Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月02日

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

就活で折り返し電話をかけたり受け取ったりする場合は、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?このぺ―ジでは、「就活における折り返し電話」をテーマにして、就活における折り返し電話のマナーや注意点をご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

こんな時はどうする!?就活で折り返し電話が来ない時の対処法

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

就活をしていると、さまざまな人や企業と連絡を取ることになります。最近は、メールなどでやり取りをするケースも少なくありませんが、重要な内容の連絡は、やはり電話で直接話すというケースが、まだまだ多いと言われています。

電話は、電話をかける側の都合だけでは、成立しません。電話を受ける側の人も都合が良いタイミングでないと、電話での会話は不可能となっています。そのため、タイミングや時間帯によっては、相手が電話に出ない可能性もあります。ですから、就活で電話で連絡をしていると、企業へ折り返しの電話をかけたり、反対に企業から折り返しの電話がかかってきたりすることもあるでしょう。

今回は、そんな「就活における折り返しの電話」をテーマにして、就活での折り返し電話のマナーや対処法をご紹介していきます。

就活で折り返し電話が来ない時の対処法

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

就活中、連絡に対して何かと敏感になる就活生は多いでしょう。メールにしても電話にしても、なるべくなら連絡が来た時点で返信や受信をし、スピーディーなレスポンスをすることで、企業に対してやる気や誠意をアピールできると言われています。

しかし、電話の場合は、タイミングや状況によっては、着信があっても通話をすることができない可能性もあります。また、反対に電話で企業へ連絡を入れてみたものの、担当者が不在で話せないというケースも少なくありません。

担当者が不在の場合、企業や状況によっては折り返し電話を受け取ることになるケースもありますが、約束したはずの折り返し電話が来ないこともあり得ます。来るはずの折り返し電話が来ない場合、どのように対処していけば良いのか考えていきましょう。

就活の折り返し電話が来ない時【1】:留守電なし

就活中、企業から折り返し電話が来たものの電話に出られず、それに対して留守電なども残されていなかった場合は、自分から再び電話をかけるようにしましょう。企業からの折り返し電話がきた履歴があるものの、留守電がない場合は、なるべく早く自分から折り返し電話をかけ、企業からの電話に出られなかったことへの謝罪をして、用件を尋ねます。

特に、企業からの折り返し電話が、事前に約束していた日時にきたにも関わらず、出ることができなかった場合は、より丁寧に謝罪することをおすすめします。

就活の折り返し電話が来ない時【2】:遅い

企業から、折り返し電話が来る日時について約束していたにも関わらず、その時間や期間内に折り返し電話が来ない場合や、大幅に遅れる場合もあります。そのような時は、自分から再度電話をかけるのも、1つの方法だと言われています。

電話で話したい内容にもよりますが、重要な話や緊急の内容の場合は、折り返し電話が来るはずだった時間から1・2時間過ぎても、企業側から電話がかかって来ない場合は、自分から企業へ電話してみても問題ないでしょう。

就活で折り返し電話をする時間帯

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

上記では、就活で折り返し電話が企業からかかって来ない場合にスポットを当てて、対処法についてご紹介しました。続いては、就活で自分から折り返し電話をする場合、どの時間帯にかけるのがベストなのか、折り返し電話をかける時間帯について考察していきます。

就活で折り返し電話をかける時間帯【1】:翌日

就活で折り返し電話の約束をする際、企業側から電話を掛ける時間帯を指定された場合は、その日時に折り返し電話をかければ良いので、そんなに問題にはならないでしょう。しかし、「後程」などの具体的な回答ではなかった場合は、どのタイミングで折り返し電話をかければ良いのか、悩んでしまう就活生も多いと予想できます。

企業から、折り返し電話のタイミングについて、「後程」などと言われた場合は、一般的にはその翌日に折り返し電話をかけると良いと言われています。とはいえ、電話の内容が緊急のものである場合は、その場で伝言を頼むか、数時間後に再び電話をかけても問題ないでしょう。

就活で折り返し電話をかける時間帯【2】:お昼

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

就活による企業とのやり取りで、時間などの指定はないものの折り返し電話をかけなければならない場合、昼休みなどの時間帯に電話をかけることを検討する方もいらっしゃるでしょう。しかし、昼休みは席を外している方も多いため、折り返し電話をかける時間帯としては、ベストとは言い難いものです。

昼休みは、本人が外出などをしてしまっている可能性が高く、電話をかけても再び折り返し電話をしたりしてもらったりすることになる可能性があります。また、昼休みは休憩の時間なので、電話をかけることで休憩や食事の邪魔になってしまう危険性も考えられます。

上記のような背景から、就活で企業へ折り返し電話をかけるタイミングとして、企業側からの指定でない場合は、お昼の時間帯はおすすめできません。

就活で折り返し電話をかける時間帯【3】:何時まで

上記では、就活の折り返し電話のタイミングとして、お昼や昼休みの時間帯は、あまりおすすめできないことをご紹介しました。お昼の時間帯が良くないとなると、どの時間帯に、また何時くらいまでに折り返し電話をかければ良いのか、悩んでしまう方も多いでしょう。

企業側から、折り返し電話の日時について、具体的な指定などがない場合、何時くらいまでに電話をかければ良いのかは、営業時間によっても異なります。一般的には、営業時間を過ぎてしまった場合は、電話をかけても相手がいない可能性があるため、折り返し電話をかける時間帯としては、おすすめできません。

また、営業時間内であっても、一般的に深夜とされる時間帯や、早朝と言われている時間帯は、場合によっては「非常識」という印象を与えてしまう危険性があるため、折り返し電話をかけるのは避けましょう。

就活で折り返し電話をかける時間帯【4】:営業時間

上記で、基本的には営業時間内の、早朝や深夜ではない時間帯が、就活で折り返し電話をかけるのに適しているタイミングだとご紹介しました。

しかし、営業時間内であっても、おすすめできない時間帯はあります。基本的に、営業が開始される時間は、朝礼などを行っている企業も多いため、営業時間になったと同時に折り返し電話をかえることは、よほど緊急の内容でない限りおすすめできません。

また、営業時間が終わる1時間前くらいは、残業にならないよう、急いで仕事をしている社会人も多いと言われ¥ています。ですから、営業時間が終わるタイミングでの折り返し電話も、相手の迷惑になる危険性があります。

就活で折り返し電話をかけるベストな時間帯としては、営業時間の1時間後~お昼くらいの時間帯か、昼休み後の午後の時間帯が良いと言われています。

就活で折り返し電話をする際のマナー

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

上記では、主に就活で折り返し電話をかける際のタイミングや時間帯を中心に考察・ご紹介しました。続いては、就活で折り返し電話をかける際の、時間帯以外のマナーをご紹介していきます。

大前提として、企業から折り返し電話の時間帯や日程を指定された場合は、その指示に従いましょう。また、企業から折り返し電話の時間帯について、希望や予定などを尋ねられた場合は、いくつか候補を挙げ、一方的に決定せずに、相手の都合を確認することをおすすめします。

また、折り返し電話をかける際は、必ず手元にメモや筆記用具を用意しておきましょう。さらに、自分から折り返し電話をかける場合は、必ず電波が良く、静かな場所で落ち着いてかけることがマナーとなっています。

就活の折り返し電話は土日にしてもOK?

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

就活で折り返し電話をかける際、曜日も気にする必要があります。企業にもよりますが、多くの企業は土日は休みとしています。そのため、土日に折り返し電話をかけても、誰も出なかったり、当番や担当になっている人が電話に出たりする可能性が高く、採用担当者などと話せる可能性は低いでしょう。

とはいえ、中にはその他の曜日を週休にして、土日に営業をしている企業も存在します。そのような企業から、「折り返しの電話は土日にかけてほしい」という指示や指定があった場合は、土日に折り返し電話をかけても問題ありません。

就活の折り返し電話はマナーを守ってスムーズに!

就活で折り返し電話が来ない時の対処法・電話する時間帯

いかがでしたでしょうか?今回は、「就活における折り返しの電話」をテーマにして、就活で折り返しの電話をかける場合や、企業から折り返しの電話が来ない場合のマナーや対処法についてご紹介しました。

電話は、タイミングが合えば直接いろいろなことを話すことができるので、就活での企業との連絡手段としても確実性の高い連絡手段と言えます。ですから、約束や予定を取りつけて、上手く折り返し電話をかけたり受け取ったりすることができると、企業との連絡がスムーズに進み、何かと便利です。ぜひ、就活における折り返し電話のマナーやポイント、注意点を覚え、就活での企業との連絡を、スピーディーかつスムーズに取れるようにしましょう。

Latests