Search

検索したいワードを入力してください

結婚で退職する場合の履歴書の書き方とは?例文や注意点も解説

更新日:2022年08月31日

前社の退職理由が結婚の場合、履歴書にどのように記載するか悩みますよね。この記事では、履歴書の職歴欄・自己PR欄の例文や記載にあたっての注意点などをまとめています。結婚によって退職する場合の履歴書の書き方を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

「結婚による退職は履歴書に書いていいの?」
「結婚による退職はどうやって履歴書に書くの?」
「結婚による退職は転職先の選考で不利になる?」
前社の退職理由が結婚の場合、転職活動中の履歴書の書き方に悩むことが多いのではないでしょうか。

この記事では、結婚に伴う退職を履歴書にどのように書くか解説しています。職歴欄・自己PR欄の記載例はもちろん、採用で不利にならないために知っておきたい注意点もわかります。

また、出産を理由に前職を退職した場合や男性が結婚を理由に退職している場合の履歴書の書き方や、面接前に準備しておきたいことも紹介しています。

この記事を読めば、履歴書に「結婚に伴い退職」と書くときの疑問や悩みが解決します。転職や就職活動を前向きに進めるためにも、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

履歴書の退職理由に「結婚に伴い退職」はあり?

結婚を機に退職した場合、履歴書には「結婚に伴い退職」と記載しましょう。

「結婚による退職は、企業に対してマイナスなイメージを与えるのではないか」「採用で不利になるのではないか」と不安に思われるかもしれませんが、結婚はポジティブな退職理由ととらえられることが一般的です。

なぜなら、採用する企業からすれば、前社の退社理由が「一身上の都合」といった具体的な内容がわからないものよりも「結婚に伴い退職」と明確になっているほうが安心できるからです。

したがって、履歴書に記載する退職理由として「結婚に伴い退職」は「あり」ですし、むしろベストな書き方と言えます。また、男性も女性も使える退職理由です。

「一身上の都合により退職」との違いは?

「一身上の都合により退職」とは、「自己都合による退職」という意味があります。個人的な事情や家庭の事情で退社したときに使う表現です。

「一身上の都合により退職」は「結婚に伴い退職」と違い、退社理由が明確ではありません。

そのため、履歴書に記載された退職理由が「一身上の都合により退職」の場合、企業の面接担当者にとっては「前社をどんな理由で辞めたのだろうか」と気になる要素になりがちです。

結婚を理由に退社した場合は転職時の履歴書へ「結婚に伴い退職」と書きましょう。企業に前向きな印象を伝えられますよ。

退職理由が出産の場合の履歴書への書き方とは?

妊娠・出産による退職は「結婚に伴い退職」と同じく、本人になんらかの問題があって退社したということではないため、ポジティブな退社理由になります。

前社の退職理由が出産の場合は、履歴書の職歴欄には「出産に伴い退職」と明記しましょう。

また、自己PR欄では「出産・子育ての経験を仕事に活かせる」とアピールできます。「仕事と子育てを両立できる」「子育ての経験からタイムマネジメントがうまくできる」など、アピールポイントを考えておきましょう。

退職理由が結婚の場合の例文

結婚を理由に前社を退職している場合、履歴書の「職歴欄」や「自己PR欄」はどのように記載したらいいのか、例文を紹介します。

特にポイントになるのは「自己PR欄」です。

職務経歴だけでなく、結婚や出産、子育ての経験が転職先で活かせるような書き方を意識しましょう。

職歴欄

次のページ:結婚による退職理由を履歴書に書く際の3つの注意点

初回公開日:2022年08月31日

記載されている内容は2022年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests