Search

検索したいワードを入力してください

風通しの良い職場への取り組み方・企業一3選

更新日:2021年09月03日

社員旅行やクラブ・イベント活動など、風通しの良い職場にしようと工夫を凝らしている企業も少なくありません。本当の風通しの良い職場とはいったいどのようなものか、そしてどうやったら実現されるのか、事例も交えて紹介していきます。

風通しの良い職場にするための研修を実施しよう

社員に対して風通しの良い職場にするための研修を実施しましょう。内容は主にコミュニケーションに関係するものなら何でも構いません。挨拶や話し方、聞き方でも良いでしょう。研修メンバーはベテラン社員から若手社員までバランスよく入れ、偏らないようにしてください。

そして、必ずオリエンテーションやグループ討論などを行い、加えて上司部下関係なくペアを組ませましょう。研修を一緒にしている「仲間」という意識を持ってもらうことで、研修後も話しやすい雰囲気が作れます。

社員全員に対して実施はもちろんですが、余裕があれば中堅社員だけの研修も実施してください。中堅社員は会社全体の中核、またベテラン社員と若手社員の架け橋となる存在です。風通しの良い職場にするためのキーパーソンとも言える中堅社員には、何よりもコミュニケーション能力が求められるので、内容の濃い研修をしておくと良いでしょう。

リラックスできる場所を作ろう

風通しの良い職場にするには、リラックスできる場所を作ること、つまり気軽に相談できる雰囲気を作ることが有効です。例えば休憩所や食堂です。テーブルを置く場合は丸型にしましょう。人は斜めの位置にいる相手の方が話しやすいと言われていて、四角いテーブルだと対面では距離感が遠すぎたり、横並びでは近すぎたりします。

また、あまり人には聞かれたくない相談でも、安心してできるように相談室も作ると良いでしょう。この場合も丸型テーブルを置くようにしましょう。

風通しの良い職場の企業一覧3選

日本ではどのような企業が風通しの良い職場なのか、ここでは3選を紹介します。企業の取り組みや社風を知り参考にしましょう。

1.アクセンチュア

アクセンチュアはコンサルティングやテクノロジーサービス、アウトソーシングサービスを行っており、就職活動学生から人気を集めています。若手メンバーが多く、アグレッシブな雰囲気で若手が挑戦できる社風は風通しの良い職場になっており、成長したいと望む人にはとても良い環境と言えます。

2.スターバックスコーヒージャパン

スターバックスは、アルバイトの採用倍率でさえ約20倍と言われるほど人気企業で、離職率も非常に低いです。人間関係は良好で、馴れ合いにならない緊張感のある社風です。マニュアルはなく接客も自分次第なので、自ら成長したい人におすすめです。社員に限らずアルバイトであっても発言ができる点は、非常に風通しが良い職場と言えるでしょう。

3.リクルート

リクルートグループはメディア事業や人材派遣事業と幅広く事業を展開し、新卒者や転職者に限らず自らの意見や考えを積極的にアピールしたい人から人気があります。社員1人1人を起業家として見る姿勢を公表しており、副業や会社内での起業も許されている日本で数少ない企業です。

風通しの良い職場で誰でも発言し何事も挑戦する、そしてチームで目標を達成していく社風です。

風通しの良い職場の事例について

風通しの良い職場にするため実際の事例を参考に想像してみてください。職場という概念に囚われず、自由な発想で職場を改善していきましょう。

コミュニケーション

風通しの良い職場を作り出すにはコミュニケーションが不可欠です。そこで、コミュニケーションの場を上手く増やした事例をいくつか紹介します。

休憩所に炊飯器を置く

次のページ:風通しの良い職場の特徴とは?

初回公開日:2018年02月21日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests