Search

検索したいワードを入力してください

「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

更新日:2022年06月30日

履歴書でアピールしたいことや経験そのものを強調する時に「経験を活かす」という表現をします。同じような表現に「経験を生かす」とするケースもあり、両者には違いがあるのでしょうか。「経験を活かす」と「経験を生かす」違いやポイントについて紹介します。

就活では経験や人格をアピールする

春から社会人として新生活を始める人は多いです。これから新たに新天地を求めるという方も少なくありません。就職・転職活動には面接や履歴書で、人事担当の方に、これまでの経験や身につけたスキルをアピールする必要もあります。周りと差をつけるためには、経験に関するアピールが重要と言えるでしょう。就職・転職活動における経験の述べ方について紹介します。

「活かす」と「生かす」の二つの表現

面接における自己PRで、「経験をいかして頑張ります」というフレーズを用いたことがある人は多いです。「経験をいかす」は履歴書にも用いることができる表現ですが、「いかす」にどの漢字を用いているでしょうか。「いかす」という感じとして、「活かす」や「生かす」を用いることが一般的です。この漢字二つの使いわけを、説明することは容易でしょうか。

正しい使い分けを知ろう

スマホやPCを使って文章を作成すると、漢字変換は自動的に行われることが多いです。経験を「いかす」に用いる漢字を意識していない可能性もあります。同じ音の言葉ですが、生かす・活かすには示す意味になると同じではありません。正しい使い分けをすることで、就職活動でも存在を強調できるメリットも期待できます。漢字誤用のリスクも防ぐことも重要です。

「経験を活かす」と漢字「生かす」の意味の違い

履歴書に経歴やスキルなどを強調する場合に、「経験を活かす」と使うことは珍しくありません。これまでに積み重ねてきたことを、採用していただきたい職種や場所で強みとしてアピールすることは重要です。同じようになニュアンスとして「経験を生かす」としても問題はないのでしょうか。「いかす」に用いる漢字別の経験に関する意味合いについて紹介します。

これまでに経験ありなら「活」

「活」という漢字には、「役立てる」というニュアンスがあります。これまでに経験してきたことを今後に活用したいという意図であれば、「経験を活かす」と表現した方がふさわしくなります。これまでに経験したことや、身につけたスキルをもって就職を強調したい時には「活」という言葉を用いることが無難と言えるでしょう。履歴書に書く場合にはおすすめです。

これから経験したいなら「生」

転職やバイトによっては、未経験のことを志願したい時もあります。今後の努力や態度でもって、仕事に貢献することを強調することが少なくありません。これから未経験のことを積み重ね、学びや気づきを仕事に役立てるのであれば「経験を生かす」としたほうが良いでしょう。「活かす」は常用漢字として存在しないため、正式な書類には「生かす」がおすすめです。

職種によって使えない「活かす」

常用漢字として存在していないことから、公務員や新聞会社など職種によっては、履歴書には「活かす」を利用しないことが理想的です。パートやアルバイトの履歴書では、区別を意識することは心配しなくてもよいでしょう。職種や法定に関わる職種では、「活かす」がNGになるケースもゼロではありません。仕事や目的によって使い分けることが求められます。

「経験を活かす」の類語・言い換え

就職活動では強い意欲をアピールすることが重要になります。これまでの努力や経験をアピールするには、「経験を活かす」は使い勝手が良いです。同じニュアンスを伝える類語や言い換えを組み合わせることで、さらに効率がよい自己PRにつながる可能性が期待できます。「経験を活かす」の類語や言い換えの表現・使い方のポイントについて紹介します。

経験を活用する

次のページ:「経験を活かす」の例文

初回公開日:2018年03月31日

記載されている内容は2018年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests