Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月02日

主婦の扶養の所得証明書の取得方法|非課税/健康保険/控除

今回は「主婦の扶養の所得証明書の取得方法|非課税/健康保険/控除」と題して、「主婦の扶養の所得証明書の取得方法」に際する詳細情報をはじめ、さまざまな分野で扱われる「扶養控除の所得証明書」に関する「お役立ち情報」をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

所得証明書とは

所得証明書というのは、基本的に「前年までの年間所得額を証明する公式書類」のことを言い、「昨年度の1月1日から12月31日までの年間給与所得を公式に証明する書類」となります。この証明金額では「住民税の課税金額を証明すること」を意図した側面があり、つまり「その人が個別に収入として獲得している金額のすべて」を指す証明書となります。

所得証明書の取得が必要となる場合は一般的に、住宅ローンを組む場合、自動車を購入する場合、クレジットカードを作成する場合、金融機関を利用する場合、再就職する場合(ハローワークなどを利用する場合)、配偶者を持つ場合、保険金手続きを行なう場合、年金手続きを行なう場合など、他にもさまざまな用途において必要となります。

所得証明書の取得方法

所得証明書を取得する場合には、あらかじめ用意しておく物があります。発行手数料(300円)/本人確認証明書(本人情報を記載した書類)/印鑑(実印)/健康保険証/年金手帳/社員証明書(会社に所属している場合)などが必要となり、この中でも「本人情報を記載した書類」と「健康保険証」は必須となります。

上記の各種書類を持参して市役所(区役所)へ行き、必要な書類手続きをした上で所得証明書の発行をしてもらいます。この際には「扶養家族がいるかどうか」や「現在の収入をあらかじめ照明できる書類(源泉所得書など)」の提出が必要となるため、困らないように準備しておきましょう。

申請後に「本人情報を記載した書類」の提出が求められますので、記載ミスがないよう確認してから提出しましょう。

扶養家族の意味

扶養家族という言葉の意味は「日常的に経済面において生活援助してもらっている家族」を指し、主に子どもや高齢者、また配偶者や何らかの形で収入面による支援をしてもらっている家族のことを言います。

一般的によく聞く言葉ですが、とりわけ「扶養家族」の意味合いを「子ども」とだけ認識している傾向が見られますので、この点には注意しましょう。「扶養家族」にある「扶養」というのは「養ってもらっている人のこと」を言うため、その人がどんな立場にいる人であっても、経済的に支援してもらっている人であれば扶養家族となります。

扶養控除とは

扶養控除というのは、先述でご紹介しました「扶養家族への経済的支援」を行なう際に、さらに被扶養者への支援を手助けしてくれる「支援金補助制度(扶養控除)」のことを意味し、この制度は平静29年度をもって「新扶養控除制度」として新しく支援金の上限の組み換えが行なわれました。

家族を経済的に支援し続けるというのは想定以上に大変なことで、そうした連日の支援の負担を少しでも軽減させる目的で作られた制度がこの「扶養控除制度」であり、その具体的な支援の内訳は主に「支援金・補助金」という形で示されます。

この支援金・補助金が支給される場合でもきちんと条件があり、扶養控除を受ける対象年齢をはじめ、扶養控除を受けるだけの状況・環境の内訳や年収額の現況など、被扶養者を含む扶養者自身の状況が深く加味されて得られる控除となります。

扶養控除の対象年齢

先述しました「扶養控除を受けることができる対象年齢」は一般的に「16歳以上であること」と決められており、それ以下の年齢である場合は労働基準法に則る上で扶養控除の対象には認められません。

この対象年齢については従来扶養控除制度の場合から変わっておらず、これは労働基準法の改正が行われない限りは変動することが「絶対年齢制限」として認められています。

配偶者控除

配偶者控除というのは、扶養控除制度で設けられた「経済的側面から補助する制度」の1つにあり、従来から「年間給与額が103万円以下」の場合に受けられる控除となります。これはもちろん扶養家族として認めようとする一方の給与額となるため、たとえば妻が103万円以下の給与で夫がそれ以上の金額をもらっていてもかまいません。

この場合はその夫が妻を扶養家族として認め、その「扶養家族を書類申請によって公に認めてもらい、その上で扶養控除をもらう」という形になります。つまり配偶者を持つ家庭にかかる税金額を緩和することが目的としてあり、所得が当面少額であると認められた場合には、その税金負担の軽減が一層図られることになります。

配偶者特別控除

先述しました「配偶者控除」の延長線上でこの「配偶者特別控除」というものがあり、これは「たとえ年収給与が103万円を超えた場合でも、たとえば夫の年間給与額が少ない場合であれば、130万円までその上限が引き上げられること」を意味します。

いわゆる金融分野で言われるゼロサムの理屈と同じであり、「配偶者を見比べる際に、一方の稼ぎが多ければもう一方の稼ぎが低く見積もられる」というシーソー論理となるため、夫と妻の両方が年収103万円・130万円を超える所得を獲得している場合は、当然この配偶者特別控除の対象とはなりません。

税法における扶養控除

税法上の扶養控除を受ける場合は、一般的に公用されている法的手続き上の扶養控除の対象となるため、先述しました「年間給与額が103万円から130万円までの場合に受けられる控除の対象」として認められます。

またこの税法上の扶養控除の場合では、従来支払いが義務付けられている所得税や住民税の一部が免除される形となり、この場合も税金の免除が対象となります。

社会保険における扶養控除

社会保険における扶養控除の場合では、健康保険上の手続き・厚生年金保険手続き上で賄われる扶養控除となり、健康保険を利用した上で免除される税金の流れとなります。いわゆる健康保険によって免除されるあらゆる医療費負担の対象となるため、その健康保険証の名義人によって扶養控除が行なわれる形となります。

一般的に先述しました税法上の扶養控除とこの社会保険手続きによって得られる扶養控除の2種類の扶養控除が利用されており、特に16歳以下でアルバイトなどもできない所得者対象になれない子どもなどがいる場合は、必ずどちらかの扶養控除による減税措置が施されるのが一般的です。

給与年収の上限は150万円

これは先述しました配偶者特別控除の場合となりますが、配偶者特別控除を受けられる対象として2018年から、従来の130万円までが年間給与額の上限額だったのに対し、150万円までが認められる措置が取られました。これは一方の配偶者が150万円までの年収である場合で、その場合には38万円の控除によって課せられる税金が引き落とされる形となります。

時代が進んでいくごとに扶養控除の範囲(年間所得上限額)が広まっている傾向が見受けられ、この状況が続いていくことによって、さらに一般市民の生活が安定の兆しを認める環境が充実してきています。

しかしこの場合でも条件が付いており、たとえば一方の配偶者が150万円以下の年間給与であっても、もう一方の配偶者が1,000万円以上稼いでいる場合は控除額が0円となります。

高額所得者の扶養控除の縮小

先述しましたように、たとえ配偶者特別控除の場合でも配偶者のどちらかが「1,000万円以上の収入」があった場合には、扶養控除を受けることはできません。この場合において言えるのは「103万円から150万円の年間給与に抑える」という努力をしたところで、一方の配偶者がそれだけ多くの稼ぎを得ている場合は「意味がない」ことになります。

飽くまでも扶養控除というのは所得証明書において「収入が低い人」のために設けられた制度であるため、一家庭において「扶養控除をする必要がない」と経済的側面から認められる場合には、その扶養控除の対象から完全に除外されるという見とおしになります。

主婦の扶養の所得証明書の取得方法

家庭に専業主婦がいる場合、その主婦がまったく収入を得ておらず完全に「扶養者」の対象となっている場合には、先述しました「配偶者扶養控除」、「配偶者特別控除」のどちらも受けられる対象となる可能性が高まります。

この場合は配偶者それぞれの所得証明書の発行が必要であり、まず「妻が専業主婦であること」を公的に認められておく必要があります。この場合の専業主婦が取得する所得証明書は「非課税証明書」という名前で呼ばれており、この非課税証明書というのは「住民税を支払う必要がない人の所得証明書」という意味になります。

この非課税証明書の取得方法も基本的に所得証明書手続きと同じく、市役所に行って必要書類の手続き・申請を行ない、押印用の印鑑も実印を用意しておきましょう。この非課税証明書(所得のない・少ない人用の所得証明書)の発行によって、初めて「専業主婦であること」が認められます。

非課税

非課税というのは文字どおりに「税金がかからないこと」であり、たとえば公共施設や機関を利用する場合でも、その利用料金にかかる税金が免除される対象費用となります。一般的によく使われる非課税対象としては「住民非課税世帯」があり、住民税、所得税などが非課税とできる証明書の発行によって、非課税世帯の証明を行なえます。

この場合も所得証明書(または非課税証明書)の発行が必要となり、場合によっては住民税証明書と純民税所得証明書の発行も必要となります。

控除と所得証明書について

「控除(こうじょ)」という言葉の意味は、「本来支払わなければならない金額から、その必要費用が差し引かれること」を言い、いわゆる保険料や割引などに見られるように、「定価から減額した価格を支払うだけで済むこと」を言います。

簡単に例をあげれば、100円の商品を購入する際に、この控除によって50円が差し引かれた場合には「50円だけを支払う」という形になります。そしてこの控除に付く条件が(先述のように)個別状況によって複線化されるため、いろいろな環境・状態によって「控除の対象」が変わってきます。

つまり所得証明書に記載された年間給与額によって、控除額はどの場合でも変動することになります。

年末調整と所得証明書の関係性

年末調整というのは一般的に「支給されるはずの年間給与から、源泉徴収で支払った所得税額と実際の年間税額との差額を調整して精算すること」を意味し、主に「所得税の納付手続き」として見なされるのがこの年末調整となります。

源泉徴収というのは、月ごとにもらえる給料(またはボーナス)からあらかじめ税金分が天引きされる形になっているため、この天引きされた税額を含めて「実際にその人が個別で年間にいくら給与されたか」を確認するのが年末調整の役割です。

そしてこの年末調整によって「正確な年間所得」を割り出した上で、いろいろ課税され支払わされた税金額を算出し、それによって「その人が個別でもらった年間給与額」が記載されるのが所得証明書となります。

健康保険のための扶養の所得証明書の取得方法

先述でご紹介しましたように、扶養控除や所得証明書の取得方法には主に「税法上の手続き」と「健康保険上の手続き」の2種類の取得方法が用意されており、どちらの取得方法で所得証明書を発行してもらうかについては個別によって変わります。

パートやアルバイト、また専業主婦だからと所得証明書の発行を初めから行なわず、「どうせ扶養控除なんかもらえない」とあきらめている場合も多く見られますが、パートでも専業主婦でも一般的に所得証明書の発行を行なうことができます。

パートの場合の所得証明書の所得方法

先述しましたように、所得証明書には非課税証明書という公式書類も用意されており、パート職員が所得証明書の発行を行なう場合はこの「非課税証明書の発行」を行なうことになります。

この場合には「家族全員の所得証明書の発行」がまず必要で、先述しました必要書類や印鑑(実印)を持参し、市役所・区役所で所得証明書(非課税証明書)の発行をしてもらいましょう。

扶養控除や所得証明にかける費用の人数

扶養控除や所得証明書を発行する場合には、あらかじめ決められた「世帯数」や「子どもの人数」、「所得を獲得していない者の人数」の証明が必要になります。つまり「誰が何人の扶養家族を持っているか」を証明するための書類・証明書が必要となり、その内容によって所得証明書や扶養控除の内容も変わります。

まず合計所得金額の手取り金額の算出では、給与全額から社会保険料が差し引かれ、さらに源泉徴収によって差し引かれた残額が手取りの差引支給額となります。この差し引かれた金額・税額を正確に見積もるために所得証明書の発行が必要となり、この所得証明書の内容に沿う形で扶養家族人数への控除額の割り当ても行なわれます。

もちろん扶養家族が多く、その上で世帯所得が少ない場合は、控除額は満額まで広げられる可能性が高まります。

扶養者の所得証明の方法

扶養者の所得証明の方法について考慮する場合も、先述しました「非課税証明書」の発行の場合と同じく、所得証明書の代わりに「自分が所得を獲得していない扶養家族であること」を先に証明しておくことが必要となります。

この場合も所得証明書の発行時と同じく、本人情報を記載した書類(本人証明書)、マイナンバーカード(ナンバーがわかればいい)、パスポート(所有している場合のみ)、健康保険証、年金手帳、社員証(IDカードでもOK)、印鑑(実印)などが必要となります。この場合の所得証明書の発行手続きも先述と同じく、市役所・区役所で発行してもらいます。

配偶者を被扶養者とする場合

配偶者を被扶養者とする場合は、まずその配偶者を「世帯戸籍に所属していること」を証明することが必要であり、一般的には「氏名変更手続き」によってこの戸籍移転が行なわれます。

この手続きによって「配偶者であること」が公的に認められ、世帯主にとっての扶養家族であることが認証されます。つまり「結婚して籍を入れること」によって配偶者を被扶養者にすることができ、さらにその世帯主の年間所得、被配偶者の年間所得の2つの証明をあらかじめ行なうことが必要です。

子どもを被扶養者とする場合

一般家庭における子どもの場合は「出生手続き」においてすでに住民登録や世帯登録が済んでいるため、その時点で「世帯主にとっての被扶養者であること」の証明はできています。そのため特別な手続きをする必要はありませんが、両親が離婚した場合や、あるいは孤児院などで生活を送っている子どもの場合は別になります。

両親が不在の子どもや孤児院で生活をしている子どもの場合は、特定機関において「両親が不在であること」を証明する手続きを行なった上で、先述と同じく所得証明書の発行手続きや扶養控除の手続きを行なうことになります。所得証明書の発行手続きについては先述の場合と同じですが、扶養控除の手続きは少し手続きが増える形になります。

両親を被扶養者とする場合

両親が老後の生活を送り始め、年金生活となった場合、被扶養者がその子どもや子どもの配偶者に移される場合が出てきます。この場合も所得証明書の発行手続き・扶養控除の手続きは基本的に変わりませんが、両親の年間所得を証明する書類は必須となり、加えて年金支給額との対象額によって控除額が変わります。

その場合は「両親が世帯主と同居していること」が基本条件となるため、まず住民税関連書類の提出や、住民登録証明書、世帯証明書などが必要となります。その上で家族全員の年間所得証明書の提出が求められ、先述しました「扶養控除の対象となるための上限額を超えていないこと」が必須条件となります。

平成29年度の税制改正案

平成29年度において、配偶者特別控除を受ける対象者の「年間所得の上限額の変動(引き上げ)」が認められ、それまでの「103万円」から「150万円」までの年間所得を獲得してもOKとなりました。

この上限額の引き上げによって控除額そのものの適用範囲が広がり、これまでの生活支援のあり方が抜本的に変わってくる兆しが見られます。その上でパート勤務者の場合でも「年間所得が103万円から141万円までの上限額」が「201万円」まで引き上げられたことによって個別処遇も大きく変わりました。

その代わりに「高額所得者が世帯にいる場合」は控除額が0円となり、あくまで扶養控除が「少額所得者のみ」に当てられる焦点が強まったと言えます。

正確な扶養控除や所得証明書の知識を把握しましょう

今回は「主婦の扶養の所得証明書の取得方法|非課税/健康保険/控除」と題して、「主婦の扶養の所得証明書の取得方法」に際する詳細情報をはじめ、さまざまな分野で扱われる「扶養控除の所得証明書」に関する「お役立ち情報」をご紹介しました。

所得証明書や扶養控除というのは、あらかじめ法律で決められた規定に基づいて発行される(適用される)公的書類や制度のことを言い、正しく扶養控除を受けたい場合は必ず条件に沿った手続きによって受けなければなりません。

所得証明書には非課税証明書も用意されており、たとえ所得がない人や所得が低い人でも、一般的に所得証明書を発行することが可能であり、その所得証明書(非課税証明書)をもって扶養控除対象として認められる場合も普通にあります。ぜひ正確な知識・情報を取得しておき、利用できる制度は十分に活用していきましょう。

Latests