Search

検索したいワードを入力してください

車がいらない県や都市・仕事・理由・バイクが良いか|子供/田舎

初回公開日:2018年02月24日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

生活を送る上で、車はいらないものなのでしょうか?このぺージでは、「車がいらない理由」をテーマにして、車が必要かどうかについて、地域や状況別に考察していきます。車の必要性について疑問を感じている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

車は必要?不要?車がいらない理由・心理

車は大変便利な乗り物です。私達の生活を支えている乗り物の1つでもあり、物流などにも大きな影響を与えています。

そんな車ですが、地域によっては、必要ない・いらないといった意見もあります。反対に、必需品となっている地域の方々にとっては、信じられない意見でしょう。

そこで今回は、「車がいらない理由」をテーマにして、車がいらない理由や地域などについて考察・ご紹介していきます。また、車が本当にいらないかどうか、さまざまなシチュエーションや状況別に考察していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

車はいらないと思う理由

早速、生活などに車はいらないと感じる理由や心理について考察していきます。地域による違いや職業・生活による差によっても、車の必要性は大きく変わってくると予想できます。

車はいらないと思う理由【1】:生活で使わない

車はいらないと感じる理由の1つとして、最もメジャーなものが、生活で使う機会がないという理由でしょう。電車通勤・通学の方や、外出などをほとんどしない人などは、車を持っていても使う機会がほとんどないと予想できます。

生活をする上で、車を使用する機会が少ない方の場合は、車を持っているだけで、維持費や駐車代などがかかる可能性があります。かえって、生活ではほとんど使わないのに費用ばかりがかかるという状況になる可能性もあるため、生活で使う機会がない方は、車はいらないと感じることが多いでしょう。

車はいらないと思う理由【2】:費用がかかる

上記でも触れましたが、車を持っていると、それだけで費用がかかるケースもあります。車を駐車するスペースを自宅などに用意できれば問題ありませんが、そうでない場合は駐車場などを契約する必要があります。駐車場の契約内容は、地域やサービスなどによって異なりますが、駐車場の料金を支払わなければならなくなり、出費の原因となります。

また、車検などの維持費も、コンスタントに発生する車に関する出費の1つです。その他にも、整備費やタイヤ代などがかかるため、車を1台所有することで発生する費用は、決して安くないと言えるでしょう。

上記のような費用に見合った便利さが得られるようであれば、車を持つことで得られるメリットも多いと考えられます。しかし、あまり車を使用しない人の場合は、費用ばかりがかかり、費用に見合った便利さや快適さが得られない可能性があります。

車がいらない県や都市

上記でも触れたとおり、車が必要かいらないかは、地域によっても差があります。車がなければ、生活を送ることが厳しい地域もあれば、生活を送る上で、車をほとんど使わない地域もあるのです。

そこで続いては、生活をする上で車がいらないと考えられる地域や、そのような意見が多い都道府県をピックアップしてご紹介していきます。

車がいらない県・都市【1】:東京

生活をする上で、車が必要ない地域の1つとして、東京都が挙げられます。東京の場合は、さまざまな交通手段が発達しています。特に電車はたくさんの路線が走っており、多くの人が電車を使って通勤・通学や外出をしています。

上記のような背景から、東京では通勤・通学などに車を使うことは少ないと予想できます。また、東京は土地の値段が高いことでも有名です。そのため、車の駐車場を用意するのにも、一苦労するという方は多いと言われています。駐車場を確保する際の費用などからも、東京では車はいらないと考える方が多いと予想できます。

車がいらない県・都市【2】:大阪

東京と並ぶ都市の1つとして大阪も挙げられます。大阪もまた、電車による交通が発達しており、その他にもレンタカーなどのサービスも発達している大都市です。そのため、大阪でもまた、生活に車はいらないという意見が多いと考えられます。

また、東京のケースと同じように、大都市である大阪も土地の価格が高いため、駐車場となるスペースを確保しづらいと言われています。駐車場などにかかる費用といった一面からも、大阪でも車はいらないと考える方は多いと予想できます。

車がいらない県・都市【3】:神戸

神戸もまた、日本の都市と言われる地域です。そんな神戸も、車がなくても生活できる場所と言われています。車がなくても生活ができるということは、裏を返せば車はいらないとも言えるでしょう。

特に神戸の中心などは、高層マンションなどが多い地域だという意見もあります。そのため、車の駐車スペースなども確保しづらく、車を使った生活に不向きだと感じている方も多いと言われています。

また、神戸周辺であれば、車がなくとも電車やバスでの移動で事足りるケースが多いため、車はいらないという意見も存在しています。

車がいらない県・都市【4】:福岡

福岡もまた、車がいらない地域として名前が挙がる都道府県の1つです。福岡の中でも、福岡市内であればいらないという意見が多く、特に博多駅周辺は、電車やバスなどの交通手段が豊富なため、車がなくとも十分生活できると言われています。

しかし、福岡市以外の地域では、車があった方が生活しやすいという意見もあることから、福岡の場合は、車が必要とされる地域と、車が不要な地域とで、同じ県内であっても差があると言えそうです。

車は田舎でもいらないのか

上記では、車がいらないと言われている地域や都道府県などについてご紹介しました。上記でご紹介した内容を踏まえて考えると、生活に車がいらないと言われている地域は、都市や都会が多いと考えられます。

そこで続いては、田舎の場合でも車がいらないかどうかについて考察していきます。

田舎でも車はいらないのか【1】:出掛けづらい

田舎といっても程度や地域によっての環境の差があるため、一概に車が必要か不要か、断言することはできません。しかし、田舎と呼ばれる地域では、都会に比べると、企業や店舗、施設などの数が少ないと言えるでしょう。そのため、買い物やレジャー、仕事などへ行くのにも、自宅から離れた場所まで行かなければならない可能性が高いと予想できます。

上記のような背景から、田舎は施設や店舗、オフィスなどの数が少なく、遠くまで移動しなければいけないケースが多いために、車での移動が重要となるシーンが多いと言えそうです。

田舎でも車はいらないのか【2】:電車やバスの本数が少ない

田舎でも、電車やバスは運行していますし、電車やバスで通勤・通学をしている方もたくさんいらっしゃいます。しかし、東京や大阪などの都市と比較すると、電車やバスの路線が少なかったり、1日あたりの本数が少なかったりするケースが多いと言えるでしょう。

そのため、電車やバスで通勤・通学はできるものの、1時間に数本しか運航していないといった地域も存在しており、車で移動した方が何かと便利なケースは少なくないでしょう。上記のような背景から、田舎では電車やバスよりも、車で移動した方がスムーズに生活できる可能性があると言えそうです。

車の免許がいらない仕事

車を運転するには、各種運転免許が必要になります。免許がなければ、車を運転することはできません。しかし、免許を取るには自動車学校などに通って、授業や試験を受けて取得する必要があります。そのため、時間や費用、素質などの関係から、運転免許を取得するのが難しいという方もいらっしゃるでしょう。

免許が取れない関係で、車を運転するのが難しい場合は、車の運転をしなくても良い仕事にしか、就くことはできません。車の免許がいらない仕事は、日本には多数存在しているので、運転免許がないからと言って職に就けないということは、あまりないと考えられます。

車の免許がいらない仕事の一例としては、アパレル関係のショップ店員やIT業界のエンジニア、さまざまな業界の事務職などが考えられます。

車はいらないけれどバイクは必要な理由

車はいらないものの、バイクは必要だという意見も存在します。なぜ、そのような心理になったり状況になったりするのか、気になるところです。そこで続いては、車はいらないものの、バイクが必要だとする考えの理由について考察していきます。

車とバイクの決定的な違いは、大きさにあります。車は複数の人が乗れる構造になっていることに対して、バイクは1人~2人しか乗らないことを想定した構造になっています。ですから、車よりもバイクの方が、全体的に小さく、スマートだと言えるでしょう。

一人暮らしの方の場合は、基本的には自分だけしか乗らないため、複数の人を乗ることを目的としている車は、効率が悪いと感じるケースもあります。しかし、バイクであれば、スマートなため保管場所なども確保しやすい上、自分一人の移動にも適しています。上記のような背景から、車はいらないものの、バイクは必要だと感じる方もいらっしゃると予想できます。

子育てに車はいらないか

続いて、子供がいる家庭の場合も、車はいらないのかどうか考察していきます。

結論から言うと、子育て中の家庭では、車があった方が何かと便利でしょう。子供を連れて公共の乗り物に乗るのは、大変だと感じている親御さんが多いと言われているためです。電車やバスは、混雑していると子供にとって危険な場所になります。また、子供が泣いたりお手洗いへ行きたがったりすると、目的地でなくとも途中で降りなければならないケースもあります。

しかし、車であれば、子供の状況や機嫌に合わせて、思うままに停車したり休憩したりすることができます。上記のような背景から、子育てに車は必須というわけではありませんが、あった方が何かと便利だと言えそうです。

車かいらないかどうかは地域や環境によって異なる

いかがでしたでしょうか?今回は、「車がいらない理由」をテーマにして、車がいらない理由を地域や状況別に、さまざまな角度から考察・ご紹介しました。

車が必要かどうかは、地域や生活環境などによっても、大きく変わってきます。一般的に、東京や大阪などの都市は、電車やバスなどの車以外の交通手段が発達しているため、車がなくても十分生活できると言われています。また、土地の価格が高いため、駐車場を確保するのが難しいなどの意見もあります。

一方、田舎の場合は、都市よりも店舗や施設などが少ないため、車があった方が何かと移動しやすいと言われています。

そのほかにも、子供がいるかどうかや、独身かどうかなどによっても、車の必要性は変わってきます。自分の生活スタイルや住んでいる地域の環境に合わせて、車が必要かどうか検討してみることが大切だと言えるでしょう。

Latests