Search

検索したいワードを入力してください

社会福祉協議会への志望動機の書き方と例文|一般/臨時/介護など

初回公開日:2017年10月03日

更新日:2020年02月08日

記載されている内容は2017年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会福祉協議会は、地域の福祉の担い手として、地域の住民のために色々な職種に分かれています。「地域のために役に立てたい」という志望動機ではなく、自分が地域福祉のために使命感を感じたことを志望動機に加えることが地域福祉協議会へ採用の一歩となります。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会は、一般事務や、介護職員、看護師などの職種があります。社会福祉協議会というのは、高齢者や障害のある人たちの援助したり、母子家庭の支援する業務を行っています。社会福祉協議会は、利益追求が目的でなく、人のため世のために役に立つことを理念に持つ非営利目的の団体です。

福祉協議会は縁の下の力持ち!

一般事務職員は、地域福祉に関わる事務処理能力が求められます。ボランティア保険の加入事務処理、介護保険認定と、社会福祉協議会主宰の行事の準備などに関わっています。福祉活動専門員や地域福祉担当職員は、一般的に「ボランティア・コーディネーター」と呼ばれています。地域住民の相談に乗ったり、地域の問題の解決するための役割をしています。

福祉のケアを実践!

生活相談員は、別名「ソーシャルワーカー」と呼ばれています。老人福祉施設の職員採用や、入居した高齢者や家族の相談にのり、ケアマネージャーと協力して、介護プランを提案したりします。

ケアマネージャーは、高齢者が安心して介護保険サービスを使えるように、高齢者と家族との相談と、ケアプランの作成に介護認定の書類作成の代行を行います。連絡・調整だけではなく、介護保険が受けるように手助けをします。

地域の福祉の実践を行います!

訪問介護員は、社会福祉協議会の老人施設や訪問介護事業所に所属をし、高齢者の介護や身の回りの世話を行います。社会福祉協議会のリハビリ施設で働く職員や、訪問看護ステーションなど、在宅介護・看護として在宅介護の支援をします。

生活相談員は、ソーシャルワーカーと呼ばれています。老人福祉施設の職員採用や、入居した高齢者や家族の相談にのり、ケアマネージャーと協力して、人に合わせた介護プランを提案したりします。

社会福祉協議会の志望動機

履歴書や、職務経歴書(職歴書)の中で、最も自分のやる気をアピールをして、社会福祉協議会の仕事に就きたいと思いを書く欄です。社会福祉協議会に応募書類は、スキルやキャリアの他に、最志望動機を書きます。自分の志望動機が社会福祉について強い思いと福祉に対する姿勢が志望動機の中に書き加えます。

志望動機の書き方

社会福祉協議会の志望動機は、たいていの場合は「人に役に立ちたい」堅実で誠実な思いが大事です。社会への貢献度が大きいので、自分が福祉に対する思いと、学校で福祉への思いと社会福祉協議会に、なぜ就職をしたいのか志望動機をよく考えて履歴書に書きます。

社会福祉協議会の志望動機の例文

一般事務職の志望動機の場合

社会福祉に対する自分の考え方と関わり方を志望動機と書いてみたらどうでしょうか?ここでは、ボランティアの体験で福祉施設で出会った利用者に接した時の、心温まるエピソードと共に、パソコンを使えることを志望動機に書いておくと、社会福祉協議会の判断の材料になります。

一般事務職の志望動機の例文

中学生の時に、近くの老人ホームへボランティアの感想と利用者の感想として「一緒にいて安心した」「楽しくてとても孫みたいにかわいい」との言葉を書くといいです。そのほかに、パソコンが使うことができたら、「パソコンを利用していて基本的な操作もできますし、ワードやエクセルも使いこなせることができます。」と書き添えましょう。

臨時職員の志望動機の場合は

どうしても人の手助けをしたい気持ちは、十分志望動機になります。福祉に関わりたいという思いを前面にだしてみたらどうでしょうか。パソコン技術はいいアピールになります。

臨時職員の志望動機の例文

社会福祉協議会に働きたいと思う人は、人に手助けをしたいという思いを持っています。志望動機の欄に書くときは、小さい時から福祉の道に進もうと思っていた気持ちを書きます。医療事務などを学んできたので、パソコンのスキルは書類作成などや、データー集計もできることをアピールをしましょう。社会福祉協議会で事務室内だけでなく、地域の住人に手助けをしたいと思いを書きます。

介護職員の志望の動機

介護職への自分が介護に関わりたい思いと、志望動機を書くのが望ましいです。ただ介護するだけではなく、自分の介護に対する理念を全面的に書くことが大事でしょう。

介護職員の志望動機の例文

前職までは、地元のグループホームや有料老人ホームで介護職で働いていました。各施設の介護について、老人福祉についての姿勢で学ぶことができ、自分が目指す介護について見つめることができました。私は、福祉の手助けを必要としている人への手助けとをしたいと思っています。

看護士の志望動機の場合

応募者は、前職の病院の勤務について、そして看護士としての知識と経験があることを入れ込むといいでしょう。病院の看護士ではなく、福祉の観点から自分は看護士としての役割を考えを書くことにも志望動機になります。

看護士の志望の動機の例文

私は、病院で、看護士として働いてきました。基本的な看護士として経験や知識があります。私が社会福祉協議会で働きたいのは医療現場では、老人や障害者に支えることはできないと感じていました。社会福祉協議会では、自分のスキルと体験を生かして、多くの人々の生活を支えることができることを目標にしたいと感じています。

社会福祉協議会の志望動機で見られるポイントって?

社会福祉協議会は、色々な職種があります。志望動機も重点的に考えることが大事です。志望動機のポイントを考えてみましょう。志望動機のポイントは、社会福祉協議会の職種によって必要なスキルや経験が違います。志望動機の中は、自分の前職の経験を生かして何を学んだのか、社会福祉協議会に就職にしようと思ったことをこの中に書き加えます。

社会福祉協議会の採用できる重要なポイントは

社会福祉協議会は、公的な福祉への目的の役割を持っています。曖昧に福祉に関わりたい、地域に貢献したい、福祉に興味があるだけでは不十分な志望動機です。採用する時のポイントは「福祉についての考え、福祉の業務に就いた体験、社会福祉協議会と福祉に対する意思」を志望動機の中に織り込むことが大切です。

社会福祉に対する熱い思いが大事!

志望動機は、福祉に対しての自分の姿勢を考える事が大事です。社会福祉協議会が採用するポイントは、自分の意見を的確に客観的に対処できる能力です。志望動機は、自分が福祉についての考え方を客観的に分析して、自分はなぜ社会福祉協議会を志望しているのか、考えることが大事です。利用者の立場を考えて適切に福祉についての情報を提供している業務があるからです。

社会福祉協議会に採用されるコツ!!

人と人とのコミュニケーション能力!

重要なポイントは、人とのコミュニケーションが取れることが大事です。社会福祉の現場で職員が人と話すのが好きだけではなく、相手の言っていることや伝えたいことを受け止め、職員が、問題点を解決するための方法を導き出すことに優れている人が必要になっています。そのために、社会福祉協議会に採用を決めるポイントとして、『福祉への思いとコミュニケーションの高さ』を志望動機に書くべきです。

医療や福祉の現場で働く

志望者は、社会福祉士の資格を取ったり、前職として医療の現場で看護士として働いたり、福祉施設で介護士として働くのが採用される近道になります。資格をなくても、日頃からボランティアを福祉施設で活動してみるのも、採用する側は未体験でも採用するポイントとなります。

志望動機の中に医療や福祉の現場で見てきて感じたことや、そこで学んで資格を持つことができ福祉の担い手になる思いを志望動機に織り込むことも大事です。

福祉関係のボランティアをする

学生の時に資格を持たない人は、福祉施設などのボランティアをしてみたらどうでしょうか。社会福祉協議会が採用を決める時の志望動機の中に、福祉施設へのボランティアを参加して感じたことを志望動機として書くと、採用に近づくことができます。

地域福祉の担い手として

社会福祉協議会は、地域の社会福祉活動を支えている民間組織です。老人福祉、しょうがい者支援の他に、地域が住みなれた場所で安心して暮らせることができる町づくりを目指しています。「福祉の担い手として、やりがいを感じたい」という思いが大きな志望動機となります。

Latests