Search

検索したいワードを入力してください

お詫びメールの送り方と書き方・例文|宛先漏れ/名前間違い

更新日:2020年06月03日

ミスは誰にでも起こりえるものです。間違ったメールを相手に送ってしまった場合には、事実確認をして、自分に非があった場合には速やかにミスを認め、すぐにお詫びのメールを送りましょう。お詫びのメールには、どれだけ簡潔な文章で気持ちを込められるかが重要です。

宛先別のお詫びメールの送り方

失敗をするということは誰にでもあります。特にビジネスシーンでは、どれだけ気を付けていても、一度は何かしらの失敗をしてしまいます。失敗はあってはならない事ではありますが、もしもし愛してしまった場合には早急にお詫びをしなくてはなりません。

失敗した場合には、可能であれば直接相手の方にお会いして、お詫びをするのが一番の方法です。とはいえ、電話やメールで先にお詫びをし、後ほど改めて、お詫びに伺うという場合もあります。

お客さまにお詫びのメールを送る場合には

お客さまにお詫びのメールを送る場合には、まず、件名はどう書くのが正しい書き方になるのかご存じでしょうか。

メールによってお客さまにお詫びをする場合には、いろいろなところに注意が必要になります。例えば、文章をどう書くのが正しく、結びの言葉にはどういった言葉を使って書き終えたら良いのかについてお話ししましょう。相手に不快感を与えることなく、お詫びのメールを送るには、どういったことに注意をすれば良いのかを考えながら、細心の注意を払い、お詫びのメールを書きましょう。

件名には

お詫びのメールは、もちろん文章の内容が重要ですが、お詫びのメールを受け取った相手の方がひと目見ただけでお詫びのメールであるということがわかるように、お詫びのメールをするときの件名にも、細心の注意を払いましょう。

お詫びのメール例文

お詫びをメールによってする場合、あまりなれなれしくならないように、少しそっけないくらいのビジネスライクにした方が、おわびのメールとしてふさわしいものです。

また、お詫びの内容を文章にしっかりと記載するようにして、件名に多くの内容を書いてしまったりと、長くならないよう注意しましょう。また相手の方が、誰からのメールであるのかが、すぐにわかるように記入して下さい。

お客さまに対するお詫びのメールの結びの言葉

メールは、相手の顔が見えない分、文章を書き方一つとっても相手の印象を大きく変えてしまいます。特にお詫びのためのメールには、件名と文章、文章を締めくくる言葉までと、書き終えるまで気を抜かず書いてください。

締めの言葉の例文

お詫びをする場合には、一般的には直接相手の方に応じに伺うか、電話によって直接相手の方にお詫びをする必要があります。

とはいえ相手の方もいきなりお詫びに来られても、外出されていたりお時間がとれなかったりと、かえってご迷惑になる場合も考えられます。

そのため、前もってお詫びのメールをしておいてから、相手の方のもとへのおわびに伺ったり、直接電話をしておいた後に改めてお詫びのメールを送るといった方法をとる場合も少なくありません。

お詫びのメールは重要なものではありますが、直接相手の方にお会いしてお詫びをするものではないため、お詫びの気持ちが軽く見られる場合があります。しかし、文章で伝えるのがマナーです。これは消さない限りいつまでも残るものですので注意が必要になります。

社内の方へのお詫びのメールを送る場合には

仕事をしていくうえで、ミスというのは誰にでもありますが、その場合には、社内の方であったとしても必ずお詫びのメールや謝罪文を送って下さい。ミスをしたのに知らん顔をしていてはだれでも面白いものではありません。ミスをした時は必ずお詫びをしてよい関係を保ちましょう。

関係改善のためのメール

お詫びのメールでは、お詫びのメールを送るということの意味を、きちんと理解したうえでメールを送ってください。お詫びのメールをするということは、相手の怒りを鎮め、反省をしているという気持ちを表すことで、相手の方との関係の修復を図るためです。

もちろん、ただお詫びのメールを送れば良いというものではなく、「相手の方にご迷惑をおかけした」という気持ちと、「反省をしている」という気持ちを表して文章を書かなければ、余計に相手の方を怒らせてしまう原因にもなりかねません。

謝罪文やお詫びのメールを送る際には、こちらのミスがあってお詫びのメールを送っているのですから、きちんと謝罪の気持ちを伝える必要があります。

お詫びのメールは間違いがないように

次のページ:内容別のビジネスにおける御詫びメールの書き方

初回公開日:2017年11月20日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests