Search

検索したいワードを入力してください

整形外科の医療事務の志望動機の例文|面接で話すときのポイントも紹介

更新日:2022年10月03日

整形外科の医療事務の志望動機の書き方で悩んでいる方は多いのでは多いのではないでしょうか。ここでは医療事務の志望動機の書き方や面接のポイントを紹介しています。医療事務の志望動機の書き方で困っている方やこれから書く予定がある方はご覧ください。

「医療事務の主な仕事内容とは?」
「整形外科の医療事務の志望動機を書く前に考えておくべきことにはどんなことがあるの?」
「整形外科の医療事務の志望動機の例文が知りたい」
整形外科の医療事務の志望動機の作成を考えている方は上記のような疑問をもっているのではないでしょうか。

この記事では特に整形外科の医療事務で働きたいという人に向けて、志望動機や志望動機の例文、面接で話すときのポイントを紹介しています。

採用の確立を上げるためには、志望動機の書き方や面接での話し方はとても大切なポイントとなります。

本記事を読むことで整形外科の医療事務になるための志望動機の書き方が把握できます。

整形外科への医療事務に向けて就職活動をする際に、ぜひここでの記事を参考にしてみて下さい。

医療事務の主な仕事内容

医療事務とは、病院やクリニックといった医療機関の事務職のことを言い、具体的には次の3つが代表的な業務です。

1つ目は受付、会計業務です。病院に来院した患者さんの受付、診察が終わった患者さんの診察料の計算と会計などを担当します。それ以外にも、患者さんが初診の場合は、健康保険証を預かって、診察券やカルテを発行しなければなりません。

2つ目はクラーク業務です。外来クラークの場合は、患者さんと医療スタッフ間の事務作業全般を担当します。具体的には、患者さんの検査データ、レントゲンやカルテの準備、患者さんの呼び出しなどです。

病棟クラークの場合は、入院病棟で医療スタッフをサポートします。具体的には、入院手続きや書類の受付、病室の手配、入院患者のカルテ管理や名簿作成などがあります。また、食事、手術・検査スケジュールの予定管理の対応もしなければなりません。

3つ目はレセプト業務です。レセプト業務とは「診療報酬明細書」を作成して、「国民保険団体連合会」又は「社会保険診療報酬支払基金」に提出して審査を受けます。その審査で問題がなければ、市区町村、共済組合や健康保険組合に診療報酬を請求するという業務です。数字への正確さが求められます。

整形外科の医療事務の志望動機を書く前に考えておくべきこと

整形外科の医療事務の就職・転職活動に向けて、書類選考を通過できる志望動機を書くためには、事前に考えを整理しておいた方が良いポイントがあります。

考えが整理されていない時点で志望動機を書いてしまうと、採用担当者に良い印象を与えられないだけではなく、マイナスの評価となり、書類選考を通過できない場合も少なくありません。

志望動機を書く際には、ここでの情報を参考にして対応してみましょう。

なぜ整形外科の医療事務として働きたいのか明確にしておく

医療事務は、整形外科病院やクリニックに限定されている職種ではなく、整形外科以外の病院やクリニックでも働くことができます。

なので志望動機では、なぜ整形外科の医療事務として働きたいのか、という点を明確にしておかなければなりません。

整形外科病院やクリニックの中には、リハビリのサポートを医療事務スタッフに任せる場合があります。そのような病院で、患者さんのリハビリサポートをしたいといった、病院の特徴をとりまぜた志望動機を書くと効果的です。

また、家族や親戚などが実際に整形外科に通院した時のエピソードなどがあれば、志望動機の導入に盛り込むと、志望動機が書きやすくなります。志望動機を書く際には、そのような具体的なエピソードがなかったか、振り返ってみましょう。

自分の強みの活かし方を考えておく

自分のスキル、能力や経験が、就職希望先の整形外科病院やクリニックでどのように活かせるのか、考えてみましょう。

例えば、整形外科は怪我で来院される患者さんが多いので、院内で患者さんが転倒しないように支えるといった体力が必要となります。日頃から体を鍛えているといった、体力に自信がある点を強みとしてアピールできるでしょう。

またリハビリを補助する際には、介護の経験を活かせます。このような経験も自分の強みとして、採用担当者に伝えられます。

採用担当者が興味を持つ点は、あなたが医療事務スタッフとして働いた時に、病院やクリニックにどのようなメリットを与えられるかです。そのような点を分かりやすく積極的に伝えられるよう、自分の強みとは何かを整理しておきましょう。

なぜその職場を選んだのか理由を明確にしておく

志望動機として、数ある整形外科病院やクリニックの中から、なぜそこを就職希望先として選んだのかを、説明できるようにしておきましょう。

この点が志望動機の中で説明されていないと、この応募者は整形外科病院やクリニックの医療事務として就職さえできれば、どこの病院やクリニックでも良いのでは、といった印象を採用担当者に与えてしまいます。

例えば、受付・会計事務だけではなく、リハビリ補助として患者さんをサポートできるチャンスが多くある病院なので就職希望先とした、病院の規模が大きく多くの患者さんのサポートができるなど、その病院をどうして選んだかという理由を志望動機に含めて、伝えることができるようにしておきましょう。

家から近い、待遇面が良いという点も、その病院やクリニックを選んだ理由に含まれるかもしれません。ですが、就職先として選んだ理由としてはマイナスの評価につながる可能性があります。このような理由の記載は避けるようにしましょう。

キャリアプランを明確にしておく

就職先に選んだ整形外科病院またはクリニックで実現したい、具体的かつ長期的なキャリアプランを設定しておきましょう。

この点を志望動機として明確にしておけば、採用すれば長期的に働いてもらえる、長いスパンでのキャリアプランを持っているやる気や熱意のある人という点を、採用担当者に伝えられます。

採用担当者は、就職後すぐに退職してしまいそうな人を採用したいとは思っていません。長期的に働いてもらいたい、という要望にマッチしている人材であることをアピールできます。

また、長期的なキャリアプラン、例えば、10年以内に管理職を目指すなどといったプランを伝えることができれば、採用担当者に良い印象を持ってもらえるかもしれません。

医療事務スタッフとして、将来なりたい姿を思い描いておきましょう。

整形外科の医療事務の志望動機の例文7選

ここでは、志望動機の例文を紹介します。

志望動機では、実際に経験のある過去の出来事と関連づけてみたり、病院の取組みや方針などに共感する点を伝えたり、自身のスキルがクリニックや病院に役立つといった点や医療事務への熱意などをつたえると効果的です。

ここでの例文を参考に、志望動機を考えてみましょう。

次のページ:整形外科の医療事務の志望動機として向かない内容

初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests