Search

検索したいワードを入力してください

出戻り転職における志望動機の例文とは?状況別・職種別に紹介

更新日:2022年09月08日

出戻り転職をする際の志望動機は、どのように書けばいいのかをご存知でしょうか。本記事では、出戻り転職をする際の志望動機を職種ごとに解説しています。職種だけでなく、状況によっても違いが生じるため、出戻り転職の志望動機の書き方に困っている人は、ぜひご覧ください。

「そもそも出戻り転職って何?普通の転職とは何が違うの?」
「出戻り転職を決めたけど、志望動機はどう書けばいい?例文が知りたい」
「志望動機に書いた方がいいことと、書かない方がいいことってあるの?」
このように、出戻り転職とは何のことか分からない人や、出戻り転職の際の志望動機の書き方で悩んでいる人はいませんか。

本記事では、出戻り転職の際の志望動機の書き方を、状況や職種ごとにわかりやすく説明しています。例文を用いて説明しているため、そのまま使うことも可能です。

この記事を読むことで、志望動機に書いた方がいいこと、書かない方がいいことを把握することができるため、実際に志望動機を書くときに役立つでしょう。

志望動機を書く際のポイントを知りたい人や、これから出戻り転職で志望動機を書く予定がある人は、ぜひチェックしてみてください。

出戻り転職とは?

「出戻り転職」とは、1度辞めた会社に、再び就職することをいいます。

新たな就職先を見つけたものの、再び前の会社で働きたい人や、結婚や出産、親の介護の関係で、やむを得なく辞めることになったけど、また以前の会社で働きたいという人など、出戻り転職の状況は人それぞれです。

ブランクは生じてしまいますが、1度勤務していた会社に再就職ということで、新しいことを1から始めることは少ないでしょう。

出戻り転職における志望動機の書き方

では、出戻り転職をする際の志望動機は、一体どのように書けばいいのでしょうか。1度は辞めてしまった会社でも、自身を上手くアピールすることで、好印象を与えることが可能です。

ここからは、出戻り転職における志望動機の書き方のポイントをご紹介します。

出戻りを決意した志望動機を明確に伝える

1度は辞めた会社に再び戻るということは、それなりの思いがあって出戻りを決意する場合が多いでしょう。なぜ再びこの会社で働きたいと思ったのかを明確に伝えることがポイントです。

志望動機をはっきりと相手に伝えることで、さらに説得力が増して、意欲を伝えることができます。

前職で身に付けたスキル・経験を活かす方法を具体的に示す

前職で身に付けたスキルは、自身にとってプラスになります。

1度は辞めてしまった会社で、信頼度が落ちてしまっている場合もありますが、前の会社で経験値を上げ、力を付けたことや、入社してから何ができるのかを伝えると、さらに印象アップに繋がるでしょう。

新たな気持ちで仕事に取り組むことをアピールする

自身の能力を自尊せず、謙虚に、新たな気持ちで仕事に取り組みたい意思を示すと、相手に良い印象を与えるでしょう。

出戻り先の仕事の経験がある場合は能力に自信を持ってしまいがちですが、採用か不採用かを決める場合はあくまで企業側のため、謙虚な姿勢になることも大事です。

離れて気付いた会社の魅力を盛り込む

実際に近くにいると気づかないことでも、離れてみてようやく気づくこともあります。別の会社、職業で働いてみて、改めて感じたことや気づいた魅力を盛り込むことで、真剣さが伝わるでしょう。

しかしここで注意するべきポイントは、不満やネガティブな印象を与える発言をしないことです。ここで不満を伝えてしまうと、また辞めてしまうのではないかと不安を与えることになり、好印象ではなくなります。

あくまでポジティブな内容を盛り込むようにしましょう。

【状況別】出戻り転職における志望動機の例文

人によって、会社を辞めた理由はそれぞれ違います。他の仕事をしたくて辞めた人もいれば、介護や育児などやむを得なく辞めた人もいるでしょう。

自身がどのような状況で辞めることになったのかは、出戻り転職で履歴書に志望動機を書く際には重要なポイントです。また例文に沿って、自身に合わせた内容に変えて、自然な文章を作り上げることもできます。

ここからは、志望動機の例文を状況別に確認していきましょう。

次のページ:【職種別】出戻り転職における志望動機の例文

初回公開日:2022年09月08日

記載されている内容は2022年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests