Search

検索したいワードを入力してください

ロールプレイングのやり方|効果的な方法と失敗する理由を紹介

更新日:2022年10月03日

ロールプレイングとはどのような方法で行えばよいのでしょうか。本記事ではロールプレイングの種類やロールプレイングの効果的なやり方、ロールプレイングを行うメリットや実施するときの注意点などを紹介するため、参考にしてみてください。

「ロールプレイングの種類にはどのようなものがあるの?」
「ロールプレイングを行うメリットとは?」
「ロールプレイングを実施するときの注意点にはどんなものがある?」
このように、ロールプレイングのやり方について知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ロールプレイングの種類やロールプレイングの効果的なやり方について解説しています。この記事を読むことで、ロールプレイングにどのようなものがあるのか把握できるでしょう。

また、ロールプレイングを行うメリットや注意点についても解説するため、これからロールプレイングを始めるという人も参考にできます。

ロールプレイングのやり方について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ロールプレイングの種類

「ロールプレイング」とは、「役割」という意味を持つ「role」と「演じる」という意味を持つ「play」を組み合わせた言葉です。ビジネスシーンにおけるロールプレイングとは、実際の現場を想定し、自身の役割を演じながらスキルを身につける学習方法を意味します。

ビジネスの現場ではロールプレイングが研修に用いられているケースも多く、さまざまな種類のロールプレイングが行われています。種類によって実施内容や目的も異なるため、ロールプレイングを導入する場合はどのような種類があるのか把握しておく必要があるでしょう。

ここではロールプレイングの種類について解説していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

グループロールプレイング

グループロールプレイングとは、メンバーがグループに分かれ、同一のテーマでそれぞれ役割を変更しながら実施するロールプレイングです。繰り返し立場を変えながら実施することにより、全員がそれぞれの立場になって考えることができます。

グループロールプレイングでは顧客の立場でも考えるため、広い視野を持って対応を考えられるようになります。そのため、さまざまな対応方法を見つけることができるでしょう。

ケース型ロールプレイング

ケース型ロールプレイングとは、研修でもっとも多く採用されている一般的なロールプレイングです。ケース型ロールプレイングでは接客や交渉など特定のシーンを想定し、細かい条件が設定されている中でロールプレイングを行います。

ケース型ロールプレイングでは、実際に発生するトラブルなどを想定したロールプレイングができます。また、実施後に適切な対応ができていたかどうかフィードバックすることにより、それぞれが自身の課題を認識し、スキルアップにつなげることができるでしょう。

モデリング型ロールプレイング

モデリング型ロールプレイングとは、まずは代表者がロールプレイングを行い、他のメンバーが代表者の真似をして行われるロールプレイングです。

モデリング型ロールプレイングでは全員で代表者の模倣を行うことになるため、代表者の持つビジネススキルやノウハウを共有できます。そのため、メンバー全員が同じスタンスに立ちたい場合などに便利な方法だと言えます。

モデリング型ロールプレイングは、それぞれ個別のロールプレイングを実施する前のお試しとして行われることも多いでしょう。

問題解決型ロールプレイング

問題解決型ロールプレイングとは、実際に発生した問題をテーマにしたロールプレイングです。過去に発生した問題を題材にし、そのときの対応をさまざまな視点から検討することで、新しい解決策を見つけられるでしょう。

そのため、問題解決型ロールプレイングは実際に発生している問題の解決策を見つけ出したい場合に活用できるロールプレイングだと言えます。また、このようなロールプレイングを実施することで、新人教育だけでなく調子の悪いベテランの軌道修正も行うことが可能になります。

企業が研修にロールプレイングを用いる理由

企業が研修にロールプレイングを用いる理由としては、「実践力を身につける」ということが挙げられます。たとえば接客やクライアントとの交渉など、コミュニケーションが必要とされる業務のスキルを磨きたい場合、座学を行って知識を身につけるだけでは十分ではありません。

しかし実際の現場を想定したロールプレイングを導入することにより、座学で習得した知識を活かしながら実践力を身に付けられるでしょう。また、ロールプレイングを繰り返し実施することで、想定と同じような場面で最適に対応できるようになります。

ロールプレイングの効果的なやり方

社内研修などでロールプレイングを導入するのであれば、最大の効果を出すための方法も把握しておく必要があるでしょう。ロールプレイングを研修で実施するのであれば、まずは具体的な設定を行うことが欠かせません。

また、実施後にはフィードバックを行うことで、メンバーが自分自身の課題に気づけるようにすることが重要です。ここではロールプレイングの効果的なやり方を紹介していきます。

目的やテーマや場面など設定を具体的に決める

研修で採用されやすいケース型ロールプレイングを実施する場合は、目的やテーマなど具体的な場面設定を行うことが重要です。営業で商談を行うロールプレイングであれば、営業役と顧客役それぞれの具体的な設定をシートなどにして渡しておきましょう。

たとえば、営業役には「何度目の商談なのか」「どのような情報を手にしているのか」などの設定を与えておく必要があります。また、営業役にざっくりとした場面設定を与えておき、顧客側は自由に対応する方法でも良いでしょう。

しかしこの場合、顧客側にも経験が求められるため、できるだけ進行役が画面設定を決めておくのがおすすめです。

次のページ:ロールプレイングが失敗する理由

初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests