Search

検索したいワードを入力してください

「またとない機会」の意味と使い方・類語・敬語・漢字|ビジネス

初回公開日:2018年05月28日

更新日:2018年05月28日

記載されている内容は2018年05月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

またとない機会という言葉の意味はこれ以上のチャンスがないという意味だったり、商談でも相手に取って悪い話ではない場合が多いです。また丁寧に断る場合にも使われる言葉となるので、またとない機会と言う言葉は重要になります。この言葉を使いこなせるような人になりましょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

またとない機会という言葉の使い方と意味と例文とは

またとない機会という言葉は、英語で表現するとチャンスという言葉になります。また日本語ならば、遇機や好機という言葉になり、仕事や重要な事でまたとない機会という言葉が出てくれば、商談や話し合いが良い状態に持っていける事を示しています。

使い方の例文としては「他の会社と一緒に作業できるのは、またとない機会ですので、この機を大切にしてお互いよい仕事をしましょう。」という使い方になります。ビジネスシーンでまたとない機会という言葉が使われれば、良い商談や話し合いがなされているものだとおもってもよいでしょう。

「またとない機会ですので」と使う場合

またとない機会という言葉だけではなかなか意味が相手に通じません。またとなない機会ですのでの「ですので」を付ける事で丁寧な言葉となります。またとない機会という言葉を相手が使ってくる場合は双方に利益のあることや商談でも先に進めたい場合に使うので、言葉自体は悪い意味ではないです。

またとない機会という言葉を使う場合は、「またとない機会ですので」とですのでを付ける場合が多く、「これほどのチャンスがありますが、いかかですか?」と相手に聞いていることとなります。

またとない機会という言葉の類語と言い換えの言葉は

先ほどもご紹介した「チャンス」「遇機」「好機」も類語や言い換えの言葉となりますが、他にも「よいタイミング」「よい頃合い」などの言葉も、またとない機会という言葉の類語や言い換えの言葉となります。

またとない機会という言葉はビジネスシーンで使われているイメージが多いですが、普通に生活していても、「誕生日だし、またとない機会だから皆で祝ってあげよう。」という使い方もできます。またとない機会という言葉がつくできごとは、ほとんどが良い話や良いできごとです。またとない機会にできるだけ遭遇できるようにしたいところです。

四字熟語で表現する場合

またとない機会の四字熟語は「千載一遇」や「一期一会」という言葉になります。千載一遇は言葉のとおり、千の可能性があり、その一つのできごとに遭遇できたことを指しています。また一期一会は人との出会いをまたとない機会という言葉で表している言葉となり、両方の四字熟語は良い場面でしか使う事はないです。

またとない機会の四字熟語は良く知られている言葉なので、またとない機会という言葉ほど四字熟語が似合う言葉はないです。またとない機会という言葉が使われる場合は新しい生活や新しいできごとに遭遇している時で大きなチャンスと捉える事ができます。

またとない機会を敬語で話すとどうなるの?

またとない機会を敬語で使う場合は「このような機会をいただきまして光栄です。」などと使います。光栄は「身に余る光栄」と使っても良いでしょう。敬語で表しても大きく表現方法や意味が変わる事はないです。むしろ敬語を使う事によって相手との距離を縮める言葉となっています。

ビジネスシーンなどで、またとない機会を使う場合はチャンスを頂いている状態で、相手はよい返事を待っている場合がほとんどだと言えます。

またとない機会という言葉をビジネスシーンで使う

またとない機会をビジネスシーンで使うと、「またとない機会なのでこれを機にどうかご検討くださいませ。」や「またとない機会ですが、今回は見送らせていただきます。」という使い方ができます。またとない機会という言葉を使う場合はそれほど悪くない話を相手からされている場合が多いです。相手の考えを見極めるためにも使われる言葉となります。

ビジネスシーンでは普段の生活では使わないような言葉がたくさん出てきます。できるだけ語彙力をつけておき、どの場面でも冷静に対処できるようにしておきましょう。

手紙の場合

パーティーや新製品の発表会などに相手を招待したい場合に手紙で、またとない機会という言葉を使い、催し物に誘う事があります。またとない機会という言葉はもったいぶっている言葉となる場合もあるので、「せっかくの機会ですので」と表現を変えてビジネスシーンで使うのも良いでしょう。

手紙の場合は、そのまま「またとない機会ですので」という言葉を使って相手を誘う文章を作りましょう。手紙ではあまり仰々しくしなければ、相手にも気持ちや誠意が伝わる文章が作れます。

メールの場合

メールの場合も手紙と一緒の使い方をします。商談を断ったり、会う日を誘ったりとまたとない機会という言葉はビジネスシーンで活躍します。メールの場合も、またとない機会という言葉を使う場合は文章全体がわざとらしい文章にならなければ、相手にも誠意が伝わるでしょう。

メールでも、またとない機会という言葉を使う場合は相手にとってそんなに不利な話でないので、こちらも自信を持って商品を勧めたり、商談を進めるようにしましょう。

またとない機会を漢字で書くとどうなるか?

「またとない機会」を漢字で書くと「又とない機会」となります。又とない機会と漢字で書いてしまうと、相手に伝わるイメージも変わってきます。無理をして漢字で書くよりも「またとない機会」と機会の部分だけを漢字で書きましょう。

小学生や中学生の頃はできるだけ漢字に変換して、文章を書きましょうと言われて、不自然な言葉になる場合もありました。ひらがなを使ったほうが相手に伝わりやすい言葉もあります。

またとない機会という言葉はチャンスの言葉

「機会」だけでは千載一遇の意味を持ちません。「またとない」という言葉が機会という言葉と一緒に使われることで大きな意味を持つ言葉となります。またとないという言葉がもうこれ以上のチャンスはないですよと、相手に言っているような物です。

また、「またとない機会ですが、今回は検討させて頂きます。」と使う場合も相手にとって、それほど悪い話ではない場合が多く、相手の予算やタイミングなどのずれなどから商談がまとまらないこともあるので、「また次の機会によろしくお願いします。」と言葉を返す事もできます。機会という言葉はビジネスでは重要な言葉となっています。

一期一会的な出会いや出来事を逃すな!

めったに店頭にならばない商品がポップ付きで「またとない機会です。」と紹介されていたり、「今回の入荷の後は次の入荷が分からないので、またとない機会です。」という使われ方をしている場合は、チャンスと捉えた方が良いです。あえて「またとない機会」という言葉を巧みに使っている可能性もありますが、どのような商品なのかわかる人には分かります。

またとない機会は一期一会的な使われ方をするので、ビジネスや商売をする人にとっては、魔法のような言葉となっています。

またとない機会という言葉が使えれば一人前!?

SEでも会社の重役でも、またとない機会という言葉を使えるようになれば、会社ではそれなりの地位に就いている事が分かります。また「またとない機会」という言葉は若いうちから使える言葉ではないので、またとない機会という言葉が使えるようになれば一人前と言えるでしょう。

またとない機会が来るという事の意味は

またとない機会という言葉を使う場合、次の機会はあるかないか分からないといった意味でも「またとない機会」という言葉は使われます。相手が次の機会もあるのに、あえてまたとない機会という言葉を使って、言葉巧みに商談を進めている場合もありますが、またとない機会という言葉は人の心を動かす言葉でもあるでしょう。

またとない機会という言葉自体は難しくない言葉

またとない機会という言葉自体はそれほど難しい言葉ではないです。またとないという言い回しが慣れない場合は「せっかくの機会ですので、」という言い方に変えても意味自体は大きく変わる事がないので、またとないという言葉に慣れていない場合はせっかくという言葉をつかっていもよいでしょう。

またとない機会という言葉の表現をする場合も、それほど言い回しを変えなくてもよいので、営業などでも使いやすい言葉と言えます。

またとないと相手が使って来たらチャンスと思え!

皆が皆チャンスとは考えにくいですが、悪意があって使える言葉ではないです。ビジネスシーンで使われる場合は会社の今後を決める事柄であったり、会社自体が大きく変わる転換期であったりと、またとない機会という言葉が使われる場合は、自分や会社にとってチャンスだとおもって真剣に検討しましょう。

言葉の意味を知る事は、自分の可能性やチャンスを広げる事になります。またとない機会という言葉を相手が使って来ても、相手の真意を見抜ける事ができないとチャンスに変える事はできません。常に色々な事を想定して自分にプラスになるようにしていきましょう。

Latests