Search

検索したいワードを入力してください

【倉庫業】志望動機の書き方・例文とコツ|履歴書や面接時

更新日:2020年08月20日

倉庫業の志望動機を記載する時のコツについて記事にしてみました。どのような志望動機を記載すれば採用担当者を納得させる事ができるのでしょうか。具体的に倉庫業の履歴書や面接時における志望動機についてまとめてみたので参考にしてみて下さい。

倉庫業志望の際の志望動機の書き方

倉庫業の志望動機は、特に倉庫業の仕事内容を把握していなくては記載することが難しいです。倉庫業とは複数の仕事内容があり、品質管理をする仕事もあれば商品を運ぶ仕事もあります。どの仕事に応募するかによって志望動機の書き方は変わってきます。

基本的には、長期間同じ倉庫内で作業をしていても大丈夫な人を採用するので、志望動機としては、倉庫内の作業が好きで体力的にも問題ないような内容を記載することになります。また、倉庫業の仕事の経験が少しでもある人は、その経験をいかして品質の高い倉庫業の仕事をしたいと志望動機で書けば良いです。

志望動機を記載する前に、自分が本当にしたい仕事とは何なのか一度考えてみることも良いです。客観的な視点で考えることで色々な事が見えてきてより良い志望動機を記載することも可能です。

してはいけない志望動機の書き方

してはいけない倉庫業の志望動機としては、寒い環境が苦手な事や暑い場所が駄目な内容は記載してはいけません。言ってみれば倉庫業と言うのは、冬は寒い中で一生懸命やる仕事であり、夏は汗をかきながら仕事をします。その事を理解していない応募者は、書類審査通過は難しいでしょう。

直接的に暑いのが苦手であると言わなくても、ニュアンスで相手に伝わってしまう時があります。これも結果としては書いてはいけない志望動機です。また、他の人が良く記載するであろう内容を志望動機にしても駄目です。

本気で倉庫業の仕事を希望するのであれば、自分の経験から記載できる志望動機があります。それがなくて、ありきたりの志望動機にすれば、採用担当者は本気で倉庫業を受けていないことに気が付きます。

倉庫業の志望動機のポイントとは

倉庫業の志望動機では、色々な仕事を任されても積極的にやっていける姿勢が大切です。具体的には、入社してからすぐに様々なセクションにまわされてはじめてやる仕事ばかりの環境でも仕事を続けることが出来るかが大切です。

したがって、志望動機としては、「倉庫業に関わる多くのセクションで色々な経験を積んで品質の高い仕事をしていきたいので御社を志望しました。」などが良いです。これを採用担当者が読んだら、前向きな姿勢を評価してくれます。少なくとも他の人とは違った志望動機に見えるので好印象です。

倉庫業の志望動機は、入社してからのあなたが問題なく仕事をしていく姿がイメージできる必要があります。逆に言えば、それが具体的にイメージ出来る志望動機であれば、面接を受ける機会も与えられます。

他の業種との志望動機の違い

他の仕事と比べると、倉庫業はかたい印象のある仕事です。それは悪い意味ではなくて一つ一つ確実に業務をこなしていく仕事です。倉庫業とは倉庫の中の管理や品質管理の仕事などがあります。品質管理の仕事であれば、ずっと倉庫内で商品の管理をする仕事になります。

そのため志望動機としては、なぜ倉庫業を希望しているかが明確である必要があります。また、出来れば応募している会社をなぜ志望しているかも記載出来ればなお良いです。倉庫業の求人はけっこうあるのでその中からなぜその会社を志望しているかが大切です。また、似た様な仕事として工場内作業の仕事もありますが、これは厳密にはかなり違いがあります。

工場では、何かの商品を生産していることが多く倉庫業とは相当違いがあります。このあたりもしっかりと分けて理解していることも良い志望動機を記載するのに必要なことです。

倉庫業の志望動機例文

倉庫業の志望動機としては、色々なパターンがあります。一番普通の志望動機としては、「私は、もともと物を整理するのが好きで御社に入社して御社で取り扱っている商品を倉庫内で管理するような仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。

普通の内容ではありますが、この内容にはその人の性格やしっかりとした志望の動機が含まれています。また、記載するスペースがあればその会社を志望している理由も志望動機で言えれば良いです。また、パレットに積んである商品を倉庫業として整理する業務も、商品を整理することが好きであると言ったり、フォークリフトの操作が得意であると言えば良い志望動機になります。

履歴書の志望動機例文

履歴書に記載する倉庫業の志望動機は、履歴書のスペースを考えてPRになる志望動機にしましょう。具体的には、「以前から興味のあった倉庫業のスタッフとしての仕事を品質にこだわって長期にわたってしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。

このような志望動機は限られたスペースの中に上手にまとめる必要があります。できれば余計な内容はさけるようにしましょう。また、面接と履歴書の志望動機の違いは、基本的にはありませんが、履歴書の志望動機が基本となる為自分なりに良く考えて志望動機を記載するようにしましょう。

それは、面接で同じような内容の志望動機を発言した時に、採用担当者からきびしい質問があまりされないような内容にするのがポイントです。自分でつくった志望動機で苦しむ必要はないです。

面接時の志望動機例文

面接時の志望動機は、倉庫業であっても履歴書の内容とほぼ同じで良いです。ただし、場の雰囲気を考えて変えた方が良いと判断した時は柔軟に対応すると良いです。倉庫業の面接の志望動機例としては、「求人内容にある倉庫業における品質管理の仕事を一つずつ学び、一生仕事としてやっていきたいと思い御社を志望しました。」などがあります。

ポイントとしては、面接だからといって特に構える必要はないです。ただし、この発言に対して、予想される質問としては、なぜ品質管理の仕事なのかと聞かれることです。回答としては、「品質管理の仕事でなくでも良いですが、出来れば品質管理を志望します。」と言える余裕が大切です。いわゆる普通の会話をしている時でも人は自然に柔軟な対応をするものなので、面接でも同じように対応出来れば良いです。

新卒で倉庫業志望の場合の書き方のコツ

新卒の時の倉庫業の志望動機の書き方は、どの程度倉庫業を理解しているかによって相当違いが出てきます。もちろん倉庫業などの経験がない人はほとんどなので、情報収集して具体的な倉庫業のイメージをもつことが重要です。

また、倉庫業や工場などでアルバイトをした事のある人は、それらの経験から実際に自分が倉庫業の仕事についた時にどのようなものか具体的に考える事が大切です。

志望動機の書き方のコツとしては、経験が全くない人は倉庫業における現場での仕事を想像してどのような志望動機が良いか決めることになります。倉庫の中での仕事に興味があるのであればそれを掘り下げて志望動機にするのもよいです。

さらに、倉庫内でのピッキング作業をしたいと思ったのであれば学生の頃からピッキングの仕事に興味があったので志望しましたと記載しましょう。ここでいうピッキングとは、倉庫内で決められた商品を一つ一つ集める仕事の事を言います。

何が新卒でPRとなるか

新卒でPRになる志望動機とはどのようなものでしょうか。一つとしては、アルバイトで倉庫業の経験がある人は、その経験を志望動機に記載することはとても好印象です。それが、どんなに小さな経験であっても倉庫業のアルバイトを経験したことになるので採用担当者もあなたに興味を持つでしょう。

新卒で倉庫業を希望する場合は、あってはならないミスマッチが結構あります。入社した後にこんなはずではなかったと思う事があります。なので、志望動機を記載する時によい機会なので自分に倉庫業が本当に合っているのか再度確認することも大切です。

新卒の場合は、倉庫業の多くのことを理解することは難しいです。実際にアルバイトでやった事があってもどの程度まで倉庫業を理解できるかは人によって違います。

採用担当者からみた新卒の志望動機

採用担当者から見た時の倉庫業の志望動機とは、長いこと倉庫業の仕事を続けられるかを見てきます。理由としては、倉庫という環境の中で長時間拘束されて仕事をしても大丈夫なのか確認してきます。倉庫の中は人によっては耐えられない環境であったりもするので入社前の段階で、問題がないか聞いてきます。

その為、志望動機もどの程度倉庫内で作業をしたいと思っているのかが重要になってきます。また、寒かったり暑かったりする環境で倉庫内作業をすることも採用担当者は気にしてきます。これは、志望動機の中で倉庫業に対する意気込みなどから基本的なやる気を見てきます。

次のページ:より良い倉庫業の志望動機の書き方

初回公開日:2017年09月08日

記載されている内容は2017年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests