Search

検索したいワードを入力してください

【例文】調理補助の志望動機の書き方|勤務先別の志望動機

更新日:2020年08月20日

調理補助の志望動機とは、どのように記載することで好印象になるのでしょう。具体的な調理補助の志望動機の例文などをまとめて記載してみました。また、面接時における志望動機に関する対応についても記事にしてみたので参考にしてみて下さい。

調理補助の志望動機の書き方

調理補助の志望動機は他の志望動機と比べて違う点があります。それは調理補助であるので、調理のサポートをする仕事に関する志望動機であることが他と違う点です。普通であれば、仕事の名前に補助と言うのはあまり付きません。

なので、調理補助の求人があった場合、よく仕事内容を把握してから志望動機を記載するようにしましょう。求人内容によっては、調理補助でずっと仕事をしていく場合もありますが、何年かしてメインの調理担当になる事もあります。これらは、求人を出している会社によって異なります。また、実際の調理現場も様々あり実際に働いてみて分かることが多いです。

志望動機の例文

志望動機の例文としては、その会社の求人内容をよく読んで理解した上で、採用担当者がどう考えて求人を出しているか理解するところからはじまります。
例えば
「御社で、以前から興味があった中華料理の調理補助の仕事を、一から勉強してやっていきたいと強く思い、御社を志望しました。」
などがあります。

これは、勉強して一つずつ調理補助の仕事を身に付けていく姿勢が良いです。また、この文章からどれくらいのやる気があるのかも分かります。普通の人であれば消極的になりがちな、志望動機を調理補助は少し強めに表現すると効果的です。

履歴書の志望動機

履歴書の志望動機は、なぜ調理補助の仕事がしたいのかと言う理由が必要です。しっかりとした理由が記載されている履歴書であれば、採用担当者もこの人と面接をしたいと思ってくれます。また、調理補助の仕事を志望する具体的な理由もあると更に良いです。

それは、幼少の時の経験から、今でも調理に興味があってプロとして調理補助の仕事をしたいと言った内容で良いです。また、自分の学歴や職歴などと、調理補助の仕事がつながっていない人でも堂々と志望動機を記載することは重要です。

今まで営業の仕事をしてきた人でも、何かのきっかけで調理補助の仕事をしたいと思ったのであれば、正直に志望動機にそのように記載するとインパクトがあります。

面接カードの志望動機について

面接カードの志望動機は、採用担当者が面接で使用するものなので、面接でつっ込まれる内容にしない方が良いです。基本的には、履歴書と同じ内容の志望動機で問題ないです。もしも、履歴書と違う内容の志望動機を記載した場合は、質問されることもあります。

例えば、なぜ履歴書と違った内容志望動機なのかはっきりと質問されます。志望動機以外でも少しでも変わった内容を記載すれば質問の対象になります。

面接時は志望動機をどのように言えば良いか

面接の場で志望動機を発言する時は、分かり易く相手に伝えましょう。志望動機自体は、履歴書を基本としたものが良いです。ただし、面接と言っても話しをする場なので、その場の状況に応じて志望動機を分かり易く言う事も大切です。臨機応変に言い方を変えるのが大変な方は、基本となる履歴書の内容を発言すれば良いです。

履歴書とまったく同じ志望動機を言っても大丈夫ですが、余裕のある人は言い方を工夫してその場に合わせましょう。また、志望動機の話しになると、色々な話しに発展することがあります。例えば、あなたの経験に関してより具体的な質問をしてくる会社もあります。そのような時に対応できるように、志望動機から予想出来る質問について事前に準備しておくと良いです。

勤務先別の志望動機

勤務先別に志望動機を変える必要はありますが、基本となる内容はあまり変わりません。はじめに求人内容を見て、その会社の仕事内容を具体的にイメージします。その仕事内容に対して自分の志望動機がどのように聞こえるかを考えてみることです。

調理補助の仕事で共通することは、皿洗いなどの仕事です。最近では、自動で食器などを洗浄する機械もありますが、それでも人が手であらう機会が多いです。その皿洗いなどの調理補助としての仕事を、積極的に出来るような人を採用したいと採用担当側は考えているので、志望動機にもそのような内容を記載すると好印象です。

老人ホームの場合

老人ホームでは、調理補助の仕事は他の調理の仕事とはそれほど変わりませんが、老人に健康的な食事を提供する必要があります。
なので、老人ホームの志望動機としては
「老人ホームを利用されている方にとって、健康的な食事を提供できるような調理補助の仕事がしたくて御社を志望しました。」
などが良いです。

また、老人ホームで出される食事は体に良い食事が多く、塩分や油の量は特に気を使います。このあたりに対してちゃんとした意識があることが大切で、志望動機でもそのような事を確認してきます。志望動機としては、老人ホームの調理補助の仕事のポイントを知っておく必要があります。

社員食堂の志望動機

社員食堂の調理補助の志望動機はどのようなものでしょう。それは、社員食堂の特徴である昼食時における、忙しい時間帯にも対応できる必要があります。
なので、志望動機として
「社員食堂で、昼食時などの忙しい時間帯もてきぱきと調理補助としての仕事をしたいと思い御社を志望しました。」
となります。

これは、特に社員食堂では重要なことで、忙しい時に力を発揮できる人を採用しようとします。また、経験があまりない人でも、「一日でも早く戦力になれるように全力で頑張ります」と言えば採用担当所の印象も良いです。

給食の場合の志望動機

給食の場合の料理補助の志望動機には、安全な給食を提供できるかどうかがポイントとなります。他の食事補助とは違って、主に子供などに給食は提供されます。
ですので、志望動機としては、
「常に安全でおいしい給食を提供できる調理補助のスタッフとして業務をしたいと思い御社を志望しました。」
などが良いです。

簡単な内容ではありますが、採用担当者が一番気にしている安全性についての志望動機なので、ポイントが高いです。もしも、安全性に関しての内容が無かったりすれば、イメージはあまり良くないものになるでしょう。給食の調理補助とは、子供が食べるものを提供する仕事なのでその責任をよく理解しておくことです。

次のページ:調理補助とはどのような仕事で、どのような志望動機が良いか

初回公開日:2017年09月08日

記載されている内容は2017年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests