Search

検索したいワードを入力してください

開所式とは・式次第の役割と作り方・挨拶文例・司会の進め方

初回公開日:2017年10月19日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

開所式とは、新たな施設を開設する際の重要な行事で、オープニングセレモニーとも呼ばれます。開所式は、出席者に第一印象を与える大切な行事です。主催者の意図や目的を十分に伝えるためにも、念入りに検討した内容とスケジュールのもと、ミスのないように行う必要があります。

開所式とは

開所式とは、新たな施設を開設する際の重要な行事で、オープニングセレモニーとも呼ばれます。開所式は、出席者に第一印象を与える大切な行事です。主催者の意図や目的を十分に伝えるためにも、念入りに検討した内容とスケジュールのもと、ミスのないように行う必要があります。

「開所」という言葉の意味には、事務所や診療所などを新設することです。また、その日の業務を始めることを意味を指します。言葉の意味からもわかる通り、開所式とは研究所や営業所など「所」のつく新しい施設をスタートさせるときに行われる式典や催しのことで、落成式とは異なります

落成式との違い

落成式とは、建築主が来賓や工事関係者を招き、工事の竣工を感謝し、関係者の労をねぎらう式のことを指します。この落成式の、開所式との違いは主催者の考え方などによっても違ってきます。落成式は建築会社の方が進行を担当する場合がある一方で、開所式は主催者が進行を担当することが多いという違いもあります。

開所式における式次第の役割と作り方

開所式は新しい施設のお披露目の場でもあるので、式の流れは重要です。式がグダグダでは、新しい施設の印象が悪くなってしまいます。なので、いつ、どこで、誰が、何をするのか?、これらを準備すると共に、その内容を周囲に知らせる必要があります。

式次第の役割

開所式における式次第の役割は、開所式開会から閉会までの流れを示すプログラムのことです。式次第があることで、主催者や招待者の方々は状況を把握することができます。閉会までの時間や内容を予想することができる大切な周知の役割を果たすものです。

式次第は式場の壁などに掲示する方法や、受付で印刷したものを配布する方法があります。式次第があることによって祝辞を述べる方が自分の順番を把握でき、進行も順調にすすめることができます。式次第ということば自体には、式をとり運ぶ順序、式次という意味があります。

式次第の作り方

開所式の式次第をつくる際には気を付けるべきポイントがあります。まず、式会場に掲示する場合です。式会場に式次第を掲示する場合には、出席者全員が式次第を見ることを意識する必要があります。例えば文字のサイズを大きくし見やすく作成するなど遠くからでも見えるようにします。

また、受付等で配布する場合は掲示する式次第にはシンプルでわかりやすい表現にして、配布する印刷物には詳しく記述する方法が有効です。開所式が始まるまでの催し、代表者のコメントや関係者のお祝いの言葉などを掲載します。この場合に重要となるのは出席者が印刷された式次第を見て式典の流れを理解できるということです。

さらに、配布する場合の式次第には出席者が具体的に進行を理解できるような工夫を施す必要があります。例えば、テープカットや鏡開きに参列する人、挨拶や祝辞、乾杯を行う人の氏名、会社名、役職などを確認できると出席者にとってわかりやすい式次第となります。また、寄せられたメッセージや祝電などの送り主を掲載する場合もあります。

開所式の挨拶文例

開所式の挨拶は内部の関係者だけで開所式を行う場合と、招待者がいる場合があります。これらの開所式は異なる留意点を持ちます。それぞれの場合の挨拶文例の留意点について紹介します。

内部の関係者だけで行う場合

内部関係者だけで行われる開所式では、新規開設の目的と決意を明確に表し、その目的を達成するため手段として新規開設できたことの喜びと激励を挨拶中に含めることが大切です。

内部関係者だけで行われる開所式には、新しい営業所の開所式などがあります。新規開設場でのさらなる意欲の引き出しとやりがいを感じさせるような力強い挨拶が求められます。新規開設には人件費や設備投資など多大な費用がかかります。

しかし、企業の安定経営とさらなる発展、また営業戦力拡大の手段として、その場所での新規開設で企業が一丸となり業務に取り組んでいく拠点として、多大な費用をかけてでも必要であることを伝える必要があります。

招待者がいる場合

開所式に招待者がいる場合、招待者を事前に十分にチェックし失礼のない挨拶をしなければなりません。新規開設に携わった建築関係者や取引関係者、地元関係者など挨拶で紹介すべき関係者を事前にピックアップしておく必要があります。紹介する人をピックアップするだけでなく、挨拶では紹介できない関係者についても配慮を含んだ文例にしなければなりません。

また、挨拶する人が企業の第一印象となることもあります。招待者の中には、挨拶の内容や新規開設の目的だけでなく、挨拶する人がどのような人なのか強い関心を持っている人もいるのです。十分に注意して挨拶文例を用意するべきです。

企業を代表するリーダーとしてアピールできる貴重なチャンスでもあるので、招待者に対して新規開設の目的や貢献できる内容などをわかりやすく、意欲的な文例とする必要があります。

開所式の挨拶文例

ただいま、ご紹介にあずかりました、「会社名」の「氏名」と申します。本日はお忙しい中、開所式に参列いただき、厚く御礼申し上げます。

本日、無事に開所できたことは、ひとえに日頃からご支援、ご協力いただいております関係各社の皆様や、工事に携わってくださった皆様のご尽力の賜物と深く感謝しております。

この施設は、社員が快適な空間の中で仕事を進められるように設計されました。これからは作業の効率も良くなり一層、クライアントのご要望にお応えしながら、より質の良いものを提供できえるのではないかと考えております。

私達は、いかなる状態であっても安定した成長ができる環境づくりを努力致しますので、今後とも一層のご愛顧ご鞭撻を賜ります様、心からお願い申し上げます。

最後になりましたが、ご臨席の皆様方のご健勝、ご多幸を心よりお祈り申し上げるとともに、終わりにあたりまして御礼のご挨拶とさせていただきます。

司会の進め方

先に述べたように、開所式は新しい施設の第一印象を決める重要な場です。なので、事前の準備をしっかりすることはもちろん、当日の流れを作る司会者は重大な役割を持つことになります。

タイムテーブル通りの進行

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests