Search

検索したいワードを入力してください

かっこいいグループ名の決め方は?ポイントや参考例も併せて紹介

更新日:2022年11月25日

かっこいいグループ名はどのように決めればよいかご存知ですか?この記事ではかっこいいグループ名の決め方のコツやポイントなどをくわしくご紹介しています。かっこいいグループ名をつけたくて良い例を知りたいという方は是非ご覧ください。

バンド、スポーツ、サークルなど何か新しくグループを発足させたときに悩みがちなのが「グループ名」の決め方ではないでしょうか。よい機会なので周りの印象にしっかりと残る、かっこいグループ名を付けたい方も多いと思います。

本記事ではかっこいいグループ名の決め方について、役立つポイントをご紹介します。また、グループ名を考えるまでの流れやコツ、参考例も掲載していますのでぜひチェックしてみてください。

この記事を読めば、グループ名の決め方に必要なポイントがわかりますので、きっと素敵なグループ名を作ることができます。活動の柱となるグループ名ですので、ぜひ最後までお読みいただきこれだという名前を生みだしてください。

かっこいいグループ名の決め方のコツは?

名付けというのは、どんなものであっても難しい作業です。とくに人が絡むグループの名付けはそれによってモチベーションや結束力も高まる大切なワードです。かっこいいチーム名といっても、使う文字ひとつでも雰囲気が変わります。

漢字・カタカナ・英語といった表記でも変わりますし、数字や古い言葉を引用してもまた違った雰囲気になります。こうした文字表記もあわせ、実際にどうやって候補を導き出していくのか、決め方のコツをご紹介します。

グループの歴史を振り返る

もしそのグループや仲間の集まりが、活動を始めてから時間が経っているのであれば、グループの歴史を振り返りましょう。これまでの活動に、何か特別な思い出などがあればそれに関連した名前を候補にあげるのもいい決め方です。

皆で共有してきた記憶に関する名前は、グループ全体の士気も上がるので、ぜひグループの皆で一度印象に残った出来事などを話し合ってみましょう。

グループの特徴を挙げていく

グループの特徴からヒントを得るのも、よい決め方になります。一体型のグループなのか、それとも個性あふれる人間が集まって出来たグループなのかなど、メンバーの特徴はもちろんですが、グループが目指す方向性などからも決め方が見えてくるはずです。

やはりグループ名はメンバー全員の同意があってこそ、愛着がわくものですので自分たちが作り上げたいグループの特徴を話し合って、そこから生み出すのもコツのひとつです。

グループに合う雰囲気を考える

グループ全体の雰囲気をもとに作成するのもコツのひとつです。客観的にグループの雰囲気を考えてみて、周りからこう見られそうだ、こういうふうに見られたいなどを書き出していくと、しっくりくる名前にたどり着ける可能性が高くなります。

もしかしたら、かっこいいよりはミステリアスやふんわりなど違う雰囲気が見えてくるかもしれませんが、雰囲気とかけ離れるとかっこいい名前も台無しになってしまうので、グループ全体を表す名として考えていきましょう。

ことわざ・四字熟語などを引用する

古典の言葉やことわざ、四字熟語を参考にするのもおすすめの決め方です。実際にことわざや四字熟語などを使ったり少しオマージュしたグループもたくさん出ています。グループで座右の銘がある場合はそれを使うのもコツのひとつになります。

日本古来の言葉は、響きや文字列が洗練されたものが多く、引用すると一気にかっこいいグループ名が生まれます。気になる言葉がある場合は、辞書などで意味を調べてみましょう。

英語表記を考える

かっこいい名前といえば、英語表記もおすすめです。上記でご説明した、チームの雰囲気などを日本語で考えて、それをあえて英語表記にするという方法もひとつのコツになります。英語は響きもよく、難しくないものであれば人の耳に残りやすい特徴もあります。

また、正式な英語でなく造語をつくるのもおすすめの決め方です。意味を知ったときに、なるほどと思うような造語だととても印象に残ります。

かっこいいグループ名にするためのポイント

ここまでかっこいいグループ名を決めるコツをご紹介しましたが、ここからは注目したいポイントについてご紹介します。自分達ではかっこいい名前ができたと思っていても、このポイントを間違ってしまうと一気にダサい印象になる恐れがあります。

コツを使っていくつか名前の候補をつくった後は、ぜひ以下の決め方におけるポイントをチェックし、本当にかっこいいグループ名として世に発信していってください。

響きを考える

グループ名が決まれば、口にすることも多くなります。その中でかっこいいグループ名には響きも重要になってきます。意味や字体がかっこよくても、響きがよくないと名前を聞いたほうにも残念感を与えてしまいます。

特に英語は発音に気を付けましょう。普段英語を使わない日本人が発音しにくい響きだと、印象が薄れます。どうしてもそうした英語を使いたい場合は、上手く略せるかなども考えた決め方がおすすめです。

読みやすさを重視する

次のページ:【漢字】グループ名の参考例

初回公開日:2022年11月25日

記載されている内容は2022年11月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests