Search

検索したいワードを入力してください

「プレゼンス」の意味と基本的な使い方|5つの文例を紹介

初回公開日:2017年12月19日

更新日:2020年05月26日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「プレゼンス」というカタカナ言葉は、テレビのニュースや新聞で耳にする事も多いです。また、正しい意味や用法を理解していないと、使う事をはばかられる言葉でもあります。ここでは、正しい意味の理解と、どのように使えば効果的に伝わるのか、その用法などを紹介しています。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

プレゼンスとは

「プレゼンス」とは、存在感をあらわす言葉で、ビジネス用語としてよく使用されています。

語源はラテン語の「前にいる」です。目のまえにいる存在・面前とも訳され、国際的なできごとをあらわす際によく使われています。

英単語 presence に由来する

「プレゼンス」は英単語のpresenceに由来するカタカナ言葉です。

英語に由来するカタカナ言葉であっても、意味が全く異なるものも多く存在します。まず、「プレゼンス」というカタカナ言葉がどんな意味であるのかを確認していきます。

カタカナ語「プレゼンス」の意味とは

プレゼンスという言葉の意味は、存在または存在感です。

「プレゼンス」はニュースや経済紙の紙面で目にすることが多い言葉です。軍隊用語で、軍事的・経済的に影響力を持つ存在に対して使われます。

「世界的に中国のプレゼンスがますます高まってきている」などの表現も、正しい意味を理解していると読み取る事ができます。

「プレゼンス」の基本的な使い方

「プレゼンス」はビジネスシーンなどでよく使われる言葉です。

何か新しい施策の実行を提案、提起する時などに、実行の目的のひとつとして「プレゼンスの向上」を挙げる事はよくあることです。

プレゼンテーションなどを行う際にも、「存在感を高めていくことが狙いです」というより、「プレゼンスの向上を目的としています」と表現した方が、歯切れも良く伝わりやすいという一面があります。

「プレゼンス」を用いた具体的な文例

「プレゼンス」は新聞の記事やネットニュースなど、大多数の人が閲覧する場でもよく見かける言葉です。ですから、使って良いかどうかにナーバスになる必要はありません。

以下に「プレゼンス」を用いた具体的な文例を挙げておきます。

文例1:軍事(経済・政治)プレゼンス

軍事(経済・政治)的な文章に「プレゼンス」を使うことができます。

「アメリカの貿易における中国のプレゼンスが高まるなか、経済制裁が行われた」など、「プレゼンス」というカタカナ言葉を使うことで、国際情勢をわかりやすく説明することができます。

場合によっては「プレゼンス」を、「存在」「軍事展開」「展開」などの日本語に置き換えることもできます。

文例2:プレゼンスが高い(高まっている)

よく耳にする言葉に「プレゼンスが高い(高まっている)」があります。

「〇〇市場において、同社の製品はプレゼンスが高い」や「東南アジアにおける日本企業のプレゼンスが高い」などビジネス系の記事で見かけることが多くあります。

「プレゼンスが高い」という言葉は、対象が何かと比べて、相対的に存在感が高い場合に使われます。反対に対象が単独の場合は、その「プレゼンス」が高いのか低いのかわからないことになります。

文例3:プレゼンスの向上

「プレゼンスの向上」とは、「存在感の高まり」と解釈できるケースがほとんどです。

「プレゼンスの向上」を使った文例

・急速なネットワーク環境の整備により、プレゼンスの向上が見られる。
・A社の買収により、B社の業界内での急激なプレゼンスの向上が行なわれた。
・この業界内で生き残っていくためには、プレゼンスの向上を図るしかない。
・同盟国との緊密な関係をアピールする事で、プレゼンスの向上を図る。

文例4:プレゼンスを発揮する

プレゼンスという言葉の用法の中でよく目にするのが、「プレゼンスを発揮する」というフレーズです。「発揮する」とは、自分の能力や特性などを精一杯働かせるという意味です。

上記から「プレゼンスを発揮する」とは、「自らの軍事的、経済的な存在感を十分に表し、働かせる」という意味に取ることができます。

「プレゼンスの向上」を使った文例

・プレゼンスを発揮できるように頑張ります。

文例5:プレゼンスの拡大(低下)

拡大とは、大きく押し広げることです。「プレゼンス」の拡大とは、存在感を増すという意味です。

「プレゼンス」の拡大の反対は存在感が低くなることなので、「プレゼンス」の低下です。「日本のプレゼンスの低下とともに中国や韓国の台頭が見られる」などのように使用されています。

「プレゼンス」の同義語・類義語

「プレゼンス」の同義語・類義語は、「存在」「展開」「軍事展開」「面前」「配備」「配置」「現存」「出席」「人前」「駐留」などいろいろあります。

「プレゼンスを増す」という意味なら、「主張」「アピール」「目立つ」などが同義語・類義語になります。

英語のpresenceの同義語は‎existenceです。

IT用語として使われる「プレゼンス」とは

IT用語として、「プレゼンス」が使われる場合は「現在のユーザーの状態」という意味で使われることがほとんどです。

IT用語としての「プレゼンス」は、メッセンジャーツールやチャットツール・Web会議などで多く使われています。

ユーザーがそのツールの前に「存在しているかどうか」だけでなく、「存在している上で今どんな状態であるか」までを表す機能を、「プレゼンス機能」と呼びます。

プレゼンスを知りたいあなたにおすすめの本はこちら

「大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート」は、プレゼンスなどの敬語表現をわかりやすく解説しているおすすめ本です。

モノの言い方ひとつで相手への伝わり方はちがってきます。特にビジネスシーンなどの気を使う場面では、相手に心地よくなってもらうフレーズを知っておくと便利です。

言い方を変えるだけで人の印象は変わります。正しい敬語とやわらかな言い回しを本書で身につけ、プレゼンスな人間を目指しましょう。

プレゼンスを高めるには

自分の存在感・プレゼンスを高めるには、どうすればよいのでしょうか。

国際社会における国のプレゼンスと同じで、個人の存在感を高めるには自己成長が必須です。そのための変化と、その動議付けとなる切っ掛けが必要です。

プレゼンスは準備と努力次第で変わる

一般にプレゼンスは準備と努力次第で変わると言われています。

個人の持つ能力はさまざまです。そのすべてをいかんなく発揮できれば、プレゼンスの向上は図れます。つまり、そのための準備と、たゆまぬ努力が必要です。

また、プレゼンスを高めるには差別化も必要です。目標や志を高く掲げ、そのための努力を惜しまないことが大切です。

ニュースや記事でプレゼンスが出てきても怖くない

ここまで「プレゼンス」という言葉の意味や、実際にどのように使えば良いのかを記載してきました。これで皆さん、自信を持って「プレゼンス」が使えるようになります。

今後は、ニュースや記事でプレゼンスが出てきても怖くなくなります。

実際に口に出して使用することがはずかしい場合は、プレゼンテーションなどの資料に使うところから始めてみましょう。効果的に使用することで、皆さんのプレゼンスの向上にもつながります。

自分のプレゼンスも向上させよう

日々の生活の中で、自分のプレゼンスを向上させる努力をしていきましょう。

プレゼンスを向上させれば、存在感のある人間になれます。存在感のある人間とは、コミュニケーション能力が高く、自分の考えを持っている人です。

皆が憧れるプレゼンスのある人間になれるように自分の意見を持ち、なおかつそれをアピールする能力を磨いていきましょう。

Latests