Search

検索したいワードを入力してください

ChromeでActiveXは使えるのか|利用方法や注意点を紹介

更新日:2022年12月01日

ChromeでActiveXを使用するには、手順を踏まないと使用できないことをご存知でしょうか。この記事ではActiveXをChromeで使う方法を紹介しています。使い方が分からない人や手順を知りたい人はぜひチェックしてみてください。

「ChromeでもActiveXは実行できるの?」
「安全に使うことができるの?使う場合の注意点はある?」
「どうやってサイトを見ればいいの?」
このように、使い勝手の良いActiveXは、Chromeでも使うことができるのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

本記事ではChromeでのActiveXの使い方について紹介しています。ActiveXにはどのような機能が備わっているのかや、Chromeで使用できるのかどうかについて知ることが可能です。

この記事を読むことで、必要なサイトを見るまでの手順を知ることができます。また、使用上の注意点を把握することができるため、安全に配慮した使い方をすることができるでしょう。

ActiveXの対応ブラウザについて知りたい人や、どうやって使うのか疑問を抱えている人はぜひチェックしてみてください。

ActiveXとは?

「ActiveX」とは、一定のシステム名ではなく、幅広い機能を示す大まかな名前です。大まかな名前ではありますが、個々の機能はインターネット内をスムーズに進行させるためにあるシステムに変わりありません。見たいサイトが見られない場合に活躍します。

「ActiveX」がないと見られないサイトがあった場合でも、すぐ見られるようにActiveXの機能性を把握しておくと役立つでしょう。Chromeで「ActiveX」を使用したい場合は、先に「ActiveX」の詳細を把握しておくことで、スムーズに応用編に対応することが可能です。

ここからはActiveXの詳細を紹介していきます。

マイクロソフトが開発したインターネット関連技術の総称

「ActiveX」は一定の技術や製品を示す名前ではなく、機能全体の名称とした大まかな名前です。インターネット利用者がスムーズに、かつ便利にサービスを利用できるような技術が詰め込まれています。

「ActiveX」は機能全体を表す総称であり、特定の機能についてはそれぞれ別の名称があります。「ActiveX」自体は「プラグイン」と呼ばれるプログラムと似た性能を持っていますが、ここでは「プラグイン」とは呼びません。

「ActiveX」は機能を固定しない大まかな呼び方であるため、マイクロソフト社ではあえて別名をつけています。

一般的にはActiveXコントロールを指す

ActiveXの中には「ActiveXコントロール」「Activeスクリプト」「Activeドキュメント」の3種類があります。その中でもActiveXの主な機能として使用されているのが「ActiveXコントロール」です。

「ActiveXコントロール」は見たいサイトが見られない場合、拡張機能を使って閲覧を可能にするシステムで、ActiveXの名前の大半は「ActiveXコントロール」を意味します。

「ActiveXコントロール」は、インターネットを使用する際に必要になるプログラムで、動画の視聴や動く画像の表示などで必要です。

ActiveX以外の機能は、主に文章の作成・編集に強い「ActiveXドキュメント」や、スクリプト言語の利用範囲が拡大した「ActiveXスクリプティング」があります。

「ActiveXコントロール」が挿入されていると、動作が再生されるまでの段階を一括で自動的に行われるため、利用者の作業負担が軽くなり楽になるでしょう。動作を実行するのに必要なソフトウェアの検索も不要になるため、効率良くかつ便利な利用が可能です。

ChromeでActiveXは使えるの?

ActiveXの使用範囲は決まっており、Chromeで「ActiveX」を有効化するには、一定の操作が必要になります。そのまま使うことはできないため、注意しましょう。

ここからは、ActiveXの対応ブラウザと非対応ブラウザでの閲覧方法を紹介していきます。必要動作を覚えて、非対応サイトを閲覧する場合の参考にしてみましょう。

基本的にInternetExplorerでしか動かない

基本的にはマイクロソフト社が開発したブラウザの「Internet Explorer」「Internet Explorer」のプラグインが入ったブラウザ以外では動かないようになっています。

Google社開発のChromeでは基本的に動かない仕様です。ChromeでもActiveXが使えるとさらに便利になりますが、現時点ではそのままのChromeでのActiveXの動作は難しい状態にあります。

しかしある手順を踏まえれば、ChromeでActiveXを要するサイトも見ることが可能です。

Chromeの拡張機能「IETab」をインストールすると閲覧できる

「IETab」とは、「Internet Explorer」に対応していないサイトを閲覧するために行う拡張機能です。

「ActiveX」が使えないChromeでも「IETab」を使うことで、使用前は見れなかったサイトでもスムーズに見ることができます。「IETab」をインストールすることで性能が上がり、閲覧可能なサイトに進化するからです。

正しい手順を踏まえてインストールし、非対応サイトを見られるようにしてみましょう。

サイトによってInternet ExplorerとChromeを使い分ける必要がなくなるため、利用者の負担が軽減されます。

「IETab」を使ってChromeでActiveXが必要なサイトを見る方法

次のページ:ActiveXを利用する際の注意点

初回公開日:2022年12月01日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests