Search

検索したいワードを入力してください

メモ魔の人はどんな人?メモを取ることの効果や注意点も紹介

更新日:2022年08月25日

メモ魔はただメモを取る人のことなのでしょうか。ここでは、メモがもたらす効果を理解することができます。実はあの歴史上の偉人もメモ魔だったのです。この記事を読むことで、今までメモを取らなかった人も取っていた人も、効率の良いメモ魔になることができるでしょう。

メモ魔と聞いてあなたはどんな人のことを想像しますか。
「仕事できる人」や「書き留めていないと忘れてしまう人」のことをメモ魔というのでしょうか。

また「メモを取っているけどなんとなく効率が悪くて」と思うことはありませんか。それは、メモの取り方を知らないからです。

実は有名な歴史上の人物もメモ魔だったのです。メモ魔になることで、様々なことへの効率アップにつながります。

本記事では、メモ魔になることで得られる効果やメモの取り方、注意点も併せて紹介しています。

最後まで読んでいただくことで、メモの取り方や注意点を理解することができるため、効率の良いメモの取り方をすぐに実践できます。この記事を参考に、今日からあなたもメモ魔になりませんか。

メモ魔の印象とは?

メモ魔とは、いつでもどこでもすぐにメモを取る人のことを言い、メモ魔の印象は良い印象と悪い印象の2つに分かれます。

相手に良い印象と悪い印象のどちらのイメージを与えるかで、あなたの印象は変わるのです。

始めに、それぞれどのようなイメージを与えるのか説明します。

良い印象

メモ魔の良い印象は3つ挙げられます。

1.一生懸命話を聞いてくれている
2.吸収しようとする姿勢
3.やるべきことの優先順位が分かり先回りして動ける

メモを取ることで上記のような印象を受けるため、イメージアップにつながるでしょう。

悪い印象

悪い印象は、「要点を絞らないでメモを取るため効率が悪い」「メモを取ることを優先する」「言い間違えやミス、失敗を取り上げ非難する」と言った3つが挙げられます。

このような印象は、仕事ができない人といったイメージを与えてしまいます。

メモ魔は天才なのか?

メモをたくさん取っていると頭が良さそうに見えて天才と思われがちですが、メモ魔全ての人が天才とは限りません。

メモを取らない人の中にも、普通の人と天才がいるのと同じです。

メモ魔は完璧主義が多い?

完璧主義の人はメモ魔と思われがちですが、この認識は間違っています。

メモ魔の人は記憶や情報処理として自分の脳だけでは不十分に感じるため、メモを取ることが多いようです。メモを取ることで間違った覚え方をしないためや、物事を進めていく中で重要なことを忘れないためにメモを取ります。

メモを取ることの効果

次のページ:メモ魔であったといわれる歴史上の偉人

初回公開日:2022年08月25日

記載されている内容は2022年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests