Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月02日

履歴書を持参する場合の封筒マナー・添え状の書き方・渡し方

履歴書を持参する場合には封筒マナーがあるので、充分に気を付けましょう。封筒マナーをしっかりとわかっていないと、面接官からの印象を下げる事に繋がります。面接官からの印象を少しでも下げたくないならば、封筒マナーに重点を置く事が大切です。

履歴書を持参する場合の封筒マナー

履歴書を持参する場合の封筒マナー・添え状の書き方・渡し方

履歴書を持参する場合には、封筒を使う事が一般的です。封筒に入れないと、会社に対する礼儀が無いとみなされるので充分に気を付けましょう。この機会に履歴書を持参する際の封筒マナーを見て、覚えておくと今後の自分のためになります。今の内に封筒マナーを知っていれば、全く困る事は無くなり、相手からの印象を下げずに済みます。

相手の会社の人も、履歴書をどういう風に持参するかを細かく見ています。その際に封筒マナーも厳しく確認するので、なるべく軽視しない方が良いでしょう。少しの間違いで自分の印象が下がる事はかなり勿体無いので、できる限り適切な行動を心掛ける事が大事です。それがこれからに繋がってきて、自分を助けてくれます。

のり

履歴書を持参する場合の封筒マナーの1つ目は、のり付けをしない事です。封筒を持参する時にのり付けをすると、開封の手間を相手にかけさせる事になります。その他にも、履歴書などの書類を持参する際のマナーを知らないと相手に思わせて、印象を下げる事に繋がります。そのため、履歴書を持参する場合には絶対に封筒ののり付けをしないようにしましょう。

採用担当者がすぐに履歴書を確認する事もあるので、そういう時の事を考えると、のり付けはいらないとわかります。のり付けは細かい部分だけれど、こういう所も採用担当者は確認しています。したがって自分の事だけではなく、相手の事もしっかりと頭に入れる事が大事です。そうすれば、のり付けをするかどうかにも考えが回り、適切な判断ができます。

宛名

履歴書を持参する場合の封筒マナーの2つ目は、宛名は書かなくても大丈夫です。封筒の左下に赤色のペンで「応募書類在中」(応募書類が履歴書だけの場合は「履歴書在中」)と書いて、資格の枠で囲めば大丈夫です。このように記載すれば、採用担当者が後で応募書類を見る際に、封筒の中身に何が入っているかを一目で確認できます。

封筒の表に宛名を書かなくても良いけれど、裏に自分の住所と氏名を忘れずに記入する事が重要です。誰の履歴書かがわからなくなるといけないので、封筒の裏にちゃんと書きましょう。そうすれば採用担当者も混乱せずに済み、履歴書を充分に読み込む事ができます。

茶封筒

履歴書を持参する場合の封筒マナーの3つ目は茶封筒にせずに、白い封筒にする事です。相手に重要な書類を渡す時には茶封筒が良いと考えがちだけれど、履歴書の場合は違います。履歴書を入れる封筒は白と決まっていて、茶封筒に入れると、封筒のマナーが分かっていないと採用担当者に思われます。そのため、履歴書を入れる際には意識的に白の封筒にしましょう。

履歴書を持参する場合の添え状の書き方

履歴書を持参する場合の封筒マナー・添え状の書き方・渡し方

履歴書を持参する場合の添え状の書き方と書いたけれど、履歴書を持参する際には添え場を書く必要は無いです。添え状は、元々応募書類を郵送する時に封筒の中身が何かを記載する物です。そのため、履歴書を持参する時に添え状を持って行っても、あまり意味は無いです。もし、履歴書を持参する機会があれば、添え状の事は考えなくても良いでしょう。

履歴書を持参する場合の渡し方

履歴書を持参した時には、受付の人か採用担当者にその履歴書を渡さなければいけないです。その際に、渡し方には細心の注意を払いましょう。履歴書を持参する場合の適切な渡し方があり、それをできるかどうかと言う所も相手はしっかりと見ています。渡す所から自分の行動は見られているので、充分に意識する事が大切です。

履歴書の渡し方一つで、相手の印象は違ってきます。そのため、今からでも全く遅くないので、履歴書の持参する場合の渡し方を学びましょう。やり方を覚えれば、誰でもできるようになるので心配はいりません。

面接

面接の時の履歴書の渡し方は、まずは面接官の目の前で封筒から履歴書を取り出します。次に、クリアファイルに入れたまま封筒に重ね、面接官の読みやすい向きで渡します。この方法を行えば、印象を全く悪くする事は無いです。そのため、事前に何回も練習しておき、本番で慌てずにできるようにしましょう。

面接の際に渡すタイミングとしては、面接官から指示があった時で大丈夫です。この場面では自分から積極的に動くのではなく、面接官の支持を待つ方が賢明です。

受付

受付の時の履歴書の渡し方は、履歴書を封筒に入れたまま相手の読みやすい向きで出す事です。封筒のまま渡す事で、面接官の元に届くまでに履歴書が折れる事や汚れる事を防ぐ役割を果たします。受付から面接官の物に届く間に何が起こるかがわからないので、そういう所も意識する事が重要です。

履歴書を持参する場合のクリアファイルの選び方

履歴書を持参する場合のクリアファイルは、無色透明が適しています。無色透明のクリアファイルは他の色よりも無難で、清潔感を与える事もできます。その他にはビジネス向きの色でもあり、履歴書を持参する際にはかなり合っています。そのため、クリアファイルの色にも気を付けて、無色透明の物を用意する事が大切です。

無色透明のクリアファイルを選ぶ時には、100円均一ではなく、文房具屋や大きな店の文房具コーナーの物にしましょう。100円均一の物は綺麗な透明な物が無い事が多いので、文房具屋や大きな店の文房具コーナーの物の方が信頼できます。したがって、どこで選ぶかも注意して、できる限り良い無色透明のクリアファイルを手に入れましょう。

履歴書が持参かどうか電話で確認するべきか

履歴書が持参かどうかがわからない際には、電話で確認する方が良いでしょう。履歴書に関わる事は自分で判断するよりも、相手の会社に聞く事が大事です。自分勝手に間違った判断をすると、相手からの印象をかなり下げる事になります。そうなると、希望の会社でも内定を貰えるチャンスが極めて低くなるので、充分に注意しましょう。

履歴書の持参に関する事を電話で確認しても、自分の印象を悪くする事はありません。面接などにも支障をきたす事はないので、あまり心配しなくても良いでしょう。自分の判断だけで決める事が最もいけないので、そこだけは細心の注意を払う事が大切です。

ハローワークの紹介状と履歴書持参する場合の注意点

ハローワークの紹介状と履歴書を一緒に持参する場合の注意点は、ハローワークの紹介状を上にする事です。ハローワークの紹介状と履歴書のどちらを上にするかで迷う人が割と多いけれど、この際に覚える方が自分のためになります。

採用担当者はハローワークの紹介状と履歴書の順番もしっかりと見ていて、そこから面接はもう始まっています。細かい所まで意識する必要があり、大変だけれど、ハローワークの紹介状と履歴書の順番にも意識を張り巡らしましょう。

履歴書を持参する場合封筒は必要か

履歴書を持参する場合の封筒の必要性は、状況別で違います。どれも同じと判断せずに、履歴書を持参する際に本当に封筒が必要かを前もって確認する事が重要です。間違った行動により、面接を落とされては元も子もないので、充分に気を付けましょう。事前に確認すれば、間違った行動をせずに済み、面接もしっかりと受ける事ができます。

バイト

バイトでの履歴書を持参する場合には、封筒はあまり必要ないです。バイト先の会社が履歴書だけで良いと言う所が多く、封筒に関しては指定が無いです。細かい部分はそれぞれのバイト先の会社で違うけれど、履歴書だけで良い所は封筒に入れて持っていかなくても良いでしょう。したがって、バイトに関しては封筒の事まで考えなくても大丈夫です。

新卒

新卒での履歴書を持参する場合には、封筒が絶対に必要です。封筒にしっかりと履歴書を入れていないと、マナーがなっていないと面接官に思われます。かなり厳しい会社ならば、履歴書を封筒に入れていないだけで落とす事もあります。したがって、新卒の場合は封筒に履歴書を入れる事を決して忘れずに、本当に入れてあるかを事前に何回も確認しましょう。

転職

転職での履歴書を持参する場合には、新卒と同じように封筒が必ず必要です。転職に関しても、一般的な社会の常識が適応されます。そのため、履歴書を持参する際には封筒はなくてはならなく、本当に大切です。本当に転職をする人は封筒も忘れずに準備して、相手の印象を下げないようにしましょう。

封筒の大事さ

履歴書を持参する時には、特に封筒が大事です。封筒が果たしている役割は非常に大きいので、改めでどれぐらいの役割があるかを確認すると良いでしょう。実際に確認すれば、封筒のありがたみがわかります。封筒のありがたみがわかれば、使い方にも変化が出て、より大事に扱うようになります。

封筒マナーで注意する事

履歴書を持参する場合の封筒マナー・添え状の書き方・渡し方

封筒マナーで注意する事はいくつかあるので、まだ知らない人は今の内に覚えておくと良いでしょう。注意する事を現時点で覚えるかどうかで、どこまで封筒マナーを徹底できるかが違ってきます。少しでも面接官の印象を良くしたいならば、封筒マナーで注意する事を覚える所から始める事が大切です。

注意する事1

封筒マナーで注意する事の1つ目は、宛名や自分の住所、名前をどこに書くかです。宛名や自分の住所、名前の書く所は決まっているので、封筒に書いた事が無い人は特に気を付けましょう。変な所に書くと、それだけで面接官からの印象をかなり下げるので、宛名や自分の住所、名前をしっかりと理解する事は極めて重要です。

注意する事2

封筒マナーで注意する事の2つ目は、状況別での使い方を把握する事です。封筒の使い方は状況別で違うので、しっかりと把握する事が大切です。履歴書を持参する時と郵便で出す時での封筒の使い方にも異なる所が多く、充分に把握していないと間違える事が多いです。よって、少しでも間違いを減らしたいならば、状況別での使い方の把握を意識しましょう。

履歴書を持参する場合の封筒マナーを理解しましょう

履歴書を持参する場合には、封筒マナーをしっかりと理解する事が大切です。封筒マナーがどういう物かを分かっていないと、履歴書を上手く渡す事ができます。面接官は履歴書に書いてある事だけではなく、封筒マナーも見ているので充分に気を付けましょう。封筒マナーで、相手からの印象を下げないように前もって確認をする方が良いでしょう。

履歴書を持参する際の封筒マナーは割と多いので、順を追って覚える事が大事です。一気に覚えようとすると、中々頭の中には入らないです。封筒マナーの覚え方にも順番があるので、そこをしっかりと意識しましょう。

Latests