Search

検索したいワードを入力してください

もみじの人気の種類一覧・見分け方・育て方・色|楓/紅葉しない

更新日:2023年09月21日

秋になると見事な景色を見せてくれる日本のもみじですが、もみじは1種類ではありません。種類によって葉っぱの色も形も違います。庭木としてのもみじの育て方や、紅葉スポット、もみじの情報をたくさん集めてみました。秋までにもみじの魅力を再確認してみませんか。

もみじの人気の種類一覧

もみじとは、秋になると鮮やかに紅葉する楓の総称の事です。紅葉するかえでは何種類かあります。その中でもみじと呼ばれるのは、1枚の葉っぱが6~7箇所に分かれた葉でできています。5~6箇所の切れ込みが入った葉は、子供の手のような形をしています。

もみじと楓の区別がつかない人も多いようですが、もみじと楓は葉っぱの形状が違います。色とりどりに美しく変化するもみじは、シーズンになるとたくさんの人々を感動させてくれます。そんなもみじにスポットを当て、もみじについて詳しくご紹介します。

楓とはカエデ科のカエデ属の植物で、もみじもこれに属します。従って、カエデともみじは植物分類としては区別されません。カエデの形がはっきりしない人は、カナダの国旗を思い浮かべてみてください。国旗の中央に描かれているのがカエデです。

カエデはmapleと呼ばれて親しまれています。サトウカエデなどの樹液で作られた甘味料、メープルシロップはカナダでは特に有名です。カエデは世界各国にありますが、カエデの中でも、もみじと呼ばれている植物のほとんどが日本にあります。

中国や朝鮮半島にも自生のもみじが数種類ありますが、その種類は日本ほどには及びません。

もみじの種類の見分け方

もみじの葉っぱは、種類が違っていても見分けがつかない程似通っています。日本で見られるもみじの主な種類は3つに分けられ、「いろはもみじ」、「やまもみじ」、「おおもみじ」です。

もみじは種類によって自生場所が異なります。いろはもみじは太平洋側の比較的低い場所で見られますが、やまもみじは日本海沿岸に自生しています。おおもみじは標高の高い場所に自生しています。

葉っぱで見分ける

いろはもみじとやまもみじは、葉っぱの縁の部分が重鋸歯と呼ばれる大小のギザギザを持っています。おおもみじの葉っぱは短鋸歯で、浅く細かいギザギザが並んでいるのが特徴的です。

特徴別もみじの種類

もみじは特徴的な葉っぱの形や美しい紅葉などから、生け花や盆栽にも取り入れられています。近年では改良や交配された種類のもみじも数多く出回るようになりました。秋だけに限らず新芽に色づくもみじもあり、赤や黄色、白、紫、ピンクなど葉色も多岐にわたります。

もみじの株は大きく成長しますが、庭木として育てるなら、剪定の仕方で小さな樹形のまま楽しめます。

庭木として育てる

家の庭でもみじを育て、秋に紅葉を見る事ができたら楽しみが増えます。もみじは大木の印象がありますが、家の庭木としても人気がある植物です。

中でも人気があるのが「やまもみじ」で、夏は爽やかなグリーンが涼しげな印象を与えてくれます。秋と共に紅葉するので季節を感じる事もでき、もみじを観る楽しみが増えます。

もみじは日本庭園などに多いイメージがあるので、もみじと言えば和というイメージが強いですが、洋風の庭にもマッチする品種もあります。

西洋カエデであるアメリカハナノキの中のレッドサンセットという品種が特におすすめです。レッドサンセットは、赤カエデや紅カエデと呼ばれ、名前の通り真っ赤なカエデです。樹勢が強く良く育ってくれるので庭木としても安心して育てる事ができます。

紅葉の条件

きれいに紅葉するには4つの条件が揃う必要があります。1つ目は、朝の最低気温(約5~7℃)と昼間の最高気温(約20~25℃)の気温差が大きくなる事、2つ目は春から秋にかけての晴天、3つ目は秋の澄んだ空気と共に十分な日射を浴びる事、4つ目は葉が乾燥するのを避ける程度の湿度です。これらの条件が揃う事で、もみじの発色が良くなり紅葉します。

庭木のもみじは、湿度や気温差の条件がなかなか整わないため、山間部に比べると色づきが悪いのは仕方ありませんが、やまもみじ系の種類は平野部でも比較的色づきやすいため、日射や水やりなどに気を付けて管理をすれば大丈夫でしょう。

紅葉しない場合

せっかく紅葉を楽しみに庭木として育てているもみじが、紅葉しない場合があります。

考えられる原因としては、もみじを植えている場所の日射の影響です。家の西側で育てている場合、西日が差し込みますが、午後からの日差しというのは葉っぱに大きなダメージを与えてしまいます。もしも西側で育てている場合は、東側に植え替え、午前中に日が当たるようにしましょう。

また、肥料などの与えすぎは色づきを悪化させる原因になりますので、ほとんど与えなくていいでしょう。水やりは乾燥がひどい場合にだけたっぷり与えるようにします。ただし、夏場は気温が下がり始める夕方か夜に水を与えるようにします。夏の昼間の水やりは、ダメージを受けやすいので気を付けましょう。

もみじの種類と育て方

次のページ:色別人気のもみじの種類

初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests