Search

検索したいワードを入力してください

田舎への移住の支援制度・仕事・後悔した体験談

更新日:2020年08月20日

田舎への移住を考えたとき、「不便になるのでは」「仕事はあるのか」「医療施設はあるのか」など不安に思うことはありませんか。最近はそんな不安を解消する支援制度が多くあります。自分にあった支援制度とはなにか、どんな移住先があるのかを調べてみましょう。

田舎への移住の支援制度は?

田舎への移住というと、定年後のセカンドライフを強くイメージしますが、最近では生活スタイルの変化や理想の生き方を求める若者にもになっています。地方自治体では、多くの移住者獲得のために相談窓口を設けたり、移住体験ツアーを行っているところもあります。ここでは人口減少対策にもつながる、移住支援制度について紹介していきます。

移住支援の種類

田舎への移住支援には、「給付金支援」「医療支援」「住宅支援」「仕事の斡旋支援」「出産支援」などがあります。各地方自治体によって条件や内容が異なるので、住みたい場所がどんな支援をしているのかを調べることが大切です。

若者への支援

田舎への移住を考えたとき、一番気になることは仕事があるかということです。生活の糧になる、大切な仕事がみつからない場合や、やりたくない仕事では田舎暮らしは長続きしません。多くの地方自治体では、ビジネス支援金制度や就職斡旋制度を用意しています。これを利用して新たに産業を立ち上げるのも良いですし、休耕地を利用して農業を始めるもの一つです。

次に気になるのが住まいですが、空き家バンク制度や改築費用補助制度などを利用して、あこがれの古民家生活を楽しむこともできます。田舎暮らしは都会と違い家賃も安く、近所の方とのふれ合いも魅力の一つです。

補助金制度など

一定条件を満たせば、移住するだけでお金をもらえる地方自治体もあります。地方自治体では、多くの移住者を獲得するために補助金制度を打ち出しています。その理由は農業や林業従事者を求めていることや、地方の高齢化が進む中で、若者に大きな期待をしているからでしょう。条件にあった自治体が見つかれば、慣れない田舎暮らしも余裕をもって送ることができます。

補助金の中には、家賃補助や設備補助が多くあります。一定の年数住み続ければ、自分のものになる住宅支援制度もあるので、とても魅力的です。

田舎に移住する場合に仕事は?

憧れの田舎暮らしを始めても、仕事が上手くいかず、都会へ戻る方も多くいます。仕事は収入を得るだけではなく、生きがいでもあります。楽しく田舎暮らしを続けるために、仕事を紹介します。

仕事

ウェブデザイナー

インターネットの環境さえあれば、都会にいなくてもできる仕事です。最近ではネット環境が混雑せず作業しやすいことで、会社ごと田舎に移す企業もあります。個人でウェブデザイナーとして起業しても、ライバル会社が少ないのでです。

公共事業関連の仕事

地方では、公共事業関連の人材がとても不足しています。土建業・電気設備系の仕事の経験がある人は、とても優遇されます。また、個人で起業して請け負うこともできるので、若くして社長になりたい人にです。

地域おこし協力隊

総務省管轄の制度で、地域の活動に参加しながら、田舎暮らしの定住を促進させる制度です。仕事の内容や賃金は地方によって違いますが、地域の方に喜ばれる仕事です。早く地域の方と仲良くなれるのも魅力です。

田舎に移住して後悔した体験談!

田舎暮らしを始めて、想像していた生活とは違うと壁にぶつかる人が多くいます。移住生活の後悔とは、どんなことでしょうか。体験談を見ながら、後悔しない移住生活を送るヒントをみつけましょう。

・体験談1
地域活性化補助事業として、生活費をもらって地域貢献しようとしたが、田畑の草刈り、廃校の清掃などの雑務が多く、嫌気がさした。

・体験談2
鍵をかけずに出かける習慣が多い地方では、勝手に洗濯物が入れられたり、プライバシーが保たれず生活しにくい。

・体験談3
想像以上に出費が多く、豪雪地だと冬場の光熱費が高かったり、自治会費や青年会費などの集金や冠婚葬祭の付き合いが大変。

・体験談4
公共交通機関が未整備なため、運転ができないと買い物に行くにも不便。

いずれも住んでみて初めてわかる事ですが、地域に慣れ、仲良くなれば解決していけます。心に余裕をもって田舎暮らしを楽しみましょう。

移住したい田舎3!

移住支援を行っている自治体は全国にありますが、の移住先はどこでしょうか。また、の理由はどんなところにあるのでしょか。ここでは、移住したい田舎3を紹介します。

総務省が発表した「平成28年度における移住相談に関する調査結果」によると、最も問い合わせが多かった都道府県は、長野県でした。続いて新潟県、北海道という結果となっています。

平成28年度における移住相談に関する調査結果

出典: http://www.soumu.go.jp/main_content/000495670.pdf |

No.3北海道

初回公開日:2018年03月16日

記載されている内容は2018年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests