Search

検索したいワードを入力してください

「どうぞ」の敬語表現・どうぞの使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月23日

更新日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人になれば必ず使う「どうぞ」という言葉。その使い方本当にあっていますか。何気なく使っていても、もしかしたらその言葉は敬語じゃないかもしれません。知らずに間違いを侵し続けていませんか。恥ずかしい思いをする前に改めて確認してみましょう。

これって敬語なの?意外と蔑ろにしがちなどうぞの使い方

会社でのやり取りではもちろんのこと、日常生活の中でも多用する言葉といえば「どうぞ」です。年上の方や初対面の人など、使う機会はたくさんあるけれど意外と深く考えず使っているのではないでしょうか。

もしかしたら、改めて思い返してみると間違った使い方をして考えつかないところで相手に不快な思いを抱かせてしまったり、失礼な対応をしてしまっていたら大変です。悪気が無いだけに双方に癒えない傷を負ってしまう可能性があります。

あれやこれやと考えていると不安になってくるでしょう。そうなる前に今一度「どうぞ」の使い方と本当に敬語に分類される言葉なのか勉強しておきましょう。

敬語として使っているどうぞでも、その認識は本当に正しい?

「どうぞ」の使い方、敬語としての使用例など々細かいことを勉強する前に、そもそも「どうぞ」は本当に敬語として認識していいのかなど文学的な細かいことから知っていきましょう。

結論から言います。「どうぞ」は敬語ではありません。細かな分類をしていくと「どうぞ」とは敬語ではなく丁寧語になります。ですが、丁寧語は敬語の一種として扱われますので分かりやすく言うと丁寧語=敬語ということです。なんだか矛盾していると感じるでしょう。

なぜ、このような矛盾が起きるのか説明します。「どうぞ」とは丁寧語(敬語)に分類されますが、正確には丁寧語(敬語)の副詞として使われて初めて丁寧語(敬語)として機能します。

ややこしいですが、「どうぞ」単体の使用では敬語として扱われず相手に無礼を働いてしまうということだけは覚えておきましょう。

どうぞと似ている何卒の存在と使い分け

ぼんやりと「どうぞ」が単体では敬語として扱われないということを理解したところで、次は「どうぞ」と非常に似た使われ方をする何卒について知っていきましょう。いきなり完全に理解することは難しいです。焦らず、ゆっくりと覚えていきましょう。

何卒ってどう使う? どうぞとの上手く使い分けよう

何卒。読み方は「なにとぞ」となります。今更ですが再確認を兼ねてご紹介します。では、本題の何卒の使い方に入ります。何卒とは一般的に書類など紙媒体で使う言い回しとなります。絶対ではありませんが、口頭で何卒を使うことはそうないです。

逆に、「どうぞ」は口頭で使われる言い回しとなっており、口頭と文書で使い分けるのが一番分かりやすい使い分けです。さらに細かい事をいうと、何卒とは相手に心からお願いしたいときや無理を承知でお願いする時などに使うといいです。

何卒は「どうぞ」より丁寧な言葉です。上記の基本的な使い方と細かい使い方の両方を意識して使い分けていきましょう。

どうぞの敬語での使い方

「どうぞ」の敬語表現・どうぞの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

閑話休題。若干蛇足となってしまった感じがありましたが、ここから本題に入ります。早足ではありましたが、勘違いしがちな「どうぞ」と敬語の繋がり、似ている何卒との使い分け方と覚えるのが大変な部分は全て消化できました。

次は「どうぞ」の事をさらに深く掘り下げていきます。ここから先は新しい情報は少なくなる予定です。焦らず一つ一つの項目に目を通し、「どうぞ」の使い方をマスターしていきましょう。

どうぞの敬語の種類

「どうぞ」の敬語の種類、だなんて急に言われても何のことかと感じるでしょう。ですが、そんなに深く考えなくても大丈夫です。何卒と同じような似た言葉、いわゆる「どうぞ」の類語ともいえるものをいくつかご紹介します。

類語だからといって「どうぞ」と同じように使っていいのかと言うと一概に大丈夫とは言えませんが、敬語を使う際に「どうぞ」以外の選択肢を増やしておくと今後役立つ時が必ずきます。ぜひ、一つでも構いません。記憶しておきましょう。

願わくは

まず一つ目は願わくはです。読み方は「ねがわくは」となります。「どうぞ」と比べるとこちらの方が必死にお願いしている感じがあります。諦め気味もしくは可能であればといった意味合いで使う場合が多いでしょう。

どうか

字面だけを見れば「どうぞ」とよく似ています。単体の使用でも似通った使い方ができそうですが、こちらの方が自分ではできない事を強くお願いしている感じが強いです。本当に困った時以外は使わない方がいいでしょう。

くれぐれも

くれぐれも、中々使う機会は無い気がします。念を押す意味合いが含まれているので、多用すれば相手側にしつこく催促しているように感じられる可能性がありますので気をつけてください。

どうぞの使い方

「どうぞ」の敬語表現・どうぞの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「どうぞ」と類語のように似通った敬語の種類を知ったところで、次は「どうぞ」の使い方を詳しく、できるだけ具体的に紹介していきます。そんなに難しいことでもないので覚えるのは比較的簡単でしょう。

まず、始めの方(どうぞは敬語か否か)で少し触れましたが、「どうぞ」はソレ単体では敬語として機能しません。だからといって単体で使えないというわけではなく、親しい友人や家族などに何か物を渡すさいに「どうぞ、どうぞ」と言うことはあります。

これも立派に「どうぞ」の使い方としては正解なのですが、これがもし社会で、しかも年上の人や上司に使う場合になると残念ながら不正解となります。ややこしいと感じるでしょう。この違いはなんなのでしょうか。

Latests