Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

「歯科助手の自己PR」をテーマにして、歯科助手の自己PRの考え方や例文などをご紹介しています。また、未経験・転職・新卒などのケース別に、それぞれの状況に合った歯科助手の自己PRのポイントやヒントについても考察しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

歯科助手の自己PRはどう書けば良い?書き方・例文

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

就職活動や転職活動では、応募書類を提出して選考を受けるケースがほとんどです。応募書類がどのようなものなのかは、企業の方針や選考の内容によって異なりますが、履歴書やエントリーシートを提出する場合が多いでしょう。

履歴書やエントリーシートでは、「自己PR」の項目が必ずと言って良いほど、設けられているでしょう。自己PRの項目は、自分自身を企業にアピールする貴重な機会であるとも言えます。ですから、志望する職種や業界、企業に合わせて、自分をよりアピールできそうな自己PRを考える必要があります。

今回は、数ある業界や職種の中でも、「歯科助手」をピックアップして、「歯科助手の自己PR」というテーマで、歯科助手の自己PRの書き方や例文をご紹介していきます。

歯科助手の自己PRの書き方

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

早速、歯科助手の自己PRを書く際の書き方や、自己PRの内容の考え方などをご紹介していきます。

歯科助手という職業がどのようなものなのか、また歯科助手にはどのような人が向いているのかといった内容を分析し、どのような内容の自己PRにするべきか、考察していきます。

歯科助手という職業

まずは、歯科助手がどのような職業なのか、業務内容や特徴などを見ていきましょう。

「歯科助手」とは、その名の通り、歯科医の助手やアシスタントとして、歯科医のサポートをする職業です。歯科医が患者に治療を施している時に、側で歯科医の指示に従って、助手として治療のサポートをします。

また、クリニックの方針や状況によっては、歯科助手が受付や患者の対応、会計なども行うこともあります。その為、歯科助手は歯医者やクリニックの看板を背負う、重要なポジションであるとも言われています。

歯科助手に向いている性格・人柄

上記でご紹介した、歯科助手の業務内容を元に、どのような人が歯科助手に向いているか、考察していきます。歯科助手に向いている性格や人柄を把握することで、より効果的な自己PRの内容を考えることができるでしょう。

歯科助手は、歯科医と共に患者の治療に携わることもあり、時には会計や受付なども担当する可能性もある職業です。その為、患者と接する機会は、非常に多いと予想できます。ですから、患者に好印象を抱いてもらえるような、明るく話しやすい雰囲気の人が向いているでしょう。

また、歯科医のサポート役として治療に携わる為、手際の良さも求められます。理解力が高かったり、気遣い上手だったりする方も、歯科助手に向いていると言えるでしょう。

歯科助手の自己PR

上記で考察した歯科助手に向いている性格・人格を参考にして、時下助手の自己PRの内容について考えていきましょう。

歯科助手は、受付や会計を担当することもある為、明るく話しやすそうな雰囲気の人が求められる傾向が強いと予想できます。ですから、明るい性格や、人と会ったり話したりすることが好きであることをアピールすると良いでしょう。また、過去に接客業やクリニックでの受付・会計などを経験したことがある場合は、それらの経歴をアピールするのもおすすめです。

また、歯科助手は患者の治療に携わることもある、責任のある職業です。その為、真面目な性格や、仕事に対する真剣な気持ち・熱意などを自己PRに盛り込むのも良いでしょう。

どんな長所を自己PRに使えば良い?

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

続いて、歯科助手の自己PRに利用できそうな長所をご紹介していきます。以下のような長所がある方は、ぜひ自己PRに利用してみましょう。

・会計や受付の経験がある
・周囲の人から、「話しやすい」「相談しやすい」とよく言われる
・あらゆる年代の人と、親しく話すことができる
・細かい所までよく気付くことができる
・慎重・真面目な性格の持ち主   など

歯科助手以外にも、会計や受付など、歯科助手として働くのに役立ちそうな経歴・職歴がある場合は、積極的にアピールしましょう。

また、クリニックや歯科医院は、子供から高齢者まで、老若男女さまざまな人が利用します。ですから、人見知りすることなく、さまざまな年代の人と接することができる場合は、そういった性格も自己PRに使うことができるでしょう。

歯科助手の自己PRの例文

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

続いて、上記で考察した歯科助手の業務内容や自己PRに書くべき内容などを踏まえて、歯科助手の自己PRの例文をご紹介していきます。ここでは経験者の方向けの例文をご紹介していきます。

「前職では、歯科医院にて歯科助手として、医師が治療をする際にアシスタントをしておりました。前職では、アシスタントという立場でしたが、治療に携わる以上は、自分ができることを精一杯にやり、患者様が安心できるような治療を施せるよう、意識しておりました。また、受付も担当しており、患者様とのふれあいを重要視した対応を心掛けておりました。貴院では、患者様第一の対応や治療を心掛けていると聞き、前職で大切にしてきた姿勢を更に追求した働き方をすることができると感じ、この度志望致しました。」

過去に歯科助手して働いた経験がある方は、その時の経験や職歴を自己PRに使うと良いでしょう。その際は、前職で何を学んだのか、歯科助手として何ができるのかを具体的に述べることをおすすめします。

ケース別に見る!未経験・転職・新卒の自己PRの書き方

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

最後に、未経験・転職・新卒の3種類のケース別に、歯科助手の自己PRの書き方やポイントについてご紹介していきます。

未経験の場合、転職の場合、新卒の場合では、それぞれアピールすべきポイントや自己PRの考え方が大きく異なります。ご自身の立場や状況に合わせて、どのような自己PRにするべきか、考えてみて下さい。

ケース別歯科助手の自己PRの考え方:未経験の場合

まずは、未経験から歯科助手を目指す場合の、自己PRの考え方についてご紹介していきます。

未経験の場合、歯科助手としての経験や知識をアピールすることができません。その為、性格や考え方、熱意などをアピールすることになります。上記でもご紹介したように、歯科助手は患者と接する機会が多い職業なので、人見知りしない性格や誰とでも打ち解けられる個性を自己PRに利用すると良いでしょう。

性格を自己PRに使う際、単に性格や個性の長所をアピールするだけでなく、それらの性格や個性が歯科助手として働く上でどのようにいかせそうか、自分を採用するメリットに結び付けることが大切です。

ケース別歯科助手の自己PRの考え方:転職の場合

他のクリニックや歯科医院から転職する場合は、これまでの経験や培った技術などをアピールするようにしましょう。どの程度のサポートができるのか、知識があるのかを具体的に述べることで、採用担当者も採用後の活躍が想像しやすい為、採用される可能性が高くなる場合もあるでしょう。

また、前職ではどのような点を意識して働いていたのか、自分を採用することでクリニック側にどんなメリットがあるのかなども、自己PRに盛り込むことをおすすめします。経験者は、未経験者よりも経験や知識がある為、選考で有利になるケースもあります。ですから、過去の経験や培った技術・知識は、フル活用してアピールに利用した方が、採用される可能性も高くなると予想できます。

ケース別歯科助手の自己PRの考え方:新卒の場合

高校や大学を卒業して、新卒で歯科助手への就職を目指す場合は、基本的には実務経験がない為、フレッシュさややる気、熱意などをアピールすることになります。歯科助手という職業に対する情熱やこだわり、どのような歯科助手になりたいのかを語った将来のビジョンなどを前向きに述べることをおすすめします。

また、学生時代にアルバイトの経験があり、歯科助手の仕事にいかせそうな場合は、アルバイトで学んだことや得た知識などを自己PRに活用するのも良いでしょう。歯科助手でなくとも、接客業などの経験がある場合は、アルバイトを通して学んだことと、歯科助手の業務綯いようを結び付け、採用後にどのような活躍ができそうか、具体的に述べることをおすすめします。

自己PRでは、自分を採用するメリットを述べることが大切

歯科助手の仕事の自己PRの書き方と例文・未経験/転職/新卒の場合

今回は、数ある職業の中でも「歯科助手」に注目して、「歯科助手の自己PR」をテーマにして、歯科助手の自己PRの考え方や例文をご紹介しました。

歯科助手に限らず、自己PRを考える際は、自分の長所や得意分野などが、採用後どのようにいかせるか、自分を採用することでどのようなメリットがあるのかを、採用担当者が連想できるような内容にすることが大切です。例えば、明るい性格を自己PRでアピールする場合は、明るい性格が歯科助手の仕事にどのようにいかせるのかを、具体的に述べましょう。

また、経験者の場合は、過去の経験や培った技術・知識などは、しっかりアピールすることをおすすめします。自分ができることを具体的に述べることで、採用担当者も採用後のビジョンをイメージしやすくなるので、採用しやすくなる可能性があるのです。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests