Search

検索したいワードを入力してください

「ご連絡ありがとうございます」の意味とは?使い方・例文を解説

更新日:2023年10月05日

「ご連絡ありがとうございます」という言葉はどういった時に使うのかご存知ですか?この記事では「ご連絡ありがとうございます」を使用する際の注意点や言い換え表現を紹介しています。多種多様の表現を覚えてビジネスシーンに役立ててください。

「ご連絡ありがとうございますの意味って?」
「ご連絡ありがとうございますの使い方や例文を知りたい」
「ご連絡ありがとうございますを使う際の注意点って?」
本記事では「ご連絡ありがとうございます」の使い方や意味をくわしく紹介しています。

また「ご連絡ありがとうございます」に付け加えてもいい言葉、その他の言い回しなどビジネスシーンに役立つ使い方なども紹介しています。

この記事を読めば「ご連絡ありがとうございます」の適切な使い方を理解でき、実際にビジネスシーンで役立てることができるでしょう。

「ご連絡ありがとうございます」の適切な使い方が知りたい方はご覧ください。

「ご連絡ありがとうございます」の意味

「ご連絡ありがとうございます」の意味とは?使い方・例文を解説

最初に「ご連絡ありがとうございます」の意味を説明します。
まず、意味としてはこちらに連絡をしてきた相手に対して感謝の意や気持ちを伝える表現としてよく使われます。

「ご連絡ありがとうございます」という言い回しは同僚、年下にはもちろん、目上の人にも使用してもまったく問題がない表現なので、かなり使い勝手がいい言い回しです。
ビジネスシーンによって一文の前後や途中に言葉を付け加えたりしても不自然でなく、様々な間柄の人間関係で使用されているでしょう。

就職活動中の学生、新卒の会社員など年齢問わず覚えておくと便利な一文です。

「ご連絡ありがとうございます」の使い方・例文

次に「ご連絡ありがとうございます」の使い方や例文を追って紹介します。
この一文の使い方は、業務連絡やビジネスメール、電話など連絡をしてきてくれた相手に対してのものであるということを理解しておきましょう。

特にビジネスメールでは「ご連絡ありがとうございます」を付け加えることによってより丁寧さが増し、また挨拶に代わる表現としても使用することができます。
ビジネスメールにおいてはマナーと考えるくらいの言い回しです。

就活で用いる場合

就職活動時に用いる場合、面接後の内定通知等が届いた際に使用すると思います。就職活動では基本的に電話でもメールでも、毎回「ご連絡ありがとうございます」を使用するようにしましょう。

就職活動の際は仕事と違い頻繁に何回もやり取りをすることがないので、連絡の度に「ご連絡ありがとうございます」を使用しても不自然ではないでしょう。

「ご連絡ありがとうございます」を添えることで誠実さや丁寧さをアピールすることができます。採用担当者はそういった連絡の内容で人柄などをみる傾向にありますので、これをいい機会と思い連絡時にはこの言葉を是非使いましょう。

ビジネスシーンで用いる場合

ビジネスシーンで使用する際は、電話の場合は口頭でそのまま、メール返信の際は「お世話になっております」と併せて使用すると丁寧でしょう。

取引先とのメールのやり取りは頻回になることが多いですが、その都度「ご連絡ありがとうございます」は使う必要はありません。最初のメールの冒頭にこの一文を入れるといいでしょう。2回目以降からは省略しても失礼にはあたりません。

あまり多用しすぎてしまうと定型文なのかと疑問を持たれてしまいます。文面もくどくなってしまうので注意しましょう。

「ご連絡ありがとうございます」の注意点

「ご連絡ありがとうございます」はビジネスシーンにおいてかなり使い勝手がよく重要なものですが、使用にあたり注意点もいくつか存在します。

その点を踏まえて上手く電話やメールの返信で使っていくためのポイントをご紹介します。

「いただき」や「くださり」が省略されている

「ご連絡ありがとうございます」のこの言葉は基本と考えましょう。こちらに単語を付け加えることでより丁寧な表現になったり、バリエーションをつけることが可能です。

そこでポイントとなるのが「いただき」や「くださり」といった丁寧な表現を加えることです。

「いただき」「くださり」を加えることで「忙しい中わざわざ連絡をしてくださってありがとうございます」という、連絡をしてくれたことにより深く感謝している言葉になります。

この一語を加えるだけでより丁寧な印象になります。こちらは省略しない方がベターです。

  • 「ご連絡いただきありがとうございます」
  • 「ご連絡くださりありがとうございます」

相手からの連絡が早い場合は「迅速」「早速」を追加する

就職活動時のメールやビジネスでのメールを送った際、時に相手からすぐに連絡が返ってくることもあるでしょう。仕事である以上取引先からの返信が速いということはなによりも有難いことですし、少しでもこちらの感謝の大きさを伝えたいでしょう。

そういった際の返事には「ご連絡ありがとうございます」に「迅速な」「早速の」という言葉に付け加えると「忙しい中、こちらを対応していただいてありがとうございます」というこちらの感謝の気持ちを一層際立たせることができます。

「早々」「早急」「取り急ぎ」など言い換えのできる言葉もありますが、まずは上記の2語を覚えておけば良いでしょう。

「ご連絡ありがとうございます」の言い換え表現

次のページ:「ご連絡ありがとうございます」の英語表現

初回公開日:2017年12月05日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests