Search

検索したいワードを入力してください

小豆島への移住方法・失敗例と仕事の探し方・移住者はどれくらい?

更新日:2020年08月20日

都会の生活に疲れた、人のいない田舎でゆっくりと過ごしたいと思う方は少なくありません。田舎に移住はしたいが、もっと自然溢れる小島で過ごしたい、と思いませんか。そこで今回、紹介する小島は、四国香川県にある小豆島の移住について紹介します。

小豆島への移住方法

都会の生活に疲れた、人のいない田舎でゆっくりと過ごしたいと思う方は少なくありません。田舎に移住はしたいが、もっと自然溢れる小島で過ごしたい、と思いませんか。そこで今回、は四国香川県にある小豆島の移住について紹介します。

小豆島町空き家バンク

小豆島町は、町役所が移住者への受入を積極的に促進しています。小豆島町で、移住する際に住まいである空き家を購入、または賃貸契約できるかを決断してもらっています。

空き家は、小豆島空き家バンクの仲介か所有者と直接取引きすることで、賃貸または物件を購入できます。移住できる住宅を小豆島空き家バンクが移住前に手配してくれます。

NPO法人トティエ

NPO法人トティエでは、毎年小豆島で数回行われる移住ガイドセミナーを実施しており、小豆島に移住を興味を持つに人に対して、移住のアドバイスや移住時に必要となる書類等を詳細に教えてくれます。

セミナーは、1泊2日の体験型セミナーのため、実際に小豆島に泊まることで、島で住むイメージがつかめるでしょう。

jobナビかがわ

jobナビかがわは、名前の通り香川県で仕事を探す人向けのサイトではありますが、東京や大阪など都心部で不定期ながらも、移住全般の相談、就職相談に応じてくれるため、移住以外の生活面の相談に乗ってくれます。

まずは、働き口がなければ不安と感じる人には、jobナビかがわで、小豆島でも生活できるか相談してみるのもいいでしょう。

小豆島移住の失敗例

移住はしたものの理想と思っていた生活を送ることができず、すぐに離れる人も少なくはありません。個人の理想は、人それぞれでありますが、今まで住んでいた土地に離れ、新たな土地として小豆島を選ぶのであれば、それなりの覚悟が必要です。小豆島に移住をしたが、失敗したと思える人の失敗例を紹介します。

あいまいな考えで移住を決意

どのような土地に移住をしても移住に失敗する人は「あいまいな考え」を持って、移住を考えている人がいます。移住をするとは、新たな土地に将来的に自分が過ごせるかをイメージでき、綿密なプランを持たなければなりません。しかし、「なんかいいな」や「とりあえず島に住みたい」など、感情が優先した移住計画は、ほとんどの人が失敗に終わるケースが多々あります。

コミュニティに参加できない

日本どこに行っても誰かとともに共存しなければなりません。小さな島であっても人と繋がりがあり、むしろ小さなコミュニティであれば人と接しなければならないこともあります。コミュニティと積極的に関わりたくない人や仕事に目を取られ、孤立状態になるというケースです。

職が決まらずに移住した

住居や貯金があり、人生を心機一転するために、小豆島に移住を決めた。しかし、いざとなれば仕事が決まるだろうと甘い考えで、仕事が決まる前に移住をしてしまうと失敗しまうことがあります。労働者不足だからといっても誰でも雇用してもらえるわけではありません。あらかじめ、求人情報と適職があるかを相談に乗ることをお勧めします。

移住の際の仕事探し

島での仕事は、漁業や小売りなどをイメージする人は多いでしょう。しかし、実際には前職で身につけた技術を活かしたノマドワーカーが徐々に、仕事としても成り立ちます。島での生活をしてはいませんが、「まだ労働で消耗してるの?」を運営しているイケダハヤト氏も企業には属さないフリーランス業で生計を成り立っています。

パソコン一つで仕事ができるフリーランス

現在では、パソコン一つさえあれば、自営業として仕事になります。デザインやライターなどのパソコン上で業務できる職業であれば、契約や取引、連絡をパソコン1台とインターネットが接続していればどこでも仕事ができます。ただし、遠方や直接先方と取引する場合には、時間が限りられており、都心と比べて不自由な点です。

旅館・ホテル業

小豆島は、観光地としてものある島であり、観光客が宿泊する旅館やホテルがいくつかあります。そこでスタッフとして働くこともでき、自ら土地を購入して旅館業を営むのも仕事の一つになります。AirbnbやBookingといったインバウンド向けの宿泊サイトで、旅館を宣伝することで海外観光客を呼び込むことも可能です。

本州での仕事を見つける

小豆島で仕事がない場合、香川県や高知県といった本州で仕事をする人もいます。住宅は、小豆島で仕事場は本州を選ぶ場合、よっぽど小豆島に住居として棲み分ける考えがなければ難しいです。しかし、生活するためと区別する人も実際にいます。

初回公開日:2017年10月05日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests