Search

検索したいワードを入力してください

眼科の志望動機の書き方と例文|看護師/医療事務/視能訓練士

初回公開日:2017年10月06日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「眼科の志望動機」をテーマにして、眼科の志望動機の考え方や例文をご紹介しています。また、眼科の各ポジション・職種別に、志望動機を考える際のポイントやコツについても考察しているので、ぜひ志望動機を考える際の参考にしてみて下さい。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

眼科で働くには?志望動機の考え方・例文

就職活動や転職活動で企業へ入社したり職場に採用してもらったりしようとする場合、ほとんどのケースで最低でも1回は、志望動機について述べる機会があると予想できます。志望動機は、自分がその職業や業界、職場や企業で働きたい理由を表現する、重要な項目です。志望動機だけで採用・不採用が決定するわけではありませんが、志望動機が選考の結果に大きな影響を及ぼすこともあります。

志望動機を考える際は、志望企業や職業、業界などによって、内容を変えていく必要があります。志望している企業や職業、業界に合った志望動機を述べることで、高評価に繋がる可能性もあるのです。

今回は、「眼科」をピックアップして、「眼科の志望動機」というテーマで、志望動機の考え方や例文をご紹介していきます。

眼科の志望動機の考え方・書き方

早速、眼科で働きたい場合の、志望動機の考え方や書き方について考察していきます。志望動機を上手く考えることができると、自分の長所をアピールすることができたり、短所をカバーできたりする可能性もあります。眼科で働く為により良い印象を持ってもらえるような志望動機を考えていきましょう。

眼科の志望動機の考え方【1】:志望するクリニックならではの内容にする

志望動機は、就職活動・転職活動をする上で、何度も述べることになる可能性があります。その為、1回考えた志望動機を、他の企業やクリニックを志望する際に使い回すという方もいらっしゃるでしょう。しかし、志望動機を使い回すことは、おすすめできません。志望する企業やクリニックによって、好まれる志望動機の内容が異なる為です。

例えば、Aクリニックでは接客や患者への対応を重視しており、Bクリニックでは仕事の効率などを重視していた場合、Aクリニックの方針に合わせて患者への接客などについてアピールしている志望動機をBクリニックの応募書類や面接で述べても、Bクリニックから高評価を得ることは難しいでしょう。このように、病院やクリニック、企業などによってどのような人材を求めているかは異なります。ですから、志望動機の内容も、各クリニックに合わせて考えることをおすすめします。

眼科の志望動機の考え方【2】:自分を採用した場合のメリットを説明する

眼科の志望動機において、そのクリニックや病院で働きたいという熱意を伝えることは大切ですが、熱意ややる気だけをアピールするだけでは、物足りない場合もあります。具体的に、自分を採用することでどのようなメリットがあるのかについても述べると良いでしょう。自分を採用するメリットについて、具体的に述べることで、採用担当者も採用後のイメージを考えやすくなり、採用しやすくなる可能性があります。

眼科の志望動機例文

続いて、眼科で働きたい場合の志望動機について、いくつか例文をご紹介していきます。例文は、あくまでも例である為、自分のキャリアやスキル、個性をアピールできるものを新たに考えていく必要があります。しかし、どのような要素や内容を盛り込めば良いのか、眼科への志望動機を考える際の構成などの参考にしてみて下さい。

眼科の志望動機例文【1】:履歴書

この度、私が貴院への就職を志望致しましたのは、貴院の「患者優先」という方針に共感した為です。以前、私自身が眼科で診察を受けた際に、クリニックの受付の方々が大変親身になって下さいました。その時は、瞳に疾患を抱えており、大変不安でしたが、クリニックの方々に優しくして頂き、とても安心して診察や治療を受けることができました。その時の経験を通して、私も患者に優しく接し、安心させるような働き方がしたいと思うようになりました。患者への対応を優先している貴院であれば、そのような働き方ができると思い、志望致しました。

眼科の志望動機例文【2】:面接カード

前職では、歯科医院の受付として、〇年間勤務しておりました。その際は、患者への接し方について徹底するよう指導を受けており、疾患や症状があり不安な思いを抱えてクリニックへいらっしゃる方々の気持ちを考えて接するよう、口調や話し方にも意識しておりました。歯科と眼科では、分野こそ異なりますが、歯も目も、どちらも生活をしていく上で大切なものだと思っております。前職の経験で得た受付としての知識や経験を活かして、貴院でも患者の気持ちを考えた受付業務・接客をして参りたいと思います。

眼科の志望動機例文【3】:面接

人の身体には、さまざまな器官や部位が存在しますが、物を見る能力が備わっている部分は、瞳だけとなっています。瞳は、私達が物を見るのに、欠かせない大切な部位です。そんな瞳を、健康ですこやかな状態に保つことは、人々が安心して豊かに暮らしていくことに深く繋がっていると思っております。前職では、眼科で受付を〇年間しておりましたが、それらの経験を活かし、御社で患者の瞳の健康を守るお手伝いをしていきたいと思い、この度志望致しました。

職種別!眼科の志望動機のポイント

眼科といっても、職種やポジションはさまざまです。どのような職種やポジションで就職したいのかによっても、志望動機で語るべき内容は変わってくるでしょう。

そこで続いては、眼科の職種やポジション別に、志望動機を考える際のポイントについて考察していきます。

職種別志望動機のポイント【1】:看護師

眼科の看護師の場合、志望するクリニックが手術などに対応しているかどうかによって、業務内容が変わります。また、視能訓練士などの資格を有するスタッフが在籍しているかによっても、担当する仕事の範囲などが異なる場合もあります。ですから、志望動機を考える際は、志望する眼科がどのような治療を行っているのか、どのようなスタッフを抱えているのかなどについて、しっかり把握しておくことが大切です。

また、眼科以外でも、看護師としての勤務経験がある場合は、その旨についてもアピールすると良いでしょう。その際は、看護師としてどのような業務や治療ができるのかについても、具体的に述べることをおすすめします。

職種別志望動機のポイント【2】:医療事務

医療事務というと、会計や受付といった業務がメインとなるイメージをお持ちの方も多いことでしょう。実際に、会計や医療費の計算、その他事務などの業務がメインとなる眼科も少なくありません。しかし、看護師と同様で、眼科の治療内容や方針によっては、治療の助手のような業務に携わることもあります。ですから、医療事務として眼科への就職を志望する場合も、志望する眼科の方針や業務内容などをよく確認した上で志望動機の内容を考えるようにしましょう。

職種別志望動機のポイント【3】:視能訓練士

眼科の職業の中には、視能訓練士というポジションも存在します。視能訓練士とは、検査やテスト、治療を通して、どのようにすれば患者が物をより見やすくなり、見ることを楽しめるのか、向き合っていく職業です。

視能訓練士は、眼科医の人数に対して、比較的少なく不足気味であると言われています。その為、視能訓練士としての技術や勤務経験については、志望動機を通してアピールするようにしましょう。視能訓練士は、患者の訓練や検査に関わることも多いので、接客態度や患者への接し方についても触れることをおすすめします。

職種別志望動機のポイント【4】:検査助手

眼科の検査助手は、直接治療に関わることはあまりないと言われているものの、治療の準備や後片付けなどを担当することが多い職業です。その為、患者と接する機会が多いポジションでもあり、検査助手を「眼科の顔」と見る意見もあります。

上記のような背景から、検査助手として眼科の志望動機を考える際は、患者への接し方や、医療行為に携わることへの責任感などをアピールすると良いと予想できます。

職種別志望動機のポイント【5】:受付

眼科に限らず、どのような診療科のクリニック・病院にも言えることですが、受付というポジションは、そのクリニック・病院の看板とも言える職種です。受付の接客態度や応対の様子によって、病院の評判や評価が決まってしまうこともある程なので、丁寧で親切な接客や、分かりやすい説明などをする能力が求められます。

志望動機を考える際は、上記のようなポイントを意識し、患者への接し方に関するこだわりや、どのような接し方で患者とコミュニケーションを取っていきたいのかといった内容を述べるのも良いでしょう。

職種別志望動機のポイント【6】:診療補助

眼科の診療補助の場合、クリニックの方針や環境によっても、担当する業務が異なる可能性があります。中には、医師の側で医師の診療をサポートする可能性もあるので、診療の手順などを覚える理解力などが求められる場合もあります。

志望動機では、医師をサポートしたいという熱意ややる気の他、治療や診療に対する知識や経験がある場合は、そういった部分も述べることをおすすめします。

志望動機は自分らしい内容にする

いかがでしたでしょうか?今回は、「眼科の志望動機」をテーマにして、眼科の志望動機の考え方や例文、職種別の志望動機を考えるポイントなどをご紹介しました。

志望動機を考える場合、いかにきれいにまとめるかといった部分を意識する方は、少なくないと予想できます。しかし、志望動機で大切なのは、いかに自分の熱意や自分を採用するメリットをアピールすることだと言えるでしょう。ですから、自分の良さや熱意が伝わるような、自分らしい志望動機を考えるようにしましょう。

転職を考えたら

転職を決意し、転職活動をする際、転職エージェントを活用する方もたくさんいます。

転職エージェントは、求人情報を提供するでだけでなく、転職活動のノウハウを伝えたり、企業と各日程を調整したりするなどの、転職サポートを展開している所も多くあり、転職志望者にとって、心強い存在です。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェント一覧をチェックしましょう!

Latests