Search

検索したいワードを入力してください

お見舞いの言葉の文例・家族が入院している場合|メール

初回公開日:2018年05月01日

更新日:2020年07月26日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

お見舞いの言葉を考える際、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。このぺージでは、「お見舞いの言葉」をテーマにして、文例や注意点、連絡手段などについて、考察・ご紹介しています。さまざまな状況やパターン別にご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

正しく使って元気づけたい!お見舞いの言葉

お見舞いの言葉の文例・家族が入院している場合|メール
※画像はイメージです

健康に日々を送っていくことは、人類全てに共通する夢や願いです。しかし、生活を送るうちに怪我をすることもあり、怪我などになってしまうと気分まで滅入ってしまったり、将来のことを考えて落胆したりしやすくなります。

そんな時に心強いのが、家族や友人・知人などからの、お見舞いの言葉ですが、怪我などは、経過によっては大変デリケートな問題となります。

そのため、怪我などをしてしまった人へのお見舞いの言葉を考える際は、慎重に考えなくてはなりません。内容や言葉の選び方などに気を付け、相手を傷付けずに元気づけられるような言葉を伝える必要があります。

そこで今回は、考えるのが難しい「お見舞いの言葉」をテーマにして、考え方や文例、伝え方などを考察・ご紹介していきます。

気の利く人は相手の体調にも気を使っている!?

お見舞いの言葉の文例

まずは、お見舞いの言葉の考え方や文例を、お見舞いの言葉を伝える相手との関係性別に考察していきます。

相手との関係性によって、お見舞いの言葉の考え方や伝え方なども異なる可能性があるので、さまざまな関係性別に、お見舞いの言葉の文例などを見ていきましょう。

お見舞いの言葉の文例【1】:家族

まずは、最も身近で親しい存在とも言える、家族へのお見舞いの言葉について、考えていきます。「家族」と言っても、親や兄弟、祖父母など、続柄はさまざまです。しかし、どのような続柄であっても、基本的にはフランクな言葉遣いやある程度砕けた内容であっても、問題にはならないでしょう。

また、入院や手術などの場合は、あえて丁寧な言葉遣いでお見舞いの言葉を送ってみるのも、心配する気持ちを伝える手段の1つではあります。

以下で、家族に向けたお見舞いの言葉の例文をご紹介していきます。

・お父さん、早く元気になって、またお父さんの好きな○○を一緒に食べに行きましょう。
・おばあさんと、また○○をしたいので、1日でも早く元気になって下さい。
・怪我が治ったら、また一緒にお兄ちゃんと野球をしようね。だから良い子で頑張れよ。

お見舞いの言葉の文例【2】:知人・友人

続いては、ビジネスや仕事とは関係のない、知人や友人に対してお見舞いの言葉を送りたい場合、どのように考えれば良いのか、考察していきましょう。

知人・友人との関係性や間柄にもよりますが、知人・友人は家族とは異なる他人なので、家族へのお見舞いの言葉よりは、言葉の選び方や言い回しに慎重になった方が良いでしょう。

以下で、知人・友人へのお見舞いの言葉の文例をご紹介していくので、考え方の参考にしてみて下さい。

・お怪我の具合はいかがですか?早く元気になって下さい。
・何かありましたら、言って下さいね。少しでも力になりたいと思っています。
・1日でも早いご回復をお祈りしています。

お見舞いの言葉の文例【3】:上司

お見舞いの言葉を伝える相手の中でも、特に気を遣うのが仕事関係の人物が相手の場合です。中でも、上司などの目上の人に対してお見舞いの言葉を伝える場合は、言葉遣いや言葉の選び方、内容まで、よく考えて慎重に伝えるようにしましょう。上司などの場合は、正しい敬語で伝えることにも、意識する必要があります。

・病状はいかがでしょうか?心より、お見舞い申し上げます。
・1日でも早いご全快を、心からお祈り申し上げます。
・心配なご病気ではないとうかがい一安心いたしましたが、その後病状はいかがでしょうか。

余命宣告がされている場合のお見舞いの言葉

怪我や病気の症状は、時には深刻なケースもあります。中には、余命が宣告される病気や症状もあるでしょう。そのような場合、お見舞いの言葉の内容や言葉遣い、言葉の選び方などには、特に頭を悩ませる方が多いと考えられます。

そこで続いては、余命宣告を受けている人物に、お見舞いの言葉を伝える場合、どのような点に注意したり意識したりして考えれば良いか、考察していきます。

余命宣告をされている場合【1】:脳梗塞

脳梗塞などで余命宣告を受けている方にお見舞いの言葉を伝える場合、軽率な励ましや腫物に触れるかのような大袈裟な気遣いは、かえって相手を傷付ける可能性があると言われています。また、脳梗塞の場合は、回復したとしても、身体に麻痺などの後遺症が残るケースもあり、軽はずみな慰めの言葉などが、相手にとってはショックな言葉となる危険性も考えられます。

上記のような背景から、脳梗塞で余命宣告や後遺症について言われている相手に対しては、「少しでも力になりたい」「困ったことがあったら、何でも言って欲しい」といった形で、相手の味方であることや力になりたいことを伝え、病状や余命についてはあまり触れない方が、相手を傷付けずに済むと考えられます。

余命宣告をされている場合【2】:がん

がんもまた、現代人がかかることが多い病気の1つです。早期発見により治る確率も高い病気ですが、症状によっては死に至ることもある病です。そのため、がんの方にお見舞いの言葉を伝える際は、言葉の選び方や内容によっては、相手を傷付けてしまう可能性があります。

特に、余命宣告を受けている方の場合、病状や症状などもわからずに、「きっと良くなる」などと励ますのは、軽率と言えるでしょう。また、「○○さんのような良い人がなぜ?」といった文言も、失礼だと感じる可能性があります。病気は、性格や道徳的な意味での良い・悪いとは、関係がないものだからです。

上記のような背景から、がんなどの方にお見舞いの言葉を伝える際にも、病状について触れたり軽率な励ましをしたりすることは控え、「力になりたい」「何かできることがあれば、いつでも連絡してくれ」といった内容にした方が、相手を傷付けることがないと言えそうです。

お見舞いの言葉を伝える方法

お見舞いの言葉の文例・家族が入院している場合|メール
※画像はイメージです

お見舞いの言葉を伝える方法は、さまざまです。いろいろな方法があるため、それぞれの方法や手段に合った言葉・内容で伝える必要があります。

そこで続いては、お見舞いの言葉を伝える方法や、それぞれの言葉に合ったお見舞いの言葉の考え方などについて、考察していきます。

伝える方法【1】:手紙

Latests