Search

検索したいワードを入力してください

風通しの良い職場への取り組み方・企業一3選

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社員旅行やクラブ・イベント活動など、風通しの良い職場にしようと工夫を凝らしている企業も少なくありません。本当の風通しの良い職場とはいったいどのようなものか、そしてどうやったら実現されるのか、事例も交えて紹介していきます。

風通しの良い職場にするためには?

風通しの良い職場とは社員1人1人が発言でき、人間関係が良好な職場です。「1人1人が発言できる」ということは、つまりボトムアップ思考の企業になることが求められている、という意味です。また、人間関係の悩みは退職・転職理由に多いとされ、大切な社員を失わないためにも企業に対する職場環境の改善が求められています。

風通しの良い職場を作るために、社長や一部の社員だけが意識し行動するだけでは意味がありません。なぜなら、職場の環境は社員全体が作り出しているものだからです。まずは、社員全体を風通しの良い職場にする運動に巻き込もための工夫が必要です。

柔軟な姿勢で行動を起こすことで確実に職場環境は良くなっていきます。なかなか良くならないからと言って焦らず、どっしりと構えておきましょう。

標語で全体の道しるべを示そう

まずすることは、風通しの良い職場にするための標語を社員から募集すること、大事なことは社員全員に募集をかけることです。ただ標語を並べるだけでは社員のモチベーションも下がり、効果が半減してしまうので注意しましょう。

社員全員に募集する理由は3つあります。1つ目はより良い標語を作るため、2つ目は社員全員に風通しの良い職場を想像してもらうため、3つ目はこれから職場環境を変える運動が起こることを認識してもらうための3つです。

より良い標語を作る

風通しの良い職場を実現させるには、現在の職場環境や雰囲気を一番に感じている社員に標語を考えてもらうことです。また、社員の気持ちを反映させた標語を作った方が共感をしてもらいやすいでしょう。

社員全員に風通しの良い職場を想像してもらうため

社員全員が風通しが良い職場を想像することで、職場を変えたいと思うきっかけを作ります。ただ標語を見るよりも、自分自身で一度考え具体的な想像をすることで意識は大きく変わります。

職場環境を変える運動が起こることを認識してもらうため

何事も心の準備は必要で、職場環境の改善も同じです。急に言われても何をしようかと考える時間だけが無駄になってしまいます。

挨拶でしっかりとコミュニケーションをとろう

風通しの良い職場を作るには、人間関係を良好に保つ、また信頼関係を築くことが重要です。まずは、身近な上司や部下に挨拶をするところから意識してみましょう。

コミュニケーションの第一歩は挨拶です。当たり前のようにしている挨拶ですが、挨拶には「私は心を開いています」というメッセージが込められていて、相手に対して自ら心を開くことで敵意がないことを伝えることができます。

また、立場によってどちらから挨拶するべきだという決まりはありません。「自分から」という気持ちで自ら率先して挨拶するようにしましょう。信頼関係はすぐに築けるものではなく、小さな信頼の積み重ねです。挨拶ぐらいと軽く見ないで真剣に取り組みましょう。

上司から部下に挨拶する場合

一番に覚えておいて欲しいことは、「上司である、あなたの挨拶で部下の1日が決まる」ということです。疲れていても、嫌なことがあっても、挨拶にその感情を出さないように努力しましょう。あなたが不機嫌な挨拶をすると、部下は1日中あなたに気を使うことになるからです。

また、挨拶だけでなく追加要素を加えましょう。例えば「おはよう、田中君。今日は調子が良さそうだね」などです。まず1つ目は名前を呼ぶこと、そして2つ目は変化や様子を付け加えることです。

名前を呼んでくれる人と呼ばない人では、前者の方が親しみやすく信頼関係を築きやすいと言われています。これは、認知されていることに人は喜びを感じるからです。また、挨拶は誰に言ったか分からないと無駄になってしまいます。

2つ目の変化や様子は部下のことをきちんと見ている、評価していると伝えることになります。こうすることで部下は、自分は見てもらえてると安心できます。

部下から上司に挨拶する場合

部下のあなたが上司に向けて挨拶するときは、まず元気な挨拶を意識しましょう。上司は挨拶であなたの体調も確認しています。弱々しい挨拶は心配を掛けてしまうので注意しましょう。

また、余裕がある場合や報告事項がある場合は挨拶に加えても良いでしょう。例えば「おはようございます、山田課長。今日はお早いんですね」や「おはようございます、山田課長。会議資料の件ですが、本日中には作成してお渡ししますね」などです。

風通しの良い職場の作り方・アイデアとは?

風通しの良い職場にするためにどういった動きをすればいいのか、ここでは具体的に2つ紹介します。会社の環境や社員の教育など多方面に目を向けて取り組みましょう。

風通しの良い職場にするための研修を実施しよう

社員に対して風通しの良い職場にするための研修を実施しましょう。内容は主にコミュニケーションに関係するものなら何でも構いません。挨拶や話し方、聞き方でも良いでしょう。研修メンバーはベテラン社員から若手社員までバランスよく入れ、偏らないようにしてください。

そして、必ずオリエンテーションやグループ討論などを行い、加えて上司部下関係なくペアを組ませましょう。研修を一緒にしている「仲間」という意識を持ってもらうことで、研修後も話しやすい雰囲気が作れます。

社員全員に対して実施はもちろんですが、余裕があれば中堅社員だけの研修も実施してください。中堅社員は会社全体の中核、またベテラン社員と若手社員の架け橋となる存在です。風通しの良い職場にするためのキーパーソンとも言える中堅社員には、何よりもコミュニケーション能力が求められるので、内容の濃い研修をしておくと良いでしょう。

リラックスできる場所を作ろう

風通しの良い職場にするには、リラックスできる場所を作ること、つまり気軽に相談できる雰囲気を作ることが有効です。例えば休憩所や食堂です。テーブルを置く場合は丸型にしましょう。人は斜めの位置にいる相手の方が話しやすいと言われていて、四角いテーブルだと対面では距離感が遠すぎたり、横並びでは近すぎたりします。

また、あまり人には聞かれたくない相談でも、安心してできるように相談室も作ると良いでしょう。この場合も丸型テーブルを置くようにしましょう。

Latests