Search

検索したいワードを入力してください

自分を信じることができる名言・言葉・方法|力/四字熟語

更新日:2022年10月20日

自分を信じる人は、堂々としていてとても魅力的に見えるのでしょう。後悔ばかりで自分を好きになれない今の自分が、どうすればこれまでの思い込みを捨て、自分を信じることのできる素晴らしい人生に一歩ずつでも近づくことができるのでしょう。

自分を信じる生き方を選ぼう!

あなたはどんな自分になりたいですか。学校や会社などの集団に属していると、時にふと、自分の存在意義に不安が過ぎることはありませんか。

特に何の意見も浮かばなくて、何となく周りの意見に合わせたり、自分にはどうせできないと、最初からあきらめてしまって、他の身近な誰かがそれを達成したと聞いて後悔し、不甲斐ない自分が嫌になる、そんなどんよりとした気持ちで過ごしてはいませんか。

もっと自分を信じることで、毎日を生き生きと過ごしたいと考えたことはありませんか。自信とは自分を信じることです。他の誰でもない、あなた自身を心から信じ、大切に人生を生きるには、いったいどうすればよいのでしょうか。

まずは信じるべき自分を理解すること

自分を信じるには、信じるべき自分というものを、よく理解することが必要です。その方法は自分の特徴を思い浮かべて書き出すことです。

しかしここで注意すべきなのは、悪い所を書き出してはいけません。良いと思うところ、どちらかというと好きな所を思いのまま書き出しましょう。なぜなら欠点は誰にでもあるからです。

人は好きな所が多ければ多いほど、欠点には目をつぶれるものでしょう。大好きなケーキを思い浮かべてください。糖質もカロリーも高く、太りやすいし糖尿病などの病気にかかるリスクだってあります。それでもつい食べちゃうということが「好き」ということです。

自分を信じるには、自分の好きな所に意識を向けましょう。

自信を無くすのはどんな時?

人はどんな時に自信を無くすのでしょう。それは自分を誰かと比べた時です。

営業成績でいつも有数クラスの同僚、キレイで可愛くて素敵な彼氏のいる妹、足が速くて運動会ではいつも花形だった過去の自分など、自分には敵わない才能をもつ相手と比べて落ち込んだり、昔できていたことができなくなったことに寂しさを覚えたりと理由はさまざまですが、今の自分と誰かを比べて自分を減点するから、自分を信じることができなくなるのでしょう。

自分を信じることで得られること

自分を信じることで何が得られるのでしょう。それは結果を受け入れる潔さと、成功した時の実績です。自分を信じて出した決断で失敗しても、他人を恨むことはありません。それだけで心は穏やかなはずです。他人を恨めしく思う気持ちは不毛です。

反対に自分を信じて出した決断により成功した時は、自分の成功実績を一つ積み重ねることができます。この積み重ねが自信につながります。

アスリートは、自分の能力を信じて辛いトレーニングを積みます。「これだけのことをやってきた」という自負が、さらに自分を信じることにつながります。その結果判断に迷いがなくなり、良い結果が引き出されることが多々あります。これは私達にも当てはまることです。

どうすれば自分を信じることができるのでしょう?

自分を信じることができれば、どれほど素晴らしいことかとは思えても、実際には自信のない自分がいて、いったい何をどうすれば自分を信じることができるようになるのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

自分を信じることができれば、人生が変わります。正確には今までと同じできごとが起きても、その感じ方がかわります。感情が豊かになり、色んな事に対して意欲がわいてきます。自分を信じることができるようになるには、ちょっとしたトレーニングの継続が必要です。

そのためには、他人に言われてするのではなく、あなた自身が自分を信じることのできる自分になることを願う必要があります。

自分と話そう!

心理学の分野で「メタ認知」というものがあります。簡単に言えば、自分を支えるもう一人の自分がいて、もう一人の自分が自分に話しかけ、自分の言動を見直したり調整することができ、自分にとって効果的な言動を自分自身で演出することができます。

ここでは理想と思われる言動を、自分自身で演出できるということがポイントになります。自分を信じて行った結果が得られるからです。まずは鏡に映った自分に話しかけるトレーニングを何度も行います。

「今、とても緊張しているね」「もう少しだ、がんばって」「よく頑張ったね、お疲れ様」ポジティブな言葉で自分自身に話しかけます。こうして自分を信じるために必要な自己肯定感を育みます。

実績を積み重ねよう!

どんな小さなことでもいいので、自分を信じて行ったことでの成功体験を積みましょう。自分を信じることと、その結果が成功もしくは満足を得られることがポイントです。

例えば、学校で行われる中間考査、いつもなら何もせずにテスト当日を迎えていたとします。でも自分はやればできると自分を信じられる自分になるために、まずは一科目で構いません、自分を励ましながら試験勉強に取り組んでみましょう。この一科目だけでも点数が上がれば、それは立派な実績です。

例は試験勉強でしたが、どんなことでも構いません。小さなことからコツコツと取り組んで、「できた」と思えることを増やすことがポイントです。

他人と比べない!

何かを実践する時、決して他人と比べてはいけません。人はすぐ他人と比べ、自分より下を探し安心しようとしてしまうからです。

どんな些細なことでも自分を信じることです。つまりは他人になんと言われようと、自分に恥じない努力をすることに重きを置きましょう。自分を信じることができるようになるために、他人は関係ありません。自分を信じるということは、自分だけは決して裏切らないことです。

恋愛でも自分を信じることは大切なキーになります

次のページ:相手を信じることは自分を信じることだった!

初回公開日:2017年11月21日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests