり、そのとき、自分自身で、レジの操作画面から該当する商品を選択していかなければなりません。

もちろん、お客様に「これいくら?」なんて聞くことができません。スーパーマーケットのレジ打ちの人たちが、努力して勉強しなければならないのは、このようなことではないでしょうか。

事前に、売り場をひととおりチェックして、どのような問題が起こるか事前確認が必要です。

値引きシール

お客様は、その商品を値引きをしているから購入します。しかし、スーパーマーケットのレジ打ちの人たちが値引きシールをついつい見逃してしまうケースは結構多くあります。

実際に、あとあと気付いて、これほどお客様にとって腹のたつこともありません。これもクレームのもとです。

スキャンというシステムは、値引きシールも自動的に値引き計算をしてくれるという意味では非常にありがたいシステムなのですが、昔から使用されている「○○円引き」「○○%引き」といったタイプの値引きシールの場合では、レジ打ちの人たちが自分自身で値引き操作をしていかなければなりません。

Latests