Search

検索したいワードを入力してください

軽装スタイル17例・男女/場面別|結婚式/ビジネス/面接

初回公開日:2017年09月11日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年09月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

イベントやパーティーの案内状では、しばし「軽装でお越しください」書かれている場合があります。しかし、軽装と言われてもどのような服装をしてばいいのか悩む人も少なくありません。今回は軽装と呼ばれる服装をシーン別に着目し、くわしくご紹介いたします。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

軽装とはどんな服装か

軽装という言葉の意味は「身軽な服装。活動しやすい服」となります。普段の服装であればジャージやスウェット、トレーナーやTシャツなどのカジュアルな服装が身軽で活動しやすいものでしょう。

ビジネスや面接のシーン、お祝いごとなどにおける「軽装」とは、普段の服装とは異なります。ではこのようなシーンでどのような服装が「軽装」にふさわしいのか男女別に見ていきましょう。

男性

ビジネスやイベントの際に「軽装」と言われた際、男性の場合はジャケットスタイルが一般的です。フォーマルなスタイルがスーツスタイルだとすると、それよりもカジュアルな服装が「軽装」に値すると解釈するといいでしょう。

面接などのシーンでは「普段の服装で構いません」などと指示を受ける場合もあります。その場合は普段の服装でも問題ありませんが、短パンにTシャツなどのカジュアルな服装はNGなので気をつけましょう。

女性

ビジネスやイベント時に「軽装」と言われた場合は、男性に同じくジャケットスタイルが一般的です。しかし、女性の場合はスタイルのバリエーションも多いため、必ずジャケットを着用しなければならないというわけではありません。

女性の場合はショートジャケットにワンピースなどでも問題ありません。カジュアルの度合いはシーンによっても異なりますが、羽織ものをカーディガンにしても問題ない場合もあります。

【男女/場面別】軽装スタイルの例

「軽装でお越しください」と案内状に書かれた場合に悩むシチュエーションの1つが、結婚式の二次会や面接時の服装です。軽装と言われても人によって解釈が異なり、参加者がどんな服装をしてくるのか気になる人も少なくありません。

結婚式の二次会などのお祝いごとでは、晴れやかな場に適した服装を選ぶ必要があります。また面接の場合は相手に失礼のない服装というのが基本です。ではシーン別に軽装スタイルを見ていきましょう。

結婚式/二次会/パーティーでの軽装とは

「軽装でお越しください」と書かれた案内状が多いのが、結婚式の二次会やプライベートなパーティーに招待された場合です。結婚式の二次会やパーティーの場合は華やかでお祝いの席のため、カジュアル過ぎない品のある服装が基本となります。

軽装と書かれていたからといって、普段のようなスウェットやTシャツなどのスタイルはNGです。パーティーなどのお祝いごとは周囲の服装とのバランスもあるので注意しましょう。

品位を保ちつつ、堅苦しくない恰好

フォーマルな服装というと、タキシードなどの礼服やセットアップスーツが一般的です。パーティーの際の服装は、フォーマルスタイルまでかっちりとしていない品位のある服装が適しています。

たとえば、ジャケットとスラックスを合わせたジャケットスタイル、スタンダードなカラーのシャツにジレを合わせたスタイルもおすすめです。カラーはブラックやネイビーなどを基調にシックなカラーでまとめましょう。

結婚式/二次会/パーティーでの男性の軽装例

結婚式の二次会やパーティーなどでは、華やかな席なので自然と服装も華やかな服装になります。結婚式の二次会やパーティーなどの晴れやかな舞台の場合は、軽装といってもあまりカジュアルな服装は適していません。

たとえば、少しラフなジャケットスタイルやシャツを着用したスタイルがおすすめです。カジュアルなアイテムがすべてダメというわけではありませんが、お祝いの席ということを踏まえて服装を選びましょう。

軽装1.ラフなスーツ

フォーマルなスーツというと、ブラックのセットアップスーツが挙げられます。しかし、スーツにはさまざまなカラーやデザインのものがあります。結婚式の二次会やパーティなどで軽装と言われた場合は、ラフなスーツスタイルで参列するのがおすすめです。

ラフなスーツは、ネイビーやグレーなどの明るいカラーのスーツがいいでしょう。ストライプや格子柄などのデザインスーツもカジュアルでおしゃれなスタイルに仕上がります。

軽装2.ノータイでシンプルなシャツ

結婚式の二次会やパーティーなどでの軽装は、ネクタイがなしのスタイルでも問題ありません。オーソドックスなジャケットにシャツを合わせただけのシンプルなスタイルもいいでしょう。

晴れやかな席でも軽装の場合は、ニットタイやナロータイなどのおしゃれなネクタイを付けて参加する方もいます。ニットタイやナロータイは少しカジュアルでおしゃれなデザインのものが多いのでパーティースタイルにピッタリのスタイルです。

軽装3.カジュアルなバック

フォーマルなスタイルの場合は、スーツに合わせてバッグなどの小物をブラックで統一するのが一般的です。軽装の場合は、ダークブラウンやブラウンなどのカジュアルなバッグを合わせても問題ありません。

パーティーなどの場合はレセプションにバッグなどを預けることが多い傾向にあります。カジュアルなバッグにする場合はシューズの色やテイストも小物に合わせるとおしゃれに仕上がります。

軽装4.派手ではない靴

パーティーなどにおける軽装の場合は、ジャケットスタイルのような少しカジュアルな服装が多い傾向にあります。そのため、シューズ選びも服装に合ったものを選ぶ必要があります。

ジャケットスタイルの場合は、シンプルなプレーントゥやストレートチップなどのベーシックなデザインがおすすめです。フォーマルなスタイルの時のような光沢のあるエナメル素材などの派手なデザインである必要はありません。

結婚式/二次会/パーティーでの女性の軽装例

結婚式の二次会やパーティーで着用する女性の軽装は、ドレスのようなフォーマルな服装ではない上品でエレガントな服装が好ましいといえます。露出の多い服やカジュアル過ぎる服は適していないので注意しましょう。

結婚式の二次会などでは軽装といっても比較的ドレッシーな服装をする方も少なくありません。カジュアル過ぎる服装は余計に浮いてしまうので気をつけて服装を選びましょう。

軽装5.カラフルではないドレス

結婚式の服装というと、カラフルなドレススタイルで参列する女性も少なくありません。結婚式の二次会にそのままの服装で参加する方もいるので、二次会の案内に「軽装でお越しください」と書かれていてもドレッシーなスタイルの人もいます。

結婚式の二次会などはフォーマルな席ではないので、カラフルなドレスである必要はありません。エレガントなワンピースにボレロを合わせたり、上品なスタイルで参列するといいでしょう。

軽装6.派手ではないスーツ

結婚式では、光沢のある生地のスーツやブラックスーツで参列する女性も多い傾向にあります。結婚式の二次会の場合は、結婚式のような派手なスーツである必要はありません。

ネイビーやベージュなどのベーシックなスーツは上品でエレガントなスタイルに仕上げてくれます。インナーをシャツにするよりもスクエアカットのキャミソールなどを合わせてスタイリッシュなスーツスタイルに着こなしましょう。

軽装7.シンプルなアクセサリー

結婚式の二次会やパーティーでのスタイルは、服装に合わせるアクセサリー選びも重要です。フォーマルな服装のように派手なアクセサリーは必要ありません。軽装の場合は、シルバー系やパール系のシンプルなアクセサリーを合わせるとエレガントなスタイルに仕上がります。

華やかさをプラスしたい場合は、少し大ぶりなパーツのものを選ぶといいでしょう。ゴールドよりもシルバーの方が上品なイメージに仕上がるのでおすすめです。

ビジネス/面接での軽装のポイント

会社に入社するための面接やバイトの面接において、「面接時は軽装でお越しください」と先方から指示される場合があります。ビジネスにおける面接ではセットアップのスーツを着用するのが一般的ですが、軽装の指示があった場合はスーツを着用する必要はありません。

軽装といってもビジネスシーンにおける服装は相手に失礼のないような服装にする必要があります。普段着ているような服装で行かないよう注意しましょう。

清潔感

ビジネスシーンにおける面接の場合は、軽装といっても相手にいい印象を与える服装が適切です。何を着用するかも大切ですが、服装にシワや汚れがなく、清潔感を感じるスタイルにすることが重要です。

清潔感のない服装は相手に不快なイメージを与えるだけでなく、あなた自身の評価も下がる可能性が高いといえるでしょう。面接の際の軽装は、服装の状態にもしっかり気を配りましょう。

軽装8.黒/グレー/紺などのジャケット

面接の際に「軽装でお越しください」という案内があったとしても、普段着ているようなカットソーにカジュアルなボトムスを合わせたスタイルはNGです。面接の場合は、ブラックやネイビーなどのベーシックなカラーを使用したジャケットスタイルがおすすめです。

ジャケットスタイルの場合は、2つボタンと3つボタンのものがありますが、どちらのスタイルでも面接では問題ありません。

軽装9.白いシャツ

面接における軽装の場合は、白いシャツを組み合わせてコーディネートすることをおすすめします。白いシャツは通常の面接と同じく、清潔感のある印象を与えます。チェック柄などのデザインシャツはカジュアルなイメージを与えるため避けるようにしましょう。

白いシャツ以外の場合は、細めのストライプシャツもいいでしょう。ビジネスシーンであるこをわきまえ、カジュアル過ぎない軽装を心がけましょう。

軽装10.スラックスまたはチノパン

面接の場合の軽装はジャケットスタイルがおすすめとお伝えしましたが、ボトムスもシンプルなものを選ぶようにしましょう。ボトムスは、ネイビーやベージュなどのスラックスやチノパンがおすすめです。

シンプルなシルエットのものであれば問題ありませんが、色あせたボトムスやデニムはNGアイテムです。汚れのない清潔感のあるカラーのものを選ぶようにしましょう。

軽装11.黒/茶の皮靴

面接のときは着座で行うのが一般的です。そのため、ジャケットスタイルで清潔感のあるスタイルでも足元が汚れていては台なしです。面接時の軽装は、ジャケットスタイルに合わせてブラックやブラウンのレザーシューズがおすすめです。

レザーシューズの中でも、プレーントゥやストレートチップなどのシンプルで上品なデザインを選ぶようにしましょう。また面接の前にはしっかり靴を磨き、汚れのないきれいな状態にしておきましょう。

軽装12.ビジネスバッグ

面接時の軽装スタイルは、小物にも気を配ることが重要です。ジャケットスタイルに合わせて、控えめなビジネスバッグを合わせるといいでしょう。ビジネスバッグは、ブラックやダークブラウンなどのダーク系カラーがおすすめです。

軽装だからといってリュックサックやワンショルダーの小さなバッグなどで行かないように注意しましょう。面接は相手のいい印象を与えアピールする場です。節度のある服装を心がけましょう。

ビジネス/面接での女性の軽装例

ビジネスにおける軽装の中でも女性の場合は男性と比べてスタイルのバリエーションがあります。軽装とはいえどビジネスシーンということをわきまえ、フォーマルかつ上品なスタイルが基本となります。

特に面接の場合などは相手先から「軽装でお越しください」と言われてデニムなどのカジュアルな服装で行かないように注意しましょう。それではビジネスにおすすめのレディースの軽装を見ていきましょう。

軽装13.黒/グレー/紺などのジャケット

軽装と聞くとデニムや普段のスタイルで問題ないような気もしますが、ビジネスシーンの場合はジャケットを取り入れた軽装スタイルがおすすめです。ジャケットを取り入れる場合は、ブラックやグレーなどのベーシックなカラーを選ぶようにしましょう。

ジャケットの丈はボトムスにもよりますが、丈が長い方が上品な印象を与えます。ボトムスがスカートの場合は少しの短めの丈の方がスタイルのバランスが整いやすくなります。

軽装14.白またはうすい色のシャツ

レディースの場合はジャケットやスーツの中にキャミソールなどの襟なしのウェアを重ねる方もいます。面接の場合は面接官に服装もしっかり見られているので、ホワイトやライトブルーなどのシャツを重ねることをおすすめします。

襟なしのインナーはカジュアルな印象を与えるため面接には適していません。通常のビジネススタイルのように襟付きのインナーを合わせることで清楚なイメージに仕上がります。

軽装15.黒/グレー/紺などのスカート/パンツ

レディースの場合はジャケットと合わせたベーシックなボトムスを合わせるスタイルがおすすめです。たとえば、ブラックのジャケットにグレーのスカート、ネイビーのジャケットにグレーのボトムスなどのコンビネーションでもいいでしょう。明るいカラーのボトムスは派手な印象を与えてしまうので、ダーク系のベーシックなカラーを選ぶようにしましょう。

軽装16.黒のローヒールのパンプス

レディースの軽装の場合は足元選びも重要です。ビジネスや面接などにおけるシューズの定番は「ブラックのパンプス」です。エナメルのような光沢のないもので、低めのヒールを選ぶようにしましょう。

高めのヒールやピンヒールの場合は派手な印象を与えるため面接には適していません。清楚で上品なスタイルをイメージしながら軽装スタイルに合わせるシューズを選びましょう。

軽装17.ビジネスバッグ

メンズと同じくレディースの軽装の場合もスタイルに合わせた小物選びが大切です。ビジネスや面接ではベーシックカラーのアイテムが多いため、ビジネスバッグも同じようなカラーで合わせるスタイルのバランスがよくなります。ビジネスバッグの形は、手持ちが付いたA4サイズのものがおすすめです。先方で頂いた資料などを収納できる大きめのサイズを選びましょう。

就職先を探すなら「ニクリーチ」

就職活動をはじめたけど、自分に合った職種や企業を見つけるにはどうしたらいいかわからないという方も少なくありません。就職活動でお悩みの方には、「就活と企業のマッチングサービス(ニクリーチ)」がおすすめです。

ニクリーチではあなたの適性や特性などを考慮し、数ある企業の中からあなたにおすすめの企業をマッチングしてくれます。

好印象の軽装とは

最近はカジュアルデーを設けている会社も多く、軽装でオフィスに行くという方も少なくありません。軽装といってもスタイルが決まっているだけでは不十分です。しっかりとコーディネートが決まったら、次は服装の状態などを細かくチェックする必要があります。では軽装でも好印象に見せるにはどのような点に気を付ければいいのかを具体的に見ていきましょう。

シワのないスーツ

軽装以外でもビジネススタイルとして定番スタイルといえば「スーツ」です。スーツは素材によってシワになりやすいものもあり、オフィスでも座りジワなどが知らないうちについている場合もあります。ウール素材のスーツであればスチームなどをあてれば簡単にシワを取り除くことができます。スーツはクリーニングに出して、その都度シワのない状態にしておきましょう。

清潔感のある着こなし

軽装のスタイルで重要なのが「清潔感のある着こなし」です。ジャケットを着用していても袖がほつれていたり、スラックスの裾丈が調整されておらずボロボロだったりするようであれば相手に不快なイメージを与えかねません。アイロンのかかったシャツにシミのないボトムスなど、汚れやシワのない清潔感のあるスタイルに仕上げましょう。

型が残っている鞄

軽装では小物も状態も重要なチェックポイントです。ビジネスバッグなどの場合は長く使用していると型が崩れ、つぶれたような状態になることもあります。相手に好印象を与える場合は、型崩れしていないバッグを選ぶようにしましょう。バッグの型崩れは一度なると戻らないので、バッグを保管する際に型が崩れない中身に新聞紙などを入れておくといいでしょう。

汚れが目立たない靴

おしゃれは足元からと言われているように意外と周囲から見られているのが「靴」です。1日中履いた靴には汚れや傷が必ずついています。また1日履いた靴は体の水分を吸収しているため蒸れやすいのも特徴的です。1日履いた靴は必ずその日中に磨き、靴の中に乾燥剤を入れてお休みさせてあげると美しい状態で靴をキープすることができます。

きちっと整った髪型

軽装とはいえど髪型も清潔感のあるきっちりとした状態に仕上げておくのが好印象を与える秘訣です。男性の場合は襟足が長すぎないか、女性の場合は前髪が長く後れ毛などがないかチェックするといいでしょう。ヘアースタイルはその人の印象を決める重要なポイントです。抜けのないようにしっかりセットしましょう。

印象の悪い軽装とは

好印象を与える軽装には、服の状態や清潔感のある髪型などが重要な例をいくつか挙げました。ではどのような状態が逆に印象の悪い軽装になるのでしょうか。軽装の中には、おしゃれのつもりで選んだアイテムが印象を悪くする場合もあります。軽装スタイルが決まったら細かい点をチェックしながら再度確認することが重要です。

シワだらけのスーツ

軽装の中でも比較的なフォーマルな場所に着ていくスーツは、シワのない状態するのが基本です。遠くから見ると一見わからないシワでも近くでみると意外と目立つ傾向にあります。クローゼットに入れっぱなしのスーツの場合、他の衣類と重なりシワがついていることもあるのでしっかり事前にチェックしましょう。

使い古してヨレている鞄

軽装に付随する小物の中でも気を付けたいのが「バッグ」です。バッグは型崩れしていないものを選ぶのが基本です。バッグの中にはなめし革といってわざと色あせたカラーを楽しむ素材もあります。カジュアルな服装の時は問題ありませんが、ビジネスやフォーマルなシーンではかえって使い古したバッグに見えるので注意しましょう。

シミのある靴

汚れやシミのない靴が基本ですが、毎日履いている靴は汚れやシミがつきやすい状態になっています。ブラックの靴であれば赤土やほこりなどの汚れ、ブラウン系の靴はシミなどが目立ちやすい傾向にあります。雨の日などで汚れやシミが気になる日は防水スプレーをかけておくと美しい状態にキープすることができます。

きつい化粧・香水

上品で清潔感のある軽装スタイルに決めていても、特に女性の場合はメイクや香水の量などにも気をつけなければなりません。ビジネスシーンなのに真っ赤な口紅をしてきたり、香水を多めにつけて香りがきつい状態は周囲の人の迷惑になります。香水をつける場合はくるぶしに少しだけつけるなど、適切な量をつけるようにしましょう。

華美なアクセサリー

女性の場合は、メイクや香水と同じくアクセサリー選びにも注意が必要です。ビジネスシーンなどでは小ぶりでシンプルなデザインのネックレスであれば装着しても問題ありません。結婚式やパーティーなどで装着する大ぶりで輝きの多いアクセサリーは相手に派手な印象を与えるので注意が必要です。

不清潔な髪型

せっかく清潔感のある軽装スタイルに決めていても、不衛生なヘアースタイルでは服装も台なしです。たとえば、男性の場合は茶髪のロングヘアーやセットされていない髪型はNGです。女性の場合は、必ず髪の毛をまとめて後れ毛のないきっちりとしたヘアースタイルにしておくのが基本です。ヘアースタイルに清潔感がないと服装までだらしなく見えるので注意しましょう。

場面に適した軽装を選択しよう

結婚式の二次会やビジネスシーンにおいて「軽装でお越しください」と先方から指示される機会も少なくありません。軽装はややカジュアルな服装のイメージですが、その場に適したスタイルをするのが鉄則です。フォーマルなシーンではジャケットなどと組み合わせて上品で清潔感のあるスタイルに仕上げましょう。

シーン別の適した服装を知ろう

結婚式や式典などのフォーマルなシーンから普段のカジュアルなスタイルまでさまざまな着こなしがありますが、シーンや目的によってスタイルを変える必要があります。フォーマルなシーンだからといって必ずスーツやドレスということではなく、その場に応じた適切な服装を選ぶ必要があります。急な誘いがあっても困らないようにシーン別の適した服装を覚えておきましょう。

Latests