Search

検索したいワードを入力してください

「心配り」の意味2つ・類義語|心配りをする方法6つ

初回公開日:2017年07月25日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年07月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

心配りと気配りについて考えたことはありませんか?一見同じ意味のように思いますが、細かく見てみると違った意味の言葉です。心配りをするにはどうすればよいか、心配りの使い方などまとめてみました。仕事や日常生活でも使えるのでぜひ、参考にしてください。

「心配り」とは

「心配り」の意味2つ・類義語|心配りをする方法6つ
※画像はイメージです

「心配り」と聞くと、サービス業や接客業で必要なスキルと考える人が多いのではないでしょうか。心配りは、相手のためにと思いやりの気持ちで行動することです。ひとりひとりが相手に関心を抱き、観察することによって成り立ちます。

心配りは、気遣いとは違って相手の知らないうちに幸福感を与える配慮が大切です。相手の心に寄り添って行動することが心配りです。心づかいとも言い換えることができます。

読み方

「心配り(こころくばり」と読みます。心配りは、自分のことだけで精一杯な状況ではなかなか難しいでしょう。または誰か人を頼りにしたり、見返りを求めて行動してしまえば、心配りからは遠ざかってしまいます。

「誰かがやってくれる」「誰かにしてもらおう」という考えはしないことが大切です。相手のことを思い、考えて行動するということに重点をおくのが、あくまでも基本になります。

「心配り」の意味

心配りの意味は主に2つあります。ここからは、心配りの意味それぞれがどういう意味なのかを見ていきましょう。

ふとした時にされる心配りは嬉しいと感じる人がほとんどです。ですが、その意味をそもそも履き違えていたら、せっかくの行動も台無しでしょう。心配りの正しい意味を確認して、理解を深めましょう。

意味1:心遣いのこと

心遣いとは、他人のことを考えて配慮したり、気にかけるという意味があります。サービスの基本と言えるのではないでしょうか。そのため、接客業ではこの能力が重視されます。お客様に良い時間を過ごしてもらうためにする心遣いは、職務の一部です。

特に日本はこの心配りのレベルが高いと言われています。そのため世界から高評価を得ているのは言うまでもありません。

意味2:些細なことまで気を利かせること

些細なことまで気を利かせるとは、相手が気にしないような小さなことにまで意識を行き届かせるという意味です。些細なことと聞けば地味なイメージですが、その些細なことは考える以上に大事なことです。

繊細な人や感受性の強い人ほど、そういうことにはよく気がつきます。普段生活している中でも「こうだったら嬉しい」と思う小さなことを頭にストックしておくと役に立つでしょう。

心配りをする方法6つ

「心配り」の意味2つ・類義語|心配りをする方法6つ
※画像はイメージです

では、心配りはどうすればできるのでしょうか。心配りをする方法を6つご紹介していきます。心配りと言っても、「実際どれが心配りにあたるのかわからない」という人も多いでしょう。まだやったことのない人は、迷いが出でしまうこともあります。

そんな時はこれからご紹介する方法を参考にしてみてください。心配りのヒントとなるに違いありません。

方法1:積極的に行動する

体で表現しましょう。頭で考えていても、行動に移さなければ相手には伝わりづらいのが現状です。目で見て明らかに椅子を必要としている老人を見た時、きっと誰もが「あっ、この人は座りたいんだな」と理解できるでしょう。

そう頭で理解できたら、次に椅子を持ってくる行動を実際に起こしてみましょう。そうやって積極的に行動に起こすことで心配りを体現できるようになります。

方法2:困っている人の手助けをする

困っている人を見かけたら、素通りするのではなく、一言声をかけましょう。例えば周りにエレベーターもエスカレーターもない中、華奢な女の子が重い旅行用のトランクを持ちながら階段を登っていたとします。

多くの人はその光景が目に入っても、自分が急いでいる状況だったらそのまま素通りしてしまうでしょう。男の人は女の人に比べて力も強いですから、もしそういう状況に出くわしたら、積極的に手を貸すようにして下さい。

方法3:周りとの調和を大切にする

心配りをする時は、周りをよく見るようにしましょう。一人の人だけに関心を向け、周りの人に迷惑をかけてしまうことがあれば、それは心配りではありません。主に接客業の人に言えることですが、集団の場では心配りをする相手は周りの人全員です。

常に周りにいる人に目を向け、不快に思わせないような行動を取りましょう。自分だけのみならず、他のスタッフとも連携を取ることが大事です。

方法4:聞かれたくないことを無理に聞かない

話している時は、相手の表情やリアクションにも注意を傾けましょう。時に自分が状況を理解するために、根掘り葉掘り聞いてしまう人がいます。状況を理解しなければ適切な判断はできないのですが、やはり相手の心理を読み解くのも心配りの一つでしょう。

人間誰でも傷や後ろめたいことはあります。「これ以上聞くべきではない」という判断をすることも、常に頭の片隅に置いておいてください。

方法5:相手を傷つける言動をしない

「自分がこれをしたらどうなるか」という事を頭の中で思い浮かべ、常に先読みをする事を習慣づけましょう。そうする事で相手を思いやることが癖になり、結果相手を傷つけたりすることがなくなります。

特に主観が強い人は気をつけましょう。自分が正しいと感じることでも、結果的にそれが相手を傷つけてしまうことになるならば、一歩引くことを考えるのが心配りになります。

方法6:臨機応変に行動する

対応力を身につけましょう。状況というのは、常に変化している生きものです。今出した結論は1時間後にはもう過去で、その考えが通用しない時もあります。状況に合わせて自分も変化していくことが大事でしょう。

そのためにはあまり1つの考えに固執しすぎず、頭を柔らかくしておく必要があります。たとえ理にかなっていなくても、お客様が満足してくれるならそれでいい時もあります。

「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法

心配りを学びたい人にオススメの一冊です。特に、心配りによって、これまで以上に状況をよくしたいと考えている人は手にとってみてください。心配りの大切さが一から学べます。

「心配り」の類義語

「心配り」の意味2つ・類義語|心配りをする方法6つ
※画像はイメージです

心配りには「気配り」や「思いやり」という類義語があります。一体それらはどんな意味があるのでしょうか。ここでは、心配りの類義語に焦点をあてていきましょう。

類義語も一緒に覚えることは、ボキャブラリーを増やすことに繋がります。言葉の引き出しが増えれば表現がその分豊かになりますので、会話が楽しくなり、自然と弾むでしょう。ぜひ一緒に覚えていきましょう。

気配り

「気配り」とは、成功するようにいろいろと気をつけるという意味があります。手抜かりがないようにしたり、失敗を起こさないように注意を払ったりすることです。心配りとの違いは、主に行動で示すことができます。

仕事でいうと、マニュアルに従い失敗が出ないようにするということです。気配りは心配りと違い、相手が心配というよりは、自分が心配という自己中心的な意味にとらえることもできます。

思いやり

「思いやり」とは、相手の気持ちになって物事を考えるという意味があります。これができると人間関係がうまくいくようになりますし、ビジネスの成功にも欠かせない大事な要素の一つと言えるでしょう。

思いやりを持って相手に接すると、いろんなトラブルを未然に防ぐことにもつながります。そういった意味でも、持っている方が得と考えます。

心配りを大切にしよう

「心配り」の意味2つ・類義語|心配りをする方法6つ
※画像はイメージです

心配りはとても美しい日本の文化です。自分にしかできない心配りもたくさんありますし、人にされた心配りを自分のものにし、相手にもすることでいい循環が生まれます。

心配りは一朝一夕で身につくものではありません。試行錯誤しながら繰り返し行うことで、少しずつ、長い時間をかけて自分のものにしていってください。心配りを大切にしながら日々過ごしていきましょう。

敬語で表現するとどうなるのか

心遣いは敬語で表現すると一体どうなるのでしょうか。日常生活でよく耳にする言葉ですが、ビジネスの場合でも同じように使える言葉なのか、または違った表現になるならばどのように変化するのか気になる人も多いと考えます。

ビジネスの場合でも相手に感謝する場面は多いでしょう。そんな時、感謝の気持ちを伝えるにはどうしたら良いのか、正しい使い方を身につけたい人は、ぜひ下のリンクからご覧下さい。

Latests