Search

検索したいワードを入力してください

子供の長所と短所の書き方|小学校の提出書類を書くときのポイントも紹介

更新日:2022年04月15日

小学校の書類提出の際に、子供の長所や短所などについて記載しなければいけない場合があります。このような子供の性格について書くときに押さえるべきポイントをこちらの記事では紹介しています。この記事を参考に子供について理解を深めましょう。

「子供の長所の書き方がわからない!」
「悪く書きすぎると子供の印象が悪くなるだけなのでは?」
「褒め過ぎても贔屓しているみたいで嫌だな。」
小学校の入学手続きなどの提出書類で、子供の長所と短所を書くことがあります。しかし、子供の性格を文字で表現するのは意外と難しいものです。

ありのままを書くことができればよいのですが、言葉の使い方やニュアンスで、子供に対しての印象が変わるのでは、と書く前に色々と考えてしまい、頭を悩ませている保護者も多いのではないでしょうか。

この記事では、子供の長所と短所の書き方や、書くときのポイントを紹介します。また、子供の長所や短所の書き方の例文も載せているため、記事を読むことで、どのように書けば子供の性格が相手に上手く伝わるかがわかることでしょう。

子供の長所短所がわからない、どう書けばいいのか悩んでいる保護者の方は是非チェックしてみてください。

なぜ子供の性格を提出するのか考えてみよう

小学校に入学するときに、なぜ子供の長所と短所を書かなければならないのか考えてみましょう。

学校には、一度に多くの子供たちが入学してくるので、これから入学する子供がどのような性格なのかを先生たちは前もって把握しておく必要があります。

先生たちは、保護者からもらった情報を、子供たちが学校生活をスムーズに行うための予備知識として活用します。学校側にとって、子供のそれぞれの特徴やよさを知るための大切な情報源なのです。

子供の性格を書くときの3つのポイント

なぜ子供の性格を提出するのかわかったうえで、性格を書くときのポイントについて見ていきましょう。ここでは、3つのポイントを紹介します。何を書けば良いのか悩んでいる方は是非参考にして、より良いものが書けるようにしましょう。

  • ありのままを書く
  • 過去のエピソードを交えて具体的に書く
  • 短所をマイナスに取られないよう気をつける

1:ありのままを書く

小学校へ提出するからといって、保護者にとっての理想の姿を書く必要はありません。

子供の日頃の様子から、素晴らしいと思う部分や注意が必要な場面をイメージして感じることを素直に書きましょう。日常のエピソードをもとに子供の長所や短所を考えるとイメージしやすくなります。

2:過去のエピソードを交えて具体的に書く

子供の長所を書く場合、「思いやりがある」「好奇心旺盛」といった一言だけで表現するのではなく、過去のエピソードを交えて具体的に書くと良いでしょう。

そうすることで、この子がどういう性格なのかを先生たちもイメージしやすくなります。

架空のエピソードでおおげさに褒めたたえる必要はありません。「思いやりがあって優しいです」などと形容詞ばかりで表現するのではなく、以下のように過去のエピソードを交えて簡潔にまとめながら書きましょう。

「家族が忙しいときや疲れているときに、率先して妹の面倒をみてくれます。」

3:短所をマイナスに取られないよう気をつける

子供の短所というものは、考え方によっては全て個性や長所と捉えることができます。

短所に見えるようなところも長所であるという認識を持ち、改善しようと努力している気持ちを含めて書くこともポイントです。

子供の長所の書き方例

子供の性格を書くときのポイントを押さえたら、実際に書いてみましょう。ここでは、長所の例を5つ紹介します。以下の例を参考に、自分の子供に合った文章を正しく伝えられるようにしましょう。

  • 思いやりがあることを書く場合
  • アクティブであることを書く場合
  • 好奇心旺盛なことを書く場合
  • 根気強いことを書く場合
  • 感受性が豊かであることを書く場合
次のページ:子供の短所の書き方例

初回公開日:2022年03月03日

記載されている内容は2022年03月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests