Search

検索したいワードを入力してください

多角的な視点を自己PRする方法・例・長所なのか・養う方法

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年05月24日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

多角的な視点を持っている人は世の中にたくさんいます。そういう人達は日ごろからたくさんのアイデアが湧き出てきます。ですので、仕事をするうえでとても有利になるでしょう。では、多角的な視点を持つためにはどうすればよいでしょうか。

多角的な視点を自己PRする方法

世の中には頭の良い人がたくさんいます。もちろん頭の良さとは一概には言えません。記憶力が高い人も頭が良いと言われますし、計算能力が高い人も頭が良いと言われます。しかし、これらの能力は受験勉強では非常に役に立ちますが、社会人になるとき、つまり就活をするときなどはアピールするのが難しいでしょう。

では、そういうときはどういうスキルをアピールして頭が良いと思ってもらうと良いのでしょうか。就活でアピールするといいものは発想力です。発想力はどこの職場でも求められます。なぜならビジネスをするうえで常に効率化は求められるからです。そこで、多角的な視点をもって、新しい発想ができる人間は重宝されます。

では、具体的にどうやって発想が優れていることをアピールすればよいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

エピソード

私は学生のとき、学生団体の代表をしていました。先輩から受け継いだ学生団体でしたが、大学の入学者数が激減したこともあり、学生団体の参加者が少なくなり、団体存続の危機に陥りました。しかし、尊敬する先輩から代表を受け継いだこともあり、絶対に学生団体をつぶしたくはなかったです。

そこで、どうすればよいのか必死で考えました。具体的に問題だったのは、そもそも学生団体の認知度が落ちていたことです。そこで、SNSを使って大学生に認知を広げる活動に取り組みました。また、それだけではなく、チラシ配りやposterづくりなどにも励みました。

このように、ひとつの物事に対して、いろんな戦略を多角的にたてて、問題を解決しようと努めました。

多角的な視点の例

多角的な視点と一言にいってもわかりにくいかもしれません。ですので、ここでは多角的な視点の例を紹介していきましょう。ここでは、テーブルを例にみていきます。

テーブル

テーブルについて多角的な視点をもって、捉えていきましょう。テーブルをさまざまな視点から言い換えましょう。まずは、テーブルの本来に役割からみていくとわかりやすいでしょう。テーブルとは、本来ごはんを食べる場所であったり、勉強をする場所であったりします。

では、少しだけそこから発展させましょう。テーブルはごはんを食べる場所であります。ですが、家族が集まらないときは、家族を待つ場所とも言えます。さらに発展させると、残業をしているお父さんの帰りをお母さんが待つ場所とも言えます。

また、昼間お母さんが家に一人でいるときなどは、お母さんのリラックスの場所にもなりますし、ママ友と談笑をする場所にもなりえます。このようにテーブルという場所がいろんな役割をもつ場所に変わります。このように連想させていくのが多角的な視点です。

多角的な視点は長所なのか

多角的な視点についてたくさんのことを記述してきました。基本的には多角的な視点を持っているということはいいことに思えます。では、客観的にみて多角的な視点を持っていることは長所なのでしょうか。短所になるときもあるのでしょうか。具体的に考えていきましょう。

長所

まずは、多角的な視点を持っていることが長所になるという意見についてみていきます。多角的な視点を持っているということは単純に物事をあらゆる視点から観察することができるということです。それは普通の人が思いつかないような切り口から物事をとらえられるということです。

また、多角的な視点をもっているということは単純にアイデアがたくさん思いつくということです。社会人になれば、会議をしたり、企画したりすることもあります。そこでは、まわりの人とディスカッションをすることもたくさんあります。

企画や会議の場所ではアイデア勝負になります。他人よりもより多くのアイデアをだして、いい企画を作った人が出世もしていきます。そういう意味では多角的な視点を持っているということは大きな長所になります。

短所

さきほどは、多角的な視点を持っているということは長所になるということについて説明してきました。多角的な視点を持っているほうが、より多くのアイデアをだせたりもします。ですが、長所は短所の裏返しという話もあります。つまり、多角的な視点を持っていることが逆に短所になることもあるます。

例えばアイデアがたくさんでるということは、そのぶん余計な選択肢も多く出てくるということです。アイデアがたくさんでるのはいいですが、その中からいいものを厳選できなくては意味がありません。そして、アイデアをだすだけでは、まわりの人を混乱させてしまいます。そうなるとむしろデメリットになります。

このように、アイデアがたくさんでることは、判断力や決断力がないと逆効果の場合もあります。そういう意味では多角的な視点を持っていることが短所にもなります。

使い方次第

多角的な視点を持っていることが長所になることもあれば、逆に短所になってしまうことについて説明しました。ですが、基本的には使う人次第です。アイデアがたくさん出てくるということは素晴らしいことです。それを活かすように努力することが一番いい選択肢でしょう。多角的な視点を持っていることを、宝の持ち腐れにならないようにしましょう。

多角的な視点を養う方法

多角的な視点を持っているというのは、どこにいっても重宝されるスキルでしょう。しかし、多角的な視点を持っている人はなにも生まれつきの天才ではありません。では、どうやって多角的な視点を養えばいいのでしょうか。具体的に方法をみていきましょう。

人と話す

では、多角的な視点を養いたいときにはどうすればよいのでしょうか。ひとつは、いろんな人とコミュニケーションをとることです。家に籠っているとなかなか気づきませんが、自分と他人はかなり違います。

自分の考えている当たり前は他人にとっては当たり前ではありません。自分にとっての常識が他人にとっては非常識である場合もあります。ですので、いろんな人の意見を聞いてみることを強くオススメします。もちろん、そのときは対立をするのではなく、新たな考え方を手にいれることを目標にしましょう。

そうしていくうちに、自分の思考が広がっていきます。なにか物事を考えていくときに、自分とは考え方が違う○○さんならどう考えるのだろうという視点ができます。そうなっていくと、多角的な視点を養えたといっても過言ではありません。

本・漫画

先ほどは人と積極的にコミュニケーションをとっていくことで多角的な視点を養う方法を紹介してきました。ですが、コミュニケーションをとれる友人が少ない人もいるでしょう。そもそもコミュニケーションをとることが苦手な人もたくさんいるでしょう。

そういう人にとっては先程の方法は使えないようにみえます。しかし、ひとつ方法があります。それは本や漫画を読むことです。本や漫画には、作者や主人公の人格、考え方が描かれています。主人公の考え方に触れながら多角的な視点を養っていきましょう。

本や漫画のいいところはコミュニケーションをとるストレスをまったく感じることなく、いろんな視点を手にいれることができることです。ですので、時間さえあればいくらでも、新しい考え方を仕入れることができるので、オススメでしょう。

マジカルバナナ

つぎに紹介するのは、ゲームとしてテレビでも有名になったマジカルバナナです。念のためマジカルバナナについて説明します。マジカルバナナとは、マジカルバナナ、バナナと言ったら黄色、黄色と言ったらレモン、レモンといったら〇〇、のように共通点を見つけて連想していく遊びです。

こうやって連想を続けていく多角的な視点を養っていきましょう。ひとつ注意するところがあるとすれば、連想を続けすぎて、最初の単語から離れてしまわないようにしましょう。ですので、10個くらい連想したら最初に戻るのもオススメです。

マインドマップ

最後に紹介する方法は完全にひとりでやる方法です。使う道具はマインドマップと呼ばれるものです。マインドマップとは、中央に絵を書いてそこから枝のように線を引いていって、思考を広げていくことです。

例えば、車の絵を中央に描きます。そして、車から連想できるものをたくさん回りに書いていきます。家族でドライブする道具、一人になれる場所、通勤のお供、自己表現の相棒、などさまざま連想できます。そして、自己表現の道具からまた視点を広げていきます。自己表現の道具といえば、腕時計、スニーカーなどたくさんあります。そこからまた広げていきます。

そうやって連想していき、最初は気づかなかった視点を手にいれることができます。これのいいところは誰にも迷惑をかけずに自分一人でいくらでも思考を広げることができるところです。

多角的な視点を仕事で活かす方法

多角的な視点を持っていることを仕事で活かすことは簡単です。アイデアがたくさんでるでしょうから、ネタ帳のようにメモをとっておくといいでしょう。そしていざというときにアイデアをアウトプットしましょう。会議でも活躍できます。

多角的な視点に関するおすすめの本

人がどこから多くを学ぶのでしょうか。それは、本です。大昔から人は書物から多くの子とを学んできました。ですので、ここでもオススメの本を紹介していきましょう。

多角的な視点でピンチをチャンスに変える

ここでは、多角的な視点についての本を紹介しましょう。なにかしらの困難に直面したときに柔軟な思考をもって乗り越えようとする方法について書かれています。また、絶体絶命な状況でも、立ち向かう生き方についても記述されています。多角的な視点を得て人生を豊かにしたい人はぜひ読んでみることをオススメします。

多角的な視点の類語

最後に多角的な視点という言葉の類語をみていきましょう。多角的な視点の類語としては、視野が広い、物事をあらゆる角度から見ることができる、などなどです。おおまかに言ってしまえば、ひとつのものごとに対して、いくつもの発想が出てくるということです。連想ゲームをひとりで無限に続けるようなものでしょう。

多角的な視点を持っていると有利

ここまで高く歴な視点についてたくさんのことを記述してきした。例えば、多角的な視点を自己PRする方法や多角的な視点は長所なのか、多角的な視点を仕事で活かす方法、多角的な視点に関するおすすめの本、などなどです。

最近では、人工知能に仕事が奪われるのではないか、という議論が話題になっています。未来のことは誰にもわかりません。しかし、単純な作業は人工知能に奪われる可能性があります。そうなると残された仕事に世界中の人々が集中してしまいます。

そうなったときに、生き残れるのはどういった人でしょうか。やはり、他の人にはない能力、他人と差別化ができている人間は最後まで強いでしょう。そこで、多角的な視点を持っている人は、仕事をするうえで有利になっていくでしょう。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests