Search

検索したいワードを入力してください

高校を転校する理由・手続き方法・条件・試験内容|履歴書

初回公開日:2018年02月27日

更新日:2020年05月24日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

高校転校は、簡単ではなく条件なども厳しいです。しかし受け入れ先の高校と話し合いをするなど、前向きな方向へと進んでいくことも可能ですので相談する際には転校理由をしっかり話すようにしましょう。高校の転校では、必要になる書類集めにも時間がかかります。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

高校を転校する場合の理由

高校を転校する理由には、さまざまな理由があります。

・楽しい高校生活を送れない
・学校やクラスの雰囲気に馴染めない
・勉強方法が合わない
・金銭的に苦しくなった
・やむ終えず引越しすることになった

など、高校を転校する場合の理由は個々に違います。高校生活が楽しくない、クラスメイトからのいじめ、勉強したいことが違ったなどで高校の転校を考える人は多くいます。
今の高校から他の高校へ転校する場合には、手続きがいくつかあります。

転校することでこれまでの高校生活が違うものになると言い切ることはできませんが、少なくとも今の不満がある現状からは離れることができますし、気分も新たにして生活していく意欲がでます。高校生活が辛いものであるならば、転校することを選択しても良いと考えます。

高校転校の理由が引っ越しである

高校生活にまったく不満もなく、平和に過ごしていたとしても引越しで転校をしなければいけないこともあります。親の仕事で引越しをしなければいけない場合、引越し先に同レベルの高校があるかどうか、また費用的にも同じような高校があるかなど転校する高校選びにも注意しておきましょう。

同じ高校といっても、高校によって環境や指導方針そしてかかる費用も違います。転校してから学費の支払いが苦しくなってしまっては通うことが難しくなってしまいますし、環境や指導方針がこれまでの高校とあまりにも違い過ぎれば、高校に通う本人が疲れてしまいます。

引越し先にある高校をいくつかしっかり調べてから転校の手続きをするようにしましょう。思いもよらぬ理由で高校を変えなければいけなくなった時、通う本人に転校が大きな負担になってしまうことがないように下調べは重要なことです。

高校転校にはお金がどのくらいかかるのか

高校の転校にはお金がかかります。どのくらいかかるのかという明確な金額は、高校それぞれでかかってくる費用で違いますので一概に金額ははっきりしません。高校はその高校ごとに、必要なものも、持参するものも違います。

制服に関しても、かかる費用は大きな差があります。さらに高校でかかる学費にも費用の差がありますので、転校先のさまざまな情報はあらかじめ知っておく必要があります。また、通いだしてからの用品の買い足しなどの費用も頭に入れておきましょう。

転校する場合には、かかるお金も重要なことですが書類の提出などもありますので意外に手続きには時間が掛かりますし、面倒です。

高校の転校に必要な手続きは?

高校の転校には、手続きを行う必要があります。手続きも高校となるといくつか面倒なものもありますし、小学校や中学校の簡単な転校手続きだけでは済みません。何らかの理由で転校しなければならない場合、転校先にある高校で希望するところがある場合でも、その高校が編入や転入を行っているかどうかという条件を確認しておかなければいけません。

転校してから希望の高校で受け入れをしていない場合もありますので注意しましょう。確認をしないで簡単に転校を決めてしまうと、場合によっては受け入れてもらえない可能性もありますので、希望校以外には行く高校がないといった事態になってしまうので、その場合は子供が一番悲しみます。

引越しで転校しなくてはいけない場合でも、時間が取れない中で転校先の高校の情報を確認しておくこととが重要です。

高校へと転校することを伝える

高校を転校する時には、必ず現在通っている高校へと報告をします。転校の理由がどのようなものであっても、転校の話を早めに現高校へ伝えてくことです。前もって余裕を持たせながら報告しなければいけないのは、高校転校に必要な書類を学校側で用意しなければいけませんので、その手続きにも余裕がなければ転校は延びてしまいます。

他の転校が決まってから、遅くても1か月くらい前に学校側に転校する趣旨を伝えておきましょう。高校の転校の場合は、手続きに時間がかかりますし転校先の高校に関しても確認事項がありますので報告は早いに越したことはありません。

転校を安易にしてもよいのか

転校には引越しという理由が、理解されやすいです。しかし、いじめや不登校、引きこもりなど精神的な理由で環境を変えたい場合もあります。高校の転校は簡単に進んでいくものではありませんが、やむ終えない理由に限っては、受け入れる高校も考えて受け入れをしてほしいものと考えます。

どのような理由でも、高校の種類によっては試験内容も難しく、転入条件も厳しいところもありますので、学校側に相談する時には自分がどのようなことを希望しているのか意志をしっかり伝えましょう。

特別な理由がある場合

特別な理由というのは、病気になってしまったことやいじめ、そして学費を支払うことが厳しくなったなどがあります。病気の場合は、医師の診断書や今後の経過など詳しい詳細を提示する必要があります。

学費の支払いが苦しくなっている場合では、簡単に受け入れということではなく、奨学金の勧めがあったり、アルバイトの許可申請などの勧めがあるので場合によっては転校することができない場合もあります。

いじめが理由の場合は、厳しいようですがいじめ自体のはっきりとした現状について提示することが求められることがあります。

高校の転校する条件とは?

高校の転校する条件には、転校先で受ける高校によって違います。一般的には、各都道府県によって条件がありますが、特に高校の転校に関しては公立の高校は条件が厳しいと言われています。いくつかの条件の中には、引越しが県外からの場合は、転校生として受け入れが可能ですが、同じ県内からの転入は許可していない場合もあります。

また、転入試験もあります。試験については、転校時期によっては実施されていない可能性もありますので、必ず確認しておきましょう。転入するときの条件では、現高校での学業の成績や単位をしっかり取得できているか、出欠席なども重点的に確認します。条件を満たしていることが確認できれば転入の受験資格をもらうことができます。

高校では学ぶ専門的なコースがあります。普通科や商業科などです。コースを変更しての転入を認めていないところがほとんどですので、転校先のコースを変えないようにしましょう。

私立高校から公立高校への転校

中学の転校とは違い、高校の転校については簡単ではありません。転校先の高校に欠員がでた場合などに出される欠員募集での転校となります。自分が行きたい高校で募集をしていればよいのですが、そうでない学校で募集をしている可能性もありますので、思いどおりに転入することができないと考えておくことです。

また、定時制や通信制の高校から一般的な高校へと転入する場合は、授業内容に差が大きくあるので、転入は難しいと考えましょう。

公立高校から私立高校への転校

私立高校への転入は、受け入れ先の高校がもつ方針によって違います。例えば、不登校になってしまった、引越しなどの理由があるなどに関して受け入れることが可能である私立高校は多いと考えます。あまり素行が悪ければ、高校自体のイメージもありますので、受け入れを拒否されてしまうこともあります。

基本的には、引越しという理由がもとになっていますので、その他の理由の場合は転入先の学校との話し合いが時間をかけて行われる可能性があります。

転校する場合は、その時期も頻繁にあるのではなく、1年間で1、2回となっています。私立高校では、その学校のイメージが悪くなるような生徒は拒否する可能性が高いと言われています。

公立高校から公立高校への転入

公立から公立への転校は、小学校中学校とは違って義務教育ではありませんので、指定校変更という制度がありますが、この制度が高校の場合はありません。このことから、引越しなどが決まった場合は、先に受け入れてもらえる高校を先に探しておく必要があります。在学中に理由と転校することを伝えましょう。

学校側が転校することで、生徒に関して問題がないか、学業などに関しても支障がないと判断した場合には、転校を許可する流れとなります。転校先の学校が見つかることで、安心して閻行手続きを始めることができますので、まずは自分が転入する学校を探しておくことが必要です。

私立高校から私立高校への転入

私立から私立への転入は、その趣旨を学校側へと相談しましょう。転入する側の私立高校にたいして試験を受けます。試験内容に関しては、難しいと言われていますし残念な結果となってしまった場合は、希望の私立よりもレベルの低い学校へといくことになります。受験を成功させるためには事前の勉強が必要です。

試験の問題などは、多くの書店で問題集を扱っていますので、利用してみると良いでしょう。参考となる本が多くあります。私立高校は公立よりもお金がかかります。

私立高校にもよりますが、学費をはじめとして必要な学用品や時期ごとにかかる教材費などがあります。転入する際には、費用面の確認もしておく必要があります。

通信制からの転入について

通信制から全日制の高校に転校したい場合、できないと言うわけではありませんが、簡単に転入することはできないということです。まったくできないと言うことではなく、可能性があるということになります。

通信制から全日制に行く場合は、問題になるのは学校での成績があります。全日制への転入のときに、学校にもよりますが試験がある場合もあります。

転入の可能性を大きくするものは、単位制というものを全日制高校で取り入れているということです。このような高校への転入は、必要になる単位をもっていることで、転入を認めてもらうことができる可能性が高くなります。

グループ学校に注目しよう

通信制と全日制とが同グループで運営しているところもあります。このような高校を受けることで、転入は多少楽になると考えても良いでしょう。さらに言えば、私立高校のなかで通信制と全日制と運営している学校への転入は多少入りやすいです。

高校を転校する場合に受ける試験の内容とは?

高校を転校する際に受ける試験内容は、はっきり言ってかなり難しいと言われています。これは、一般的には転校では相手の高校側に欠員が出ている時に行う募集が基本となるからです。試験については、数学、英語、国語が基本となりこれらに加えて作文と面接などがあります。

各教科の試験範囲は、受ける学校の授業内容に沿った問題が出る可能性がありますので、現学校での授業内容よりも進んでいる学校を受験する場合は、かなり勉強していかないと難しいと考えます。

合否に関して

試験では、成績が良い順番に合否を決めていくので募集している人数が少ないことでも難しくなります。このため、合格ラインを抑えておくことで安心してしまうのは不安なことです。できるかぎり全問正解という意思をもって挑むことをお勧めします。

試験内容は各学校で条件が違う

小学校や中学校のように、簡単に転校ができることができないのが高校です。私立や公立などでも違いがあります。公立に関しては基本は県外からの引越しであれば受験資格が認めてもらえますが、同じ県内からの受験は難しいです。

試験内容も各学校によって違いますので、あらかじめ確認が必要です。試験の行われる時期はきまっていますので、その時期に合わせて希望高校への転校が必ずできるというわけではありません。

試験内容の確認はしておくこと

欠員が無い場合は、希望している高校へと転校することは難しいです。高校によっては、試験を行っていないところもあります。試験は国語、数学、英語は一般的に行う学科となり、プラスされて作文や面接があります。単位の十分な取得がなければ転校も難しいと考えて良いでしょう。受験の資格を得ることは簡単ではないことを把握しておきましょう。

高校を転校する時に必要な履歴書の書き方

高校を転校した場合、履歴書の書き方に迷う人もいます。一般的には高校入学そして高校卒業といった形で書きます。ここで高校の転校という記載はした方が良いでしょう。詳しく理由などを記すことはしなくても良いと考えますが、何らかの理由を聞かれた場合には、その時に話をすれば良いです。

履歴書には、どの学校を出たのかという記載をするものですので、転校した事実も記載しましょう。相手側が理由に関して特に聞いてこない場合は特別こちらから話をすることはありません。一般的には、多くの理由は聞かれない事と考えてよいです。

高校の転校について

高校を転校する理由にはいくつかあります。

また、引越しで転校という形が一般的な理由として、そして転入する場合には行いやすいものとなります。特別な理由、例えばいじめや登校拒否という場合には、学校側との話し合いがもたれる可能性もあります。

転校時期や受験日などを最初に調べておくなどすることで、希望する高校へと転校可能となる確率が高くなります。また試験内容についても把握しておきましょう。

Latests