Search

検索したいワードを入力してください

祝儀袋の金額の書き方・中袋なしの場合|縦書き/横書き/数字

更新日:2022年10月14日

お祝いを渡すのは嬉しいですが、ご祝儀袋の書き方にもマナーがあるので間違わないようにしなければいけません。特に祝儀袋の書き方や金額の書き方を間違うと、大人として恥ずかしい思いをしてしまいます。今回は、祝儀袋の書き方を紹介するので、参考にしてください。

祝儀袋の金額の書き方

ご祝儀袋とは、相手に対して祝福の気持ちを込めたお金を入れる袋のことです。祝儀袋は祝い事に使うので、渡すほうも貰うほうも気持ちが嬉しい気持ちになります。

しかし、せっかくの祝儀袋を渡す時にマナー違反があると自分が恥ずかしい思いをするだけでなく、相手にも嫌な思いをさせてしまいます。そんな思いをしないように祝儀袋の書き方を紹介しましょう。

祝儀袋の種類

結婚や出産などのお祝いの気持ちをお金で包む袋のことを祝儀袋と言いますが、その祝儀袋にものし袋タイプと奉書紙タイプの物があります。近年で一般的に使われているのが、のし袋タイプです。

祝儀袋には、水引きが付いている物が多く、水引きにも種類があり赤白・紅白の「結びきり」と「蝶結び」があり、お祝いの用途によって使い分けます。そして祝儀袋には、表の袋の中に中袋や中包みが付いているものがあり、この場合は、直接現金を入れるのではなく中袋や中包みに入れてから祝儀袋に入れます。

祝儀袋は縦書きと横書きタイプがあるの?

祝儀袋には何種類か種類がありますが、通常の祝儀袋は縦書きタイプが一般的で横書きタイプの物はほとんどありません。のし袋の表書きには「御祝」または「寿」が一般的に使われます。そして、下段にフルネームで名前を書きます。

祝儀袋の中袋の書き方

祝儀袋には、現金をそのまま入れるタイプと中袋に現金を入れ祝儀袋に入れる2タイプがあり、一般的に使うケースが多いのが中袋が付いた祝儀袋です。

中袋に金額や文字を書く場合の筆記用具は、毛筆や筆ペン・ボールペン・サインペンなどを使いますが、マナーとしては毛筆や筆ペンが好ましいです。また、中袋の書き方ですが一般的な書き方は、表側に金額を記入し裏側に住所や氏名を記入します。しかし、祝儀袋の種類によっては中袋に金額・住所・氏名などを記載する欄があり書き方も違ってくるので注意するようにしましょう。

縦書き

祝儀袋の中袋は、縦書きが主流です。縦書きの書き方としては、表側の中央に大きい文字で金額を記載し裏側に住所と氏名を書きます。縦書きの場合は、金額は縦に書くので漢数です。そして、裏側の住所と氏名の書き方も縦書きで左側に書きます。

横書き

最近では、中袋に横書き用の金額や住所などを記入する欄が印刷されている物も増えてきています。横書きの金額の書き方は、アラビア数字で書くケースが多いですが漢数字で書いても間違いではありません。

漢字で金額を書くとき

金額を漢数字で書く場合は次のように書きましょう。いち(一・壱)、に(二・弐)、さん(三・参)、よん(四)、ご(五・伍)、ろく(六)、なな(七)、はち(八)、きゅう(九)、じゅう(十・拾)、せん(千・仟)、まん(万・萬)、えん(円・圓)になります。

数字で金額を書くとき

横書きの金額の書き方は、上記で紹介した漢数字でも大丈夫ですが、多くの人はアラビア数字の「0123456789」を使います。

次のページ:中袋なしの場合の祝儀袋の書き方

初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests