Search

検索したいワードを入力してください

マレーシアへ移住するためには?(条件/費用)・移住の失敗例

更新日:2020年08月20日

マレーシアへの移住はここ10年の高いです。物価の安さ、治安の良さ、政府による外国人移住を奨励する政策など、そのの理由と移住に必要な手続きと事前準備、さらにマレーシア移住の成功の秘訣、失敗しないアドバイスをご紹介します。マレーシア移住を考えてみませんか。

海外移住先としてマレーシアが

海外の長期滞在または移住先として、マレーシアがここ10年強いを誇っています。一般財団法人ロングステイ財団は、毎年「ロングステイ希望国」10を発表、10年連続でマレーシアが一位に選ばれています。日本外務省の平成29年版「海外在留邦人数調査統計」によると、マレーシアに移住や永住も含め長期滞在する日本人は22,109人です。

日本人が長期滞在する主な国11ヶ国にマレーシアは含まれています。ちなみに、日本人が長期滞在する主な11ヶ国は上位から米国、中国、タイ、英国、オーストラリア、フランス、ドイツ、韓国、カナダ、マレーシアを加えると海外滞在日本人の8割がこの11ヶ国に住んでいることになります。

日本人の海外永住者は、合計で468,428人、マレーシアへの永住者は23,693人と発表されています。そして、マレーシアへの移住者・永住者は、ここ数年ほぼ4%ずつ増加しています。また、マレーシアには日系企業の拠点が1,383あり2−3%ずつ毎年増加しています。日系企業の数としては、世界で9番目に多いとのことです。

これらの数字を見ても、日本人にとってマレーシア移住のと日本企業との強い繋がりが見受けられます。では、なぜマレーシア移住が日本人にこれほどなのか、移住のために知っておくべきこと、移住の成功例・失敗例をご紹介します。

マレーシア移住の8つの理由

物価が安い

マレーシアが移住の地に選ばれる一番の理由は、何と言っても物価の安さでしょう。アジアの中でも物価が安いのが、マレーシアで日本の物価の1/4と言われています。日本人の移住先としての高いタイでも日本の物価の1/3ですから、マレーシアのコスト面での住みやすさがよくわかります。

また、アジアの中ではインドネシアに続き2番目に土地が安いため、日本では考えられないような広い土地に大きな家を建てることも可能です。賃貸も同様に手軽な価格で借りられます。マレーシアは、農業国で野菜や果物が豊富、こちらも安価で手に入ります。マレーシア政府がオイル業界に補助金を出しているので、ガソリンもかなり安く手に入ります。

総合的に見て、マレーシア移住では生活費がかなり低く抑えられますので、この物価の低さは特にリタイア後の日本人移住者にが高い理由です。

医療施設が整っている

マレーシアは、政府の主導により高度医療が行える医療施設が整っているので、海外からの移住者でも安心して治療が受けられます。海外からの輸入品も手軽に入りますので、海外移住生活での不自由さも比較的気にならないのが、マレーシアの魅力と言えるでしょう。

また、日本人の主食であるお米も手に入りやすいのも現地移住者には好まれています。

治安が安全である

マレーシアは、他民族国家でありマレー系65%、中国系25%、インド系8%と言われています。この民族の多様さに伴い、宗教にも多様性が見られ人口の中心であるマレー系が主に信仰するイスラム教が国教、中国系は仏教、インド系はヒンドゥー教を主に進行しています。

民族と宗教の多様性の歴史は長く、多様な人々がお互いを尊重しあって共存するのがマレーシアの文化と言われています。犯罪率も低く殺人事件が報道されることもかなり稀です。安全な環境に慣れた日本人が移住する国を選ぶ際には、マレーシアの低い犯罪率はかなり魅力的に映ります。

外国人が土地や家を所有する権利が守られている

マレーシア政府は経済、特に不動産市場を発展させるために2006年から移住した外国人が不動産を所有しやすいように規制を緩和しました。価格が急上昇しないように外国人が不動産を購入できる最低価格が設定されていたり、州政府の合意を取得するなどの条件はあるものの、マレーシアは移住した外国人が合法的に不動産を所有できる数少ない東南アジアの国です。

また、他の東南アジア諸国に比べると外国人による不動産所有の審査に対する透明性が高く、外国人に評判のよくない「現地のわかりづらいルール」がほとんどありません。外国人でも住宅ローンが利用できます。

日本人移住者の多いフィリピンなどでは、外国人が土地付き住宅を購入できないことが多く、またベトナムやタイでは現地のわかりづらいルールが多く、問題が起きやすいという前提を踏まえると、いかにマレーシアが不動産所有の面からも魅力的な国であるかがよくわかります。

また、マレーシアは長い間英国植民地であったという歴史的な背景から、英国流に法整備が整っており、英語圏でもあるため売買契約書も英語です。これらの点も、他の東南アジア諸国に比べると、マレーシアでは移住目的の日本人が不動産を安心して購入できる理由となっています。

政府が外国人の移住を支援

マレーシアには、別名リタイアメントビザとも呼ばれるMM2Hプログラムがあり、この移住ビザを取得すると、最長で10年間マレーシアに滞在することができます。ビザが有効な間は、自由にマレーシアを出入りすることができ、またさらに10年間移住ビザを延長することも可能です。移住ビザ申請条件は滞在する州によって若干異なります。

マレーシアは便が多く価格も安価である

アジアのハブ空港である

ビジネスを始めやすい

現在のマレーシアでは、外国資本100%で会社設立が可能なため、IT企業、製造業、コンサルティング業、小売業や飲食業での起業を行う日本人移住者も多いです。会社設立に必要な株主は2名(会社自体が株株主の場合は1名)必要ですが、マレーシアに居住している必要はありません。

ただし、役員には最低2名のマレーシア居住者が必要ですが、マレーシア人でなくとも問題ありません。最低の資本金は、2リンギット(約53円)といたって低額です。ただし、ご自身も含めたマレーシア法人の役員、駐在員の就労ビザの取得は外国資本の割合よって一定の払込資本が必要となります。

払込資本は外国資本100%の場合、50万リンギット(約1332万円)、マレーシア・外国資本の合弁(30%以上がマレーシア資本)は35万リンギット(約932万円)となります。また、飲食業や小売業ではライセンス取得に100万リンギット(約2670万円)の払込資本が必要になります。

他の諸外国に比べると起業のハードルは低いですが、十分な法整備に対する理解と経済的な準備が必要です。

マレーシアへ移住するためには?

移住で必要なビザ

初回公開日:2017年10月02日

記載されている内容は2017年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests