Search

検索したいワードを入力してください

風通しの良い職場への取り組み方・企業一3選

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社員旅行やクラブ・イベント活動など、風通しの良い職場にしようと工夫を凝らしている企業も少なくありません。本当の風通しの良い職場とはいったいどのようなものか、そしてどうやったら実現されるのか、事例も交えて紹介していきます。

風通しの良い職場の企業一覧3選

日本ではどのような企業が風通しの良い職場なのか、ここでは3選を紹介します。企業の取り組みや社風を知り参考にしましょう。

3アクセンチュア

アクセンチュアはコンサルティングやテクノロジーサービス、アウトソーシングサービスを行っており、就職活動学生から人気を集めています。若手メンバーが多く、アグレッシブな雰囲気で若手が挑戦できる社風は風通しの良い職場になっており、成長したいと望む人にはとても良い環境と言えます。

2スターバックスコーヒージャパン

スターバックスは、アルバイトの採用倍率でさえ約20倍と言われるほど人気企業で、離職率も非常に低いです。人間関係は良好で、馴れ合いにならない緊張感のある社風です。マニュアルはなく接客も自分次第なので、自ら成長したい人におすすめです。社員に限らずアルバイトであっても発言ができる点は、非常に風通しが良い職場と言えるでしょう。

1リクルート

リクルートグループはメディア事業や人材派遣事業と幅広く事業を展開し、新卒者や転職者に限らず自らの意見や考えを積極的にアピールしたい人から人気があります。社員1人1人を起業家として見る姿勢を公表しており、副業や会社内での起業も許されている日本で数少ない企業です。

風通しの良い職場で誰でも発言し何事も挑戦する、そしてチームで目標を達成していく社風です。

風通しの良い職場の事例について

風通しの良い職場にするため実際の事例を参考に想像してみてください。職場という概念に囚われず、自由な発想で職場を改善していきましょう。

コミュニケーション

風通しの良い職場を作り出すにはコミュニケーションが不可欠です。そこで、コミュニケーションの場を上手く増やした事例をいくつか紹介します。

休憩所に炊飯器を置く

ある企業は休憩所に炊飯器を置くことでコミュニケーションの場を増やし、風通しの良い職場に改善することに成功しました。

それまでのお昼時は、社員たちが黙々とデスクで食べる光景が広がり暗い雰囲気だったそうです。しかし休憩所に炊飯器を置くと、社員たちはそれぞれおかずだけを持ち寄り一緒に食べるようになり、風通しの良い職場へと変わっていきました。

同じ釜の飯を食べることで一体感が生まれ、良いコミュニケーションの場となったのでしょう。

休憩所にマンガを置く

同じく休憩所を変えた事例ですが、今度はマンガを置いた企業です。マンガがあったら仕事に締まりが無くなりそうだと考えがちですが、結果は風通しの良い職場になる、という全く違うものでした。

マンガを置くことで休憩所の利用率が上がったこと、そして社員たちが同じマンガに興味を持つ機会が増えたことが良い結果に繋がった要因だと考えられます。年代別に流行ったマンガを置けば、年代が違うことでコミュニケーションの難しい上司や部下とも共通の話題ができます。

休憩所にただテーブルとイスだけが置かれている企業も多く見受けられますが、果たしてその休憩所は使われているのでしょうか。休憩所は社員たちがリラックスできる、そしてコミュニケーションができる場にすることが大事です。その意識だけで風通しの良い職場がぐんと近くなることでしょう。

コンプライアンス

近年、企業の法令違反に対して社会の目はより一層厳しくなっているので注意しましょう。

法令の中には社員の権限を守るものも存在します。しっかり守って風通しの良い職場や企業として、社会から認められる企業になりましょう。コンプライアンスをさらに改善することで、風通しの良い職場を実現した事例を紹介します。

具体的な人事評価

ある企業は人事評価をより具体的に分かりやすくすることで、風通しの良い職場を実現しました。

それまでは人事評価は評価の基準が曖昧なものでした。しかし、具体的な個人目標と上司が求める目標を提示することで、分かりやすい人事評価ができるようになります。

このとき注意したことは、抽象的な内容にせず数値目標の設定をすることです。例えば、「新規開拓のため尽力する」といった内容では、どうしたら目標を達成できているのか不明確です。「新規開拓で20件契約する」この目標であれば、達成の有無が明確で人事評価もしやすいし分かりやすいです。

社員が曖昧な評価基準が原因で、上司に対して萎縮してしまうこともあります。具体的にすることで風通しの良い職場になり、また目標達成までのプロセスをマネジメントしやすいことも良い点でしょう。

風通しの良い職場の特徴とは?

風通しの良い職場には共通する特徴は3つあります。1つ目は誰でも発言でき、それを実現できる社風であること。2つ目は企業が挑戦の精神を持っていること。最後は、成長する意欲のある社員が多い職場であること。

この特徴は、先に紹介した風通しの良い企業3社にも共通していることです。大事なことは、誰にでもチャンスを与えることです。社員の能力を伸ばそうとしている気持ちが、社員にとって風通しの良い職場に繋がるポイントです。

Latests