Search

検索したいワードを入力してください

投資信託の短期売買はあり?4つのメリットと長期保有が一般的な理由

更新日:2022年04月15日

投資信託において長期保有するのと短期売買するのでは、どちらの方が良いのでしょうか。この記事はそういった疑問に対する解説や投資信託のメリットをお伝えしております。これから投資を始めてみようという方や短期投資について興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

投資信託とは?

「投資信託」とは、数々の投資家から集めたお金を1つにまとめ、大きな資金として専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券を運用し、そこでうまれた運用利益を投資額に応じて分配する仕組みの商品です。

投資信託は市場の値動きにより、運用成績が変動します。運用が上手くいき利益が出る場合もあれば、利益が得られないどころか損してしまう場合もあります。投資信託は元本割れするリスクがあるので、リスクを踏まえた上で上手く付き合いましょう。

投資信託で利益を出す仕組みとは?

投資信託で利益を出す方法は2つあります。まず1つ目は、投資信託の価格が上がることで得られる「運用益」を得ることです。これは、運用している商品を価格が上がったタイミングで売却し、利益を得るというものです。

2つ目は、分配金を受け取るという方法です。分配金とは、決算日に投資信託の収益を受け取れるお金のことです。分配金は運用する投資信託によって受け取れる回数が違います。また、分配金がない投資信託もあるので注意しましょう。

短期売買とは?

投資信託の短期売買とは、数ヶ月から1年の短期間で相場の状況をみながら売買することです。投信短期売買ではいつ購入し、いつ売却するかのタイミングが非常に重要になってきます。

なるべく底値で購入し、高値で売却することが利益を出すコツとなります。そのためには、グラフやチャートを頻繁にチェックし、売り時や買い時のタイミングを図っておきましょう。

出典:短期と長期では株の「運用方針」が異なってくる|合同会社 幻冬舎ゴールドオンライン
参照:https://gentosha-go.com/articles/-/2195

投資信託が短期売買に向いていないとされる理由

一般的に投資信託は短期売買に不向きだとされています。その理由は2つあります。リアルタイムでの取引価格が分からないということと、投資信託は手数料の種類が多いので短期売買だとコストがかさみやすいことです。

また、投資信託が短期売買に向いていないとされる背景には、長期分散投資がおすすめされていることが挙げられます。

投資信託で失敗を避ける方法として、長期で保有しリスクを分散させる長期分散投資が効果的とされています。ですので、リスクが大きい短期売買は投資信託には不向きといわれています。

1:リアルタイムでの取引価格が分からない

まず1つ目の理由、リアルタイムでの取引価格が分からないという点を詳しくみていきます。

投資信託では「基準価格」で取引され、取引価格が明確ではありません。この「基準価格」と呼ばれる投資信託の値段は、1日の内、夕方か夜間に決定されます。ですので「基準価格」だと取引したい価格で注文することが難しいのです。

2:コストがかさむ

2つ目は、コストがかさむという点です。投資信託では手数料の種類が多いといわれており、買い時に3つの手数料が発生します。購入時にかかる購入時手数料、運用期間中にかかる運用管理費用、売却時の信託財産留保額です。

これらの手数料が発生するので、売り買いを繰り返す短期売買だと非常に多くのコストがかかります。

投資信託で短期売買を行う4つのメリット

投資信託での短期売買にはデメリットが多く感じられるでしょう。しかし、投資信託で短期売買を行うことにはメリットもあります。

投資経験を積んだり、値動きや世の中の動きを把握するには短期売買の方が良かったりする場合もあります。投資初心者の方で経験を積んでみたい方はまず短期で試してみるというのもおすすめです。

ここでは、投資信託においての短期売買するメリット4つを紹介します。

1:投資の経験を積むことができる

投資初心者にとって投資するということは敷居が高く、手を出しにくいものです。投資を勉強するためにはまず一歩踏み出してみることが大事です。

勉強するという意味では、長期投資より、短期で何度か売買していった方が経験を積むことができます。特に、長期のほったらかし投資だと保有する期間が長いため売買の経験はなかなか積めません。

次のページ:投資信託で利益を上げる3つの方法

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests