Search

検索したいワードを入力してください

アメリカの医療費が高い理由・負担率の例・踏み倒す|移住

更新日:2020年08月20日

今回はアメリカの医療費が高い理由について解説して行き、なぜアメリカの医療費は高額なのか、アメリカ国民はどのように対策しているのか、などの疑問を解消して行きます。そして、アメリカへ行く際に、このような高額な医療費を支払うことがならないようにしましょう。

アメリカの医療費が高い理由

今回は、アメリカの医療費について解説していき、なぜアメリカの医療費は高額なのかについて詳しく解説していきます。アメリカと日本では、健康保険の制度に大きな違いがあることが、一番ネックな部分であり、何も知らない状態でアメリカへ行き、病院のお世話になることになった場合、高額な医療費を支払うことになる可能性があります。

ですので、そのようなことにならないために、アメリカの医療費について理解しておき、医療費に関しての知識があるだけで、高額な医療費を避けることも可能です。それでは、一緒に見て行きましょう。

日本と医療制度が違う

まず初めに、アメリカと日本の医療制度に違いがあることを理解しておくことで、なぜアメリカの医療費が、高額なのか見えてきます。アメリカは、日本のように国民健康保険制度が定まっておらず、アメリカ国民が健康保険に入る義務はありません。

日本は原則として、国民全員が国民健康保険や健康保険組合などの公的保険に加入する義務があり、なぜ義務化しているかというと、皆が分散して医療費を払う形となっており、日本の医療費は低価格を実現しております。

このような分散型の医療費システムでなければ、個人の医療費が高額になる理由がわかり、アメリカの課題の一つとも言えます。

アメリカは健康保険に2制度ある

アメリカが日本と違う点は、国民皆保険制度があるかないかの違いでしたが、アメリカにも公的保険制度の導入が行われていますが、全ての国民を対象とはしておりません。

基本的には、アメリカ公的保険制度には2種類存在していて、65歳以上の高齢者の方か、特定の重度障害者のメディケアと低所得者を対象としたメディケイドの二つの公的国民健康制度があります。

しかし、これらに担当しない方や、無保険者の方がいるために、みんなが安い医療費となることが少なく、高い健康保険制度の金額を払えない人などが居るために、個人の医療費が高額になって居ることが挙げられます。

異常な医療費について

今までご紹介してきた中で、なぜアメリカの医療費が高いのか、具体的に理解できた方もおられるでしょう。実際にアメリカで緊急のために病院に行き、かぜなどの症状でも高額になるために、病院に行かせたくても行けないというのが、アメリカの日常では行っています。

そして、実際に緊急搬送などの手配などを行った場合は、保険などで適応しても高額なために、分割で支払うことが多く、他のも事実として医療費などが要因で、破産する国民がいるほどアメリカの中で問題視されており、大きな課題となっております。

嘘なのか

そして、アメリカの医療費が高額な件で、実際に嘘なのでは、という疑問も飛び交っておりますが、実際にアメリカの医療費が高額な件は本当と言われております。一時期、オバマケアにより、国民のほとんどが国民健康保険に加入しましたが、トランプ大統領に政権が移動した後、オバマケアが廃止されてしまいました。

高額な医療費を負担することが、国自体で対策してもなかなか浸透せずに、国に負担がかかるので、廃止する以外に選択肢がなかったとも言えます。

シーン別アメリカの医療費の負担率と例

次の項目では、アメリカの医療費の負担率や例について述べて行きますが、現在のアメリカは、医療保険について崩壊しているともよく言われており、保険に加入していても、高額なために大変な問題となっております。

ですが、アメリカ市民の多くは、実際に病気や怪我にならないとこのようなことに気づかず、このような病院に行くような事態になってからでないと、このような事実に直面しないとも言われております。

実際にアメリカに住む20歳の方は、医療保険について詳しく知っておらず、盲腸によって病院のお世話になったところ、請求書を見た時に地獄を見たという方も多くいます。

風邪をひいてしまった場合

日本では、風邪を引いたら病院に出向き、診療やお薬をもらいに行く方も多いでしょう。しかし、アメリカで普通に風邪で病院に行った場合は、健康保険に加入していても数万円かかるのが普通です。

ですので、アメリカでは風邪ぐらいでは病院に行きません。そして、これを知らない日本人の方が、実際に診療を受けて後で見た請求書で、泣く泣く高額な医療費を支払うということが多くあります。風邪を引いて病院に行った場合、おおよそ数万円の医療費が必要となります。

盲腸になってしまった場合

ある外国人の体験談では、病院で診療などを受けたことがなく、高額な医療費が請求されることは知らずに、盲腸の手術を受けました。その後、この方は保険に加入していたので、数万円で済むだろうと考えていたので、安心していましたが、盲腸の手術の請求書を見たところ驚きました。

盲腸の医療費は、健康保険適応で111万円となっており、保険が適用していなかった場合は、550万円となっていました。このように感じた以上に医療費が高額で、各国からアメリカに引っ越してきた外国人は、このようなことになり大変な事態にもなっております。

腕を骨折した場合

他にも、交通事故などがきっかけで、腕を骨折してしまった方などが手術を受けて、一日入院した結果、おおよそ190万円の医療費が必要となりました。健康保険に加入していて、この高額な費用なので、加入率がなぜ低いのかわかりやすいですが、健康保険い加入していなかった場合、これ以上に高額な医療費が請求されることになります。

ですので、アメリカ旅行に行く方は必ずと言っていいほど、海外保険に加入してから、向かうようにしましょう。自分が気をつけていても、避けられないこともありますし、突然気を失うようなことがあることも想定されます。

貧血で入院した場合

もし、アメリカに行った際に貧血などで、倒れてしまい緊急搬送されて、二日間入院した際にかかった医療費がおおよそ250万円の請求となり、この医療費は健康保険を適応しての金額なので、とても高額なことがわかります。

自分は、大丈夫だと確信があっても、倒れてしまった場合に高額な医療費を支払うことになる可能性もあるので、海外保険に加入することを忘れないようにしましょう。

アメリカの医療費を踏み倒すとどうなるのか

初回公開日:2018年02月06日

記載されている内容は2018年02月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests