Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月31日

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

履歴書でアピールしたいことや経験そのものを強調する時に「経験を活かす」という表現をします。同じような表現に「経験を生かす」とするケースもあり、両者には違いがあるのでしょうか。「経験を活かす」と「経験を生かす」違いやポイントについて紹介します。

就活では経験や人格をアピールする

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

春から社会人として新生活を始める人は多いです。これから新たに新天地を求めるという方も少なくありません。就職・転職活動には面接や履歴書で、人事担当の方に、これまでの経験や身につけたスキルをアピールする必要もあります。周りと差をつけるためには、経験に関するアピールが重要と言えるでしょう。就職・転職活動における経験の述べ方について紹介します。

「活かす」と「生かす」の二つの表現

面接における自己PRで、「経験をいかして頑張ります」というフレーズを用いたことがある人は多いです。「経験をいかす」は履歴書にも用いることができる表現ですが、「いかす」にどの漢字を用いているでしょうか。「いかす」という感じとして、「活かす」や「生かす」を用いることが一般的です。この漢字二つの使いわけを、説明することは容易でしょうか。

正しい使い分けを知ろう

スマホやPCを使って文章を作成すると、漢字変換は自動的に行われることが多いです。経験を「いかす」に用いる漢字を意識していない可能性もあります。同じ音の言葉ですが、生かす・活かすには示す意味になると同じではありません。正しい使い分けをすることで、就職活動でも存在を強調できるメリットも期待できます。漢字誤用のリスクも防ぐことも重要です。

「経験を活かす」と漢字「生かす」の意味の違い

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

履歴書に経歴やスキルなどを強調する場合に、「経験を活かす」と使うことは珍しくありません。これまでに積み重ねてきたことを、採用していただきたい職種や場所で強みとしてアピールすることは重要です。同じようになニュアンスとして「経験を生かす」としても問題はないのでしょうか。「いかす」に用いる漢字別の経験に関する意味合いについて紹介します。

これまでに経験ありなら「活」

「活」という漢字には、「役立てる」というニュアンスがあります。これまでに経験してきたことを今後に活用したいという意図であれば、「経験を活かす」と表現した方がふさわしくなります。これまでに経験したことや、身につけたスキルをもって就職を強調したい時には「活」という言葉を用いることが無難と言えるでしょう。履歴書に書く場合にはおすすめです。

これから経験したいなら「生」

転職やバイトによっては、未経験のことを志願したい時もあります。今後の努力や態度でもって、仕事に貢献することを強調することが少なくありません。これから未経験のことを積み重ね、学びや気づきを仕事に役立てるのであれば「経験を生かす」としたほうが良いでしょう。「活かす」は常用漢字として存在しないため、正式な書類には「生かす」がおすすめです。

職種によって使えない「活かす」

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

常用漢字として存在していないことから、公務員や新聞会社など職種によっては、履歴書には「活かす」を利用しないことが理想的です。パートやアルバイトの履歴書では、区別を意識することは心配しなくてもよいでしょう。職種や法定に関わる職種では、「活かす」がNGになるケースもゼロではありません。仕事や目的によって使い分けることが求められます。

「経験を活かす」の類語・言い換え

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

就職活動では強い意欲をアピールすることが重要になります。これまでの努力や経験をアピールするには、「経験を活かす」は使い勝手が良いです。同じニュアンスを伝える類語や言い換えを組み合わせることで、さらに効率がよい自己PRにつながる可能性が期待できます。「経験を活かす」の類語や言い換えの表現・使い方のポイントについて紹介します。

経験を活用する

経験やスキルを活用するというニュアンスで、「経験を活かす」という使い方が一般的です。同じようなニュアンスであれば「経験を活用する」という言い換えが代表的と言えます。話し言葉としても使える表現ですが、かしこまったニュアンスになるため履歴書などに書く目的で用いることが理想的です。面接などで発声する場合には、「経験をいかす」が便利です。

経験を利用する

「経験を活用する」という表現と同じく、「経験を利用する」という言い換えも可能です。活用するという類語として、利用するという使い方は一般的です。これまでの活動や経験で身につけたことを上手に活用して、御社の仕事で活躍しますというアピールとして「経験を利用する」という使い方は難しくありません。「経験を活かす」という言葉の多用防止になります。

「経験を活かす」の例文

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

常用漢字としては利用しなくても、「経験を活かす」という表現は就職活動で重宝する表現です。実際に面接や履歴書で用いる場合には、どう表現することが理想的なのでしょうか。「経験を活かす」という表現を用いた例文や表現のポイントについて紹介します。評価される正しい履歴書への使い方をマスターすることで、就職に有利な効果が見込めるでしょう。

経験を活かして貢献する

転職として面接を希望される方には、前の職場における経験や能力をアピールした方が有利に運ぶ場合が多いです。面接や履歴書におけるアピールとして「前職で身につけた人脈や経験を活かして、御社に貢献したい」と述べることで効果が見込めます。活かすことができる経験や知識などの詳細を、事前に担当の方へ伝えておくことが理想的な準備と言えるでしょう。

経験を今後の業務に活かす

就職活動で採用や内定が定まった場合に、研修を受けることも珍しくありません。企業においては研修終了時に、報告書を提出することが多いです。研修における報告書のポイントとして、研修時における「気づき」を連ねることが重要です。それから「研修時での経験や気づきを、今後の業務に活かす」と、報告書を締めることも不自然ではない形と言えるでしょう。

「経験を活かす」に関する四字熟語

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

ビジネスシーンだけではなく、日常的なコミュニケーションでも経験を人に語るときは少なくありません。相手の経験を褒める時に、四字熟語を取り入れることも珍しくはないでしょう。「経験を活かす」ニュアンスに用いることができる熟語をどれくらいご存知でしょうか。「経験を活かす」に関する四字熟語やニュアンスのポイントについて紹介します。

一日の長

一日の長という言葉には、大きくわけて2つの意味があります。年齢と経験に分けて考えることが一般的です。年上の相手に対して、「一日の長」を利用することが自然な使い方になります。別のニュアンスとして、「経験・知識などが優れている」という使い方も代表的です。場面や状況に応じて、使われているニュアンスを考える臨機応変さがポイントと言えます。

百戦錬磨

これまでの経験や熟練度を褒める表現として、「百戦錬磨」という言葉も選択肢の一つと言えるでしょう。転職や中途採用などでは、経験ある人材を求める企業も珍しくありません。自分自身を呼称する場合にはオススメとは言えませんが、相手をたてる表現として「百戦錬磨」は有用な言葉と言えるでしょう。「百戦錬磨」と呼ばれるほどの経験を望む方も多いです。

老成持重

多くの経験をするメリットの一つとして、確かな判断力が身につくことがあります。十分な経験を兼ね備えて、その経験を活かした慎重な判断力には「老成自重」がおすすめです。豊富な経験があり、物事にも長けている様を「老成自重」とすることから、有能な人材を評価するには最適です。期待できる人材を示す言葉として、位の高い部類と言えるでしょう。

「経験を活かす」の敬語

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

就職活動では、積み重ねてきた事を企業にどれくらい伝えられるかが決め手になります。面接では、正しい言葉遣いや敬語表現もマナーや一般常識として評価されることが多いです。「経験を活かす」という表現には、敬意をこめた使い方が可能なのでしょうか。「経験を活かす」を用いた敬語表現や、面接時における伝え方のポイントについて紹介します。

就活では「貢献したい」につなげる

面接において原則、敬語表現を崩さないことが不可欠と言えるでしょう。「経験を活かす」で終えてしまうと失礼にあたる可能性もあります。面接官や企業に対する敬意として、「経験を活かして、企業に貢献したい」とする形式が理想的です。自分本位ととられない表現を意識しつつ「経験を活かす」には、どうすればよいか考えておく必要があります。

「経験を活かす」に関することわざ・名言

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

経験を評価する動きは現代だけに限らないと言えます。古い時代からも経験ある人材や経験を重視する風潮は健在だったことは言うまでもありません。多くの過去の偉人が経験の大切さを語る言葉を残しているケースが多いです。「経験を活かす」というニュアンスを持つことわざや名言も多く存在しています。

「経験を活かす」ニュアンスに関連があることわざや、経験を評価する名言について紹介します。「経験を活かす」意図以外にも、期待する人材の経験を評価する場合におすすめの表現と言えるでしょう。

馬には乗ってみよ人には添うてみよ

「経験を活かす」ための経験というものは短期間で身につくことは難しいと言えるでしょう。時間をかけて身につけることの大切さを、「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」という名言が表しています。馬はある程度乗るようになって初めて馬のことが理解できて、人とは一定の月日をつきあって性格が理解できるという意味合いで生まれました。

「経験を活かす」には、これまでの継続期間が長ければ長いほど評価や効果が高いともいえます。自己PRに「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」を混ぜつつ、これまでの取り組みを表現できるとポイントが高いでしょう。

人は見かけによらぬもの

長く身につけてきた経験や知識は外見からは分からないことが多いです。「経験を活かす」シチュエーションになって、相手から驚かれることも珍しくないでしょう。「ひとは見かけによらぬもの」ということわざは、内面や経験を評価するふさわしい言葉ととらえることができます。「経験を活かす」状況を目指す方には、言われたい言葉とも言えるでしょう。

経験を賢く生かすならば、何事も無駄ではない。

「経験を活かす」という言葉を意識すると、特別な経験を求めようとすることも珍しくありません。しかし、意図せず続けてきたことが、身を結ぶと言うケースもゼロではありません。「経験を賢く生かすならば、何事も無駄ではない。」という名言があります。いろいろな経験をしてこそ、「経験を活かす」選択肢の幅は広がると言えるでしょう。

経験を積み重ねて次に活かそう!

今回は「経験を活かす」という表現や、就職活動における「経験を活かす」ポイントについて紹介しました。フレッシュマン・転職希望の方、それぞれが持つ経験というものへのニュアンスには違いがあると言えるでしょう。いずれにしても経験を積み重ねて、正しい使い分けが不可欠です。ステップアップしていくために、今後の生活に学びを意識してみましょう。

Latests