Search

検索したいワードを入力してください

ネクタイの最適な太さとは?種類や就職活動に適したサイズも紹介

更新日:2023年01月04日

ネクタイの最適な太さをご存じでしょうか。本記事では、ネクタイ選びのポイントや太さの種類、正しい幅の合わせ方を解説しています。加えて、ビジネスシーンや就活に適したサイズも紹介しています。ネクタイの適切な太さについてくわしく知りたい人は、ぜひチェックしてください。

「ネクタイの太さの正しい合わせ方を知りたい」
「ビジネスや就活の場には、どのようなサイズのネクタイを選べばいいの?」
「自分のスーツには、どれくらいの太さのネクタイが合うんだろう?」
このように、ネクタイを選ぶときや購入する予定がある人は、さまざまな疑問を持っているのではないでしょうか。

本記事では、ネクタイ選びのポイントや正しい幅の合わせ方、太さの種類についてくわしく解説しています。併せて、就職活動に最適なネクタイの太さや注意点も説明しています。

本記事を読むことで、ネクタイの太さについての知識が深まり、シチュエーションに応じた1品を選べるようになるでしょう。

適切なサイズのネクタイ選びに困っている人は、最後まで読んでみてください。

ネクタイ選びで「太さ」は重要?

ネクタイは、スーツの胸元の印象をさまざまに変化させるアイテムです。一方で、ネクタイを選ぶときは、色や柄ばかりに気をとられ、太さまでは気にしない人も多いのではないでしょうか。

スーツを着るうえで、ネクタイの太さは着こなしの印象を大きく変えます。そのため、ネクタイを購入するときは、相手にどのような印象を与えたいのかも考慮して太さを選ぶ必要があります。

ビジネスシーンにおいても、第一印象をよくするには、自分に最適なサイズの目安を知っておくことが重要だといえるでしょう。

ネクタイ選びのポイント

ネクタイは、スーツの着こなしの幅を広げ、さらには第一印象を左右します。しかし、選定を間違ってしまうと、ビジネスの場ではマナー違反になる場合があるため注意が必要です。

まずは、基本的なネクタイ選びのポイントから押さえましょう。ネクタイ選びのポイントは、以下のとおりです。

  • ネクタイの長さ
  • ラぺル
  • 大剣幅

ネクタイの長さ

日本で販売されているネクタイの長さは、平均的な身長やスタイルなどを考慮した140cm前後が主流です。自分に最適な長さを選ぶには、身長から15cm程度を引いた長さを目安にするとよいでしょう。ただし、首周りの太さなどは個人差があるため注意が必要です。

加えて、ネクタイは結び方によって必要な長さが変わります。プレーンノットと呼ばれる比較的シンプルな結び方は、小さい結び目が特徴です。対して、ダブルノットなどの結び目が大きいものは、締めるときに首元で回す回数が多くなるため、長さも多く必要になります。

ラぺル

ネクタイ選びには、スーツのラペルの幅もポイントの1つといえるでしょう。ラペルとは、ジャケットの下襟部分を指し、幅や角度によってスーツの印象が大きく変化する重要な箇所といわれています。

ラペルの幅には流行りがあり、形状もさまざまな種類があります。くわしくはのちほど解説しますが、ネクタイとラペルの幅を意識して選ぶことで、スッキリした印象を相手に与えられるでしょう。

大剣幅

大剣とは、ネクタイを真っ直ぐに伸ばしたときの幅の広い部分を指します。ネクタイを着用したときに正面になる部分のため、スーツ姿の印象を決める重要な部分といえるでしょう。ビジネスの場では、大剣幅が細すぎず太すぎないものを意識して選ぶことが大切です。

ネクタイの幅には、「レギュラータイ」「ナロータイ」「ワイドタイ」の3つの種類があります。ビジネススーツに最適な大剣幅の種類は、7~9cm幅のレギュラータイが適しています。

ネクタイの太さの種類

ネクタイ幅の1つであるレギュラータイは、多くの人にしっくりとなじむビジネスシーンの定番ともいえる太さです。色や柄、デザインなどの種類が豊富のため、さまざまな着こなしを演出できるでしょう。

太さが4~6cmのナロータイは、スタイリッシュな細身のスーツに合わせるネクタイとして人気があります。パーティなどのカジュアルスタイルに適していますが、ビジネスやフォーマルの場では避けた方が無難でしょう。

幅が10cm以上のワイドタイは、付けると胸元に重厚感が加わり、クラシックな雰囲気を演出することが可能です。一方で、ワイドタイは近年の流行ではないため、見かけることが少ないでしょう。

ここからは、レギュラータイの太さを9cm・8cm・7cmの3つに分けてくわしく解説します。それぞれのサイズが与える印象やおすすめの活用シーンなどを記載しているため、ネクタイ選びの参考にしてください。

9cm幅

レギュラータイの中で最も太い種類が、9cm幅になります。ビジネスの場面では、どっしりとした貫録を相手に与え、大物の気配を印象付けることが可能です。さらに、青や紺色のネクタイを選べば相手に信頼感や安心感を与えられるため、商談のときなどに向いているでしょう。

次のページ:ネクタイの太さ・幅の合わせ方

初回公開日:2022年08月18日

記載されている内容は2022年08月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests