Search

検索したいワードを入力してください

ソフト電池の導入を回避できない理由は?導入するメリットも紹介

更新日:2022年07月28日

新しいソフトウェアの購入時、ソフト電池のインストールを要求され、困惑した方も多いでしょう。本記事ではソフト電池の重要性および必要性とその背景を詳しく説明しています。記事を読み納得いただければ、安心してソフト電池対応のソフトウェアを使用できるでしょう。

ゲームをしたい時、ソフト電池ランタイムプログラムのインストールを要求され、
「ソフト電池とは何だろう?」
「ソフト電池は導入する必要が本当にあるの?」
「ソフト電池を導入してどんなメリットが有るのだろう?」
などと疑問を持たれた方も多いのではないかと思います。

本記事ではソフト電池およびソフト電池ランタイムがどのようなものであるか、および使用方法や注意点を説明し、なぜソフト電池が必要なのかその背景と対処方法を挙げています。

この記事を読んでいただければソフト電池の意義と重要性を分かっていただけると思います。

意義と重要性がわかることにより、安心して有意義にソフト電池に対応したソフトウェアを使用していただけるでしょう。ぜひ参考にしてください。

ソフト電池ランタイムとは?

ソフトのコピーを防ぐために必要な、ライセンス管理をするためのファイルを、仮想的な電池に例えソフト電池と呼びます。ソフト電池対応のソフトウェアは、ソフト電池と一緒になって初めて動きます。

ソフト電池対応ソフトウェアが動くためには、クライアントが提供する、不正コピーを回避するための認証プログラムであるソフト電池ランタイムが必要です。

ランタイムにはプログラムの実行時の意味と実行に必要なものの意味があります。ここではプログラムの実行に必要な部品ということです。

ソフト電池を使用するためには、ソフト電池ランタイムは必須となりますので、無料でダウンロードできるようになっています。最新版でないと動かない可能性もありますので、できるだけ最新のものをダウンロードしておくように気を付けたほうが良いでしょう。

ソフト電池とは?

ソフト電池とは、バルティオソフトが提供するコピー回避とライセンスを管理するシステムのことです。ソフトウェアの稼働に必要なライセンスファイルを仮想的な電池に喩えたことに特徴があります。ソフトウェアを使用するためにはソフト電池が必要となる稼働管理システムです。

ソフト電池システムではソフト電池に対応したソフトウェアに、ソフト電池ランタイムプログラムを導入することによりソフトウェアを稼働できるようになります。

ソフト電池システムによりソフトウェアや映像コンテンツを従量課金する形でダウンロード販売できるようになります。使用許諾管理システムですので、利用期間や利用時間を電池の残量のように管理でき、電池を使い切ると、電池を購入して充電し再度使用できることになります。

一定量の電池を試用版につけダウンロードしてもらうことにより、使用可能となり、違法コピーを回避できることにもなるでしょう。

ソフト電池ランタイムの導入を回避できない理由は?

ソフトウェアの海賊版等著作権侵害が大きな問題となっています。シングルユーザーのライセンスを複数のコンピューターで使用するような軽犯罪的な違法行為や、ソフトを違法にコピーし配布する犯罪行為まで幅広く存在すると言えます。

しかし、そのような行為を犯罪とは考えていない人がまだまだ多くいるようです。そのような中、企業は適切な不正回避対策の実施を確実に行う要求が高まっています。

不正なコピーを回避することにより、企業は全てのコピーに対して適切な価格で支払いを受けられるようになるでしょう。その事により、確実な収入予測が立てられるため、収益機会を増大でき価格設定を柔軟にできるようになるため、顧客満足度が向上する可能性があります。

企業がソフトの確実な不正コピー回避対策を行うことにより、他企業は製品の盗用や再販ができなくなりますし、マルウェア攻撃を受けづらくなる可能性も大きくなります。

サイバー犯罪が増えている中、ソフト電池ランタイムの導入は増えていて、どのようにしても回避できないようになっています。

不正使用防止

違法なコピーソフトウェアが社会に広く流通し販売されています。しかし、ソフトウェアというものは、プログラマーやライター、デザイナー等の多くの開発者達が多くの時間と労力をかけて作り出した知的財産です。そのため、ソフトウェアは著作権法によってしっかり保護されています。

しかし、法律があっても、違法な不正使用は後を絶ちません。その事による企業の収益ロスは非常に大きく、採算を取るために、企業は製品単価を上げざるを得なくなります。

不正使用を回避できれば収益ロスはなくなり、製品単価を下げられる可能性が出てくるのです。不正使用者が多くの人に、払う必要のない出費を強いていると言えるのです。

多くの人の満足度を高めるために不正使用を回避する手段として、ソフト電池ランタイムの導入は必須なものと言えます。

違法なコピーソフトウェアや海賊版の使用をしないだけでなく、正規な購入品であっても、契約数以上に使用すると刑事罰や民事訴訟を受ける可能性もあります。

企業の方も購買管理、ライセンス管理を厳格に行わないと、コンプライアンスの問題で社会的信用を失う怖れがありますので、気を付けてください。

不正コピー防止

ソフト電池ランタイムの導入を回避できない理由に、「不正使用の回避」に含まれますが、「不正コピー対策」も取り上げられるでしょう。

ソフトウェアや音楽などの著作権で守られているはずの著作物が、違法行為であるとの意識を持たず、安易な気持ちでコピーされてしまっているのです。この行為は営利目的でなされたコピーとは区別されているのですが、避けるべき行為と言えます。

このように、違法を意識せずに、安易にコピーをしてしまうことをカジュアルコピーと言います。営利目的の違法コピーは闇市場で販売したり、インターネット上で配布したりされます。

一方カジュアルコピーは、個人的に2台目のパソコンなどの別媒体へのインストールすることや、他人へコピーを贈与することが多く見られます。

通常購入したソフトウェアには使用方法に関する契約書がついていて、インストール回数などに制限を設けています。一定回数以上インストールすることは禁止されていて制限を超えると違法となります。

カジュアルコピーによる損害は、営利目的によるものより少ないと思われています。しかし、カジュアルコピーは日常的に多くの人になされるため、損害額は大差ないと言われています。

これらの不正コピーはソフト電池ランタイムを導入するだけで回避できますので、今後さらに導入されていくでしょう。

ゲーム側で必須ソフトにしている

次のページ:ソフト電池のメリット

初回公開日:2022年07月28日

記載されている内容は2022年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests